So-net無料ブログ作成

国府津散策② [散策]

前週に続き湘南方面散策に行ってみた。
国府津駅から曽我丘陵を歩く。

20190216 国府津散策 41.jpg

六本松跡に到着。
六本松跡は曽我山の峠道で鎌倉時代、曽我氏、中村氏、松田氏、河村氏の各豪族の居館と鎌倉を結んでいて、鎌倉道、大山道、箱根道が交わる重要な峠であったといわれている。

20190216 国府津散策 42.jpg

1918年孤山人筆の六本松跡碑と俳聖芭蕉の句碑がある。
さてここで気付いてしまったのだが、ひょっとしてこのルートはずっと舗装路なのかな。
事前の調査でスニーカーでも歩けるとあったので、そういう事なのかもしれない。
若干膝が弱く舗装路を長距離歩くのが苦手なので、いつも未舗装路を好んで歩いている。
このまま舗装路が続くのなら、往復するのはやめることにしよう。

20190216 国府津散策 43.jpg

碑のすぐ先を左に進み急坂を下っていく。

20190216 国府津散策 44.jpg

物凄い急坂。

20190216 国府津散策 45.jpg

分岐を右に進む。

20190216 国府津散策 46.jpg

小田原方面と相模湾の展望が開ける。

20190216 国府津散策 47.jpg

8分ほど下ると伝曽我祐信宝篋印塔入口がある。
一体なんだろう。
行ってみる。

20190216 国府津散策 48.jpg

伝曽我祐信宝篋印塔
昔から土地の人々が祐信さんの供養塔と呼んでいるが、銘を持たないので、造塔の意図、年次、造立者等は一切不明だという。
その割には小田原市の重要文化財に指定されている。
ちなみに曽我祐信は曽我兄弟の養父。

20190216 国府津散策 49.jpg

再び急坂を下っていく。

20190216 国府津散策 50.jpg

右に澄禅窟とあるので行ってみる。

20190216 国府津散策 51.jpg

ずっと下ってきたので、この登りは結構足にくる。

20190216 国府津散策 52.jpg

3分ほど登り到着したらしい。

20190216 国府津散策 53.jpg

左に名号碑、右に澄禅供養塔があるが、澄禅没後に土地に人々が建てたらしい。
供養塔を見ると1721年の造塔らしい。

20190216 国府津散策 54.jpg

澄禅(1651年~1721年)は浄土宗の僧で、座禅に徹しながら阿弥陀の名号を唱えることを実践した。

20190216 国府津散策 55.jpg

曽我一帯を巡って修行したのは36~37歳の頃で、晩年は京都大原の古知谷で修行しその地で没している。

20190216 国府津散策 56.jpg

寺院を拠点とする念仏を排して各地を転々とし、岩窟にこもって座禅することが多かったという。
ここ澄禅窟は本来は横穴式古墳であったと思われるが、この中で修行しながら朝夕に富士を拝していたと伝えられる。

20190216 国府津散策 57.jpg

今はあまり富士山は見えないが、当時はどんな景色が見えていたのだろうか。

20190216 国府津散策 58.jpg

さて元に戻って梅林の中を進む。

20190216 国府津散策 59.jpg

右に弓張の滝680mとある。

20190216 国府津散策 60.jpg

剣沢川沿い道を登っていく。

20190216 国府津散策 61.jpg

そして待望の未舗装路。
この辺りはカヤネズミ営巣保護地とある。
カヤネズミは体長約6cmの日本で一番小さいネズミらしい。

20190216 国府津散策 62.jpg

弓張の滝まで360m。

20190216 国府津散策 63.jpg

先ほどから続いている剣沢川を登っていく。

20190216 国府津散策 64.jpg

何度か沢を横断する。

20190216 国府津散策 65.jpg

そして弓張の滝に到着。
剣沢川上流の剣沢山の深い谷筋に二段の滝があり、上段は鎧の滝、下段が弓張の滝と呼ばれてきた。
新編相模国風土記稿によれば、当時鎧の滝は高さ八尺(約2.5m)、弓張の滝は一丈五尺(約4.5m)であった。
戦国時代には小田原北条氏支配下の数人の若侍たちが、この滝の下で藤の花見を楽しんだという。
上段の鎧の滝にも行ってみたい気がするが、4.5mの弓張の滝を越えていかなければならない。
迂回ルートもすぐに見つけられそうにないのであきらめた。

20190216 国府津散策 66.jpg

戻る途中の剣沢川には、たくさんの竹が積み重なっていた。

20190216 国府津散策 67.jpg

元に戻り宗我神社に向け左に進む。

20190216 国府津散策 68.jpg

ここは右へ進む。
宗我神社まで250m。
ちなみにここから下曽我駅まで2100m、国府津駅まで5400mとあり、どちらの駅に向かうか考えながら進む。

20190216 国府津散策 69.jpg

この分岐は悩んだが、左に進んでみた。

20190216 国府津散策 70.jpg

本山修験大光院

20190216 国府津散策 71.jpg

本山修験大光院は諸法山実相寺と称し1486年の起立と伝えられている。
本尊は木彫不動尊。

20190216 国府津散策 72.jpg

宗我神社に向かうが、道路脇にあるこの柱は何???

20190216 国府津散策 73.jpg

そして14:30頃、曽我神社に到着。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。