So-net無料ブログ作成

SONY a7RIV発表 [製品]

20190717 α7rIV 01.jpg

ソニーはa7RIVを発表した。

20190717 α7rIV 02.jpg

35mmフルサイズ初の有効約6100万画素裏面照射型CMOSセンサーを新開発し、圧倒的な描写力をフルサイズミラーレスで実現。
新規シャッターユニット、衝撃吸収ダンパーや進化した手ブレ補正など、微細な振動も許されない高解像撮影を支えるために細部にわたって見直しを実施。

20190717 α7rIV 03.jpg

連写シーケンスを見直し、有効約6100万画素の高解像でありながら、最高約10コマ/秒のAF/AE追随高速連写を実現。
従来の1.5倍にバッファーメモリーを大容量化し、JPEG時・RAW時(圧縮)に約68枚、APS-C撮影時には約2620万画素でフルサイズ時より約3倍の連写持続性能を実現。

20190717 α7rIV 04.jpg

AIを用いてリアルタイムに瞳情報を検出し続ける、リアルタイム瞳AFを搭載。
動きのあるポートレートを撮影する際も、シャッターボタンを半押しの状態で高精度に瞳を追随し続け、そのままシャッターを切ることができる。
新たに動物に対応したアルゴリズムを追加し、動物の瞳を高速・高精度に自動検出、追随。
動画撮影時にも人物のリアルタイム瞳AFを使用可能。
リアルタイムトラッキングにより、カメラまかせの被写体追尾にも対応している。

20190717 α7rIV 05.jpg

UXGA OLED Tru-Finderを新たに搭載することで、α7RIIIと比較して約1.6倍の約576万ドットの圧倒的な解像度を実現。
大容量Zバッテリー採用やグリップのホールド性向上、より防塵・防滴に配慮した設計など、さまざまなフィールドでの使用に耐える信頼性・堅牢性も実現。
カメラ本体の無線LAN機能が進化し、従来の2.4GHz帯域に加え、新たに5GHz帯域での転送が可能な11ac規格もサポート。
電波の干渉が少なくつながりやすいため、安定した高速データ通信が可能で、プロフェッショナルの現場でワークフローを効率化する。

20190717 α7rIV 06.jpg

発売は2019年9月6日となる。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。