So-net無料ブログ作成

2019年3月茨城方面の旅 3日目 [旅]

2019年3月茨城方面の旅3日目。

20190323 茨城方面の旅 01.jpg

前夜は大洗公園駐車場で車内泊。
この日の朝は6:00頃起床。

20190323 茨城方面の旅 02.jpg

起床後すぐに「国営ひたち海浜公園」に向け出発。
173号線を北上する。

20190323 茨城方面の旅 03.jpg

108号線を右折。

20190323 茨城方面の旅 04.jpg

海門橋を渡る。

20190323 茨城方面の旅 05.jpg

その後6号線を経由してR245を右折する。

20190322 山田うどん 01.jpg

そして前日と同じ「山田うどん」ひたちなかインター店で朝食をいただく。

20190323 山田うどん 01.jpg

息子は納豆オクラ丼朝定食(360円)をハーフそばでオーダー。

20190323 山田うどん 02.jpg

私は前日に引き続きパンチ定食Aセット(810円)をオーダーした。

20190323 茨城方面の旅 06.jpg

「国営ひたち海浜公園」付近には8:30頃到着。
車内で宿題などすまして開園と同時の9:30に入園する。

20190323 茨城方面の旅 07.jpg

遊園地施設のプレジャーガーデンに向かう。

20190323 茨城方面の旅 08.jpg

前日はガラガラだったが、この日は土曜日なので、大観覧車下ののりもの券うりばはやや混雑。
のりもの1日フリーパス割引券を息子1人分購入。
クーポン持参で3,200円→2,800円となる。

20190323 茨城方面の旅 09.jpg

この後息子はカード迷路「ぐるり森大冒険」に行ってしまう。

20190323 茨城方面の旅 10.jpg

私は車に戻りメールチェックなどして過ごす。

20190323 茨城方面の旅 11.jpg

そしてお昼になり息子の昼食を購入。
前日の焼きそばが気に入ったとのことなので、同じ店で購入する。

20190323 茨城方面の旅 12.jpg

フライドポテト(250円)焼きそば(400円)
前日と全く同じメニュー。

20190323 茨城方面の旅 13.jpg

この後私は隣接する「FASHION CRUISE」を見て回る。

20190323 茨城方面の旅 14.jpg

「無印良品 ファッションクルーズひたちなか」で素材を生かしたカレー バターチキン(300円×2)を購入。

20190323 茨城方面の旅 15.jpg

「SPORTS AUTHORITY 新ひたちなか店」でキャンプ用品など見る。

20190322 茨城方面の旅 05.jpg

「ジョイフル本田 ニューポートひたちなか店」で歯ブラシ(88円×2)を購入。
「ジョイフル本田 ニューポートひたちなか店」内の「ジャパンミート生鮮館 ひたちなか店」で焼酎など8,834円購入。
このあと息子からファミリーパークゴルフの誘いが入る。

20190323 茨城方面の旅 16.jpg

ファミリーパークゴルフ(9ホール500円、18ホール800円、2019年4月1日から9ホール600円、18ホール1,000円)
大自然の中で楽しめる新しいゴルフ。
しっかりクラブをにぎったら、かっこよくスイング!!
みんなに「ナイスショット」と言ってもらえるといいネ!

20190323 茨城方面の旅 17.jpg

この日は18ホール423mでPAR66の海くんコース、花ちゃんコースにした。
前日のパターゴルフガーデンと違い、思いっきり打てるのでなかなか楽しい。
結果は私68、息子79とまずまずかな。
これで全アトラクションクリアした。

20190323 茨城方面の旅 18.jpg

私は車に戻り待つことにする。

20190323 茨城方面の旅 19.jpg

ところでこの日は駐車場を3往復したので結構疲れた。
帰りは息子1人で戻て来てもらおう。

20190323 茨城方面の旅 20.jpg

さてこの日も閉園まで楽しんだので、自宅に戻ることにする。
17:30頃出発してR245を大洗方面に進む。

20190323 くら寿司 01.jpg

まずは「無添くら寿司 ひたち海浜公園前店」で腹ごしらえ。

20190323 くら寿司 02.jpg

それぞれ13皿づついただき2,808円。

20190323 くら寿司 09.jpg

ビッくらポンは名探偵コナングッズの怪盗キッドのアクリルキーホルダーがあたってよかった。

20190323 茨城方面の旅 21.jpg

夕食後はR245を進みR51を右折する。

20190323 茨城方面の旅 22.jpg

そしてR6を土浦方面に進む。

20190323 茨城方面の旅 23.jpg

20:45頃、利根川に架かる大利根橋を渡り千葉県に入る。

20190323 茨城方面の旅 24.jpg

21:20頃、江戸川に架かる新葛飾橋を渡り東京都に入る。

20190323 茨城方面の旅 25.jpg

東京スカイツリーが見えてきた。

20190323 茨城方面の旅 26.jpg

昭和通りを左折する。

20190323 茨城方面の旅 27.jpg

新橋駅手前の工事渋滞を抜けR15を左折する。

20190323 茨城方面の旅 28.jpg

高輪二丁目交差点を右折、明治学園前交差点を左折してR1を横浜方面に向かう。

20190323 茨城方面の旅 29.jpg

22:28頃、多摩川に架かる多摩川大橋を渡り神奈川県に入る。

20190323 茨城方面の旅 30.jpg

そして22:51頃、自宅に到着。
今回の旅の走行距離は337.5km。
息子はリアで寝てしまっているのでこのまま車内泊とした。

【散策メモ】
2019年03月23日(土)
国営ひたち海浜公園
歩数:20,205歩
歩行距離:13,133m
歩行時間:2時間55分
消費カロリー:521.7kcal


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2019年3月茨城方面の旅 2日目 [旅]

2019年3月茨城方面の旅2日目。

20190322 茨城方面の旅 01.jpg

前夜は石岡付近の恋瀬橋ロードパークで車内泊。
この日の朝は6:00頃起床。

20190322 茨城方面の旅 02.jpg

起床後すぐに「国営ひたち海浜公園」に向け出発する。
桜並木の開花はまだ先のようである。

20190322 茨城方面の旅 03.jpg

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線下を通過。

20190322 茨城方面の旅 04.jpg

38号線をひたちなか方面に向け右折する。
その後、勝倉交差点を勝田駅方面に向け左折、勝田駅前を右折する。

20190322 山田うどん 01.jpg

そして7:20頃「山田うどん」ひたちなかインター店で朝食にする。

20190322 山田うどん 02.jpg

息子は納豆朝定食(420円)をオーダー。

20190322 山田うどん 04.jpg

私はパンチ定食Aセット(810円)をオーダーした。

20190322 茨城方面の旅 05.jpg

「国営ひたち海浜公園」付近には8:30頃到着。
前夜息子が鼻血を出して車内備え付けのティッシュが無くなってしまったのと、一部着替えを忘れてきてしまったので、開園まで「ジョイフル本田 ニューポートひたちなか店」でティッシュと息子の下着を購入(826円)する。

20190322 茨城方面の旅 06.jpg

車内で宿題などを済ませ、10:20頃「国営ひたち海浜公園」に到着する。

20190322 茨城方面の旅 07.jpg

入園券を購入する。
2年前の入園券は大人410円、子供80円だったが、大人450円、中学生以下の子供無料に改定されている。
しかも大人2日券500円というのもある。
ここに来るときはいつも2日来るので、2日券はいい。
前回2人で980円だったのが、500円で済みラッキー。

20190322 茨城方面の旅 08.jpg

遊園地施設のプレジャーガーデンに向かう。
http://pleasure.hitachikaihin.jp/

20190322 茨城方面の旅 09.jpg

この日は金曜日。
息子はすでに春休みだが、エリアによっては翌日から春休みらしい。
そのせいかプレジャーガーデンはガラガラ。

20190322 茨城方面の旅 10.jpg

大観覧車下ののりもの券うりばで、のりもの1日フリーパス割引券を2人分購入。
クーポン持参で3,200円→2,800円となる。
なお2019年4月1日から3,400円に値上げとなり、クーポン利用で3,000円となる。
http://pleasure.hitachikaihin.jp/page-4480.html

20190322 茨城方面の旅 11.jpg

フリーパスを腕に取り付ける。
ここから2人でランダムに遊んでいく。

20190322 茨城方面の旅 12.jpg

カード迷路「ぐるり森大冒険」(500円)
ぐるりポイントをめぐりポイントゲット!
バトルに勝利すればオリジナルグッズをプレゼント!

20190322 茨城方面の旅 13.jpg

途中のチェックポイントでぐるりパワーをためていく。

20190322 茨城方面の旅 14.jpg

ぐるりパワーがたまったら、オタスケ遺跡のルーレットでおたすけキャラを決める。

20190322 茨城方面の旅 15.jpg

最後にスモッグと勝負し、勝つと景品がもらえる。

20190322 茨城方面の旅 16.jpg

ゲームライド・スモッグ王国大冒険(500円)
ぐるりスコープを使ってスモッグをやっつけろ!

20190322 茨城方面の旅 17.jpg

テーマに沿って装飾された世界を乗物に乗りながら巡っていく。

20190322 茨城方面の旅 18.jpg

高得点を取るとコインをもらえ、くるりグッズをゲットできる。

20190322 茨城方面の旅 19.jpg

シューティングライド「サラマンダー伝説」(400円)
みんな、お願いだ!
影と炎の化身サラマンダーを光線銃でやっつけてくれ!
君は正義の味方になれるかな?

20190322 茨城方面の旅 20.jpg

赤く光るところを狙って光線銃でポイントゲットしていく。

20190322 茨城方面の旅 21.jpg

高得点を取るとカードをゲットでき、あたりカードが出ると景品がもらえる。
さて一旦ここで息子と別れる。

20190322 茨城方面の旅 22.jpg

大観覧車 「ブルーアイス」(600円)
全高65m、6人乗りのゴンドラ。
所要時間約15分で海抜100mまで運んでくれる。
2019年3月19日にカラーリングをチェンジしてリニューアルオープン。
名前もブラワーリングからブルーアイスに変更された。

20190322 茨城方面の旅 23.jpg

せっかくなのでシースルーゴンドラに乗ってみた。
ゴンドラ40台のうちシースルーゴンドラは4台のみ。

20190322 茨城方面の旅 24.jpg

確かに足元はシースルー。

20190322 茨城方面の旅 25.jpg

園内の様子がよく見える。

20190322 茨城方面の旅 26.jpg

反対側は常陸那珂港方面。

20190322 茨城方面の旅 27.jpg

息子と合流するとシューティングライド「サラマンダー伝説」でカードを何枚かゲットしていたが、全てはずれ。

20190322 茨城方面の旅 28.jpg

さてそろそろお昼なので、息子の昼食を購入する。

20190322 茨城方面の旅 29.jpg

ガーデンレストランでフライドポテトを購入。

20190322 茨城方面の旅 30.jpg

以前も利用したこの店で焼きそばと缶ビールを購入。
焼きそばは50円値上げされていた。

20190322 茨城方面の旅 31.jpg

フライドポテト(250円)焼きそば(400円)缶ビール(400円)

20190322 茨城方面の旅 32.jpg

普段食が遅い息子だが、遊びたい一心であっという間に完食する。
私はフライドポテトをつまみに缶ビールをいただく。
食後は再び2人で行動する。

20190322 茨城方面の旅 33.jpg

林間ドライブくん(300円)
運転は僕にまかせて!
小さくても今日は僕が運転手!
ニコニコ顔のドライブ君でさぁ出発だ!

20190322 茨城方面の旅 34.jpg

ゴーカートかと思ったが、軌道線上を走るタイプ。
途中でクイズなどがある。

20190322 茨城方面の旅 35.jpg

林間ジェットコースター(600円)
ドキドキしながら坂を上っていくと、きれいな海がみえるんだ!
大きなおめめでよく見てきてね!
でもその後は・・・

20190322 茨城方面の旅 36.jpg

最大速度70km/h、走路全長688.9mの太平洋が一望できるジェットコースター。

20190322 茨城方面の旅 37.jpg

リスさんの空中ドライブ(400円)
7匹のリスさんとドライブ。

20190322 茨城方面の旅 38.jpg

園内の風景を眺めながら遊覧できる。
私はアトラクション全種類トライしたいので、この後は息子と別々に行動する。

20190322 茨城方面の旅 39.jpg

スーパースイング(300円)
無重力の世界を体験できるよ!
君も宇宙飛行士になった気分でチャレンジしてみてね。

20190322 茨城方面の旅 40.jpg

結構な速さで回転する。

20190322 茨城方面の旅 41.jpg

ファミリータワー(300円)
トリさんのファミリー音楽団と空中散歩。

20190322 茨城方面の旅 42.jpg

ゆかいなファミリー音楽団のリズムにのって、マラカスやスズを使うらしい。

20190322 茨城方面の旅 43.jpg

上空からの景色も楽しめる。

20190322 茨城方面の旅 44.jpg

海賊船レガッタ(200円)
めざすは宝島!
みんなも海賊になって大航海へ出発だ!
海賊船はすごくゆれるからしっかりつかまって...!

20190322 茨城方面の旅 45.jpg

水路の中を進んでいくアトラクション。

20190322 茨城方面の旅 46.jpg

空とぶブランコ(300円)
メルヘンチックな装飾の回転ブランコ。
空を飛んでるみたい。

20190322 茨城方面の旅 47.jpg

定番のブランコ。

20190322 茨城方面の旅 48.jpg

マーメイドパラダイス(300円)
イルカさんの背中に乗って、人魚の国へLet's Go!!
みんなをどんな旅につれていってくれるのかな?

20190322 茨城方面の旅 49.jpg

こちらも水路の中を進んでいくアトラクション。

20190322 茨城方面の旅 50.jpg

バルーンレース(300円)
君は何色に乗る?
気球に乗って大空の旅へ出発だ!

20190322 茨城方面の旅 51.jpg

意外と高く上がっていく。

20190322 茨城方面の旅 52.jpg

ディスク・オー(500円)
ディスク上のライドが回転しながら右へ左へスイング、風を切る爽快感が楽しめるよ。

20190322 茨城方面の旅 53.jpg

トルネード感覚が味わえる。

20190322 茨城方面の旅 54.jpg

バトルファイアー(300円)
ミニ消防車のバスケットに乗って炎の的を目掛けて放水だ!
お父さんもお子さんも今日は消防士になってバトルファイアー!

20190322 茨城方面の旅 55.jpg

高得点者は景品がもらえるらしい。

20190322 茨城方面の旅 56.jpg

ファミリー・バナナ・コースター(300円)
お子様向けのコースター登場!
今日はパパやママといっしょに乗ってみよう!

20190322 茨城方面の旅 57.jpg

最大速度約27km/h、全長131mの子供向けコースター。
意外と迫力がある。

20190322 茨城方面の旅 58.jpg

SEAゴーランド(300円)
イルカさんやペンギンさんがお出迎え。
海の仲間達といっしょに夢の世界へ出発!

20190322 茨城方面の旅 59.jpg

海の世界のメリーゴーランド。

20190322 茨城方面の旅 60.jpg

アイスワールド(400円)
君は体験したことがあるかな?
みんなで光り輝く氷の世界を体験してみよう!

20190322 茨城方面の旅 61.jpg

-30℃の世界で光り輝く氷の世界を体験。

20190322 茨城方面の旅 62.jpg

最後に白クマにボールを2つ入れる。
2つとも成功したが景品などはなし。

20190322 茨城方面の旅 63.jpg

シーサイドトレイン(1日500円、2019年4月1日から600円)
乗り降り自由なので、ひろーい園内を移動するのにとても便利。
しかも運転手は二枚目? ぞろい。
楽しく園内を案内してくれる。

20190322 茨城方面の旅 64.jpg

周遊距離は約5.5kmで約40分で園内周遊する。

20190322 茨城方面の旅 65.jpg

ガーデントレイン(300円)
運転手さんの合図で出発だ!
英国風のガーデントレインでのんびり出かけよう!

20190322 茨城方面の旅 66.jpg

こちらがガーデントレイン。

20190322 茨城方面の旅 67.jpg.

乗客は私1人。
さて残すはパターゴルフガーデンとファミリーパークゴルフのみ。

20190322 茨城方面の旅 68.jpg

息子と合流しに向かう。
何気なく撮影したディスク・オーだが、これに息子がのっていたらしく私の事を呼んでいたと後で聞く。

20190322 茨城方面の旅 69.jpg

パターゴルフガーデン(9ホール500円、18ホール800円、2019年4月1日から9ホール600円、18ホール1,000円)
ハイスコアを出せるのは誰かな!?
初めてのチビッコも大丈夫。
みんなで楽しめるコ-スが4つ!
ぜひチャレンジしてみてね!

20190322 茨城方面の旅 70.jpg

総面積約1.3万㎡で4コース×9ホールある。
この時の時刻は16:10頃。
18ホールの受付は15:50までだったので、一番難しい9ホール165mでPAR36のチューリップコースにした。
ところでこれがかなり難関コースで結果は私66、息子71。

20190322 茨城方面の旅 71.jpg

残すはファミリーパークゴルフのみだが、この日は受付終了済み。
残念だが翌日来ることにしよう。

20190322 茨城方面の旅 72.jpg

最後に息子と1枚。
この日は空いていたので、各アトラクションは待ち時間なしで楽しむことができた。

20190322 茨城方面の旅 73.jpg

これにてすべて終了。

20190322 茨城方面の旅 74.jpg

「国営ひたち海浜公園」を出発して、この日の車内泊予定地の大洗公園に向かい、R245から6号線に入る。

20190322 茨城方面の旅 75.jpg

海門橋に向け108号線に入る。

20190322 茨城方面の旅 76.jpg

海門橋を通過。

20190322 茨城方面の旅 77.jpg

そして17:50頃、大洗公園駐車場に到着。

20190322 茨城方面の旅 78.jpg

目の前の海は穏やか。

20190322 茨城方面の旅 79.jpg

駐車場で少し休憩して夕食に向かう。
その前に「セイブ 食彩館大洗店」でロング缶を1本購入して一気飲みする。

20190322 沖苑 01.jpg

「沖苑」には18:25頃到着。

20190322 沖苑 04.jpg

この店に来るのは3回目。
なかなかおいしい焼肉で気に入ってる。

20190322 沖苑 05.jpg

まずは息子の好物タン塩。

20190322 沖苑 06.jpg

息子はカルビ焼肉定食。

20190322 沖苑 07.jpg

私は石焼ビビンパをオーダー。
生ビールを4杯いただきお会計は5,700円で「いばナビ」のクーポンを利用して5%OFFの5,415円。

20190322 茨城方面の旅 80.jpg

20:40頃、大洗公園に戻る。
歯磨きは途中で済ませてきたのだが、歯ブラシを落としてしまったようなので翌日購入することに使用。
この後メールチェックなどして眠ることにした。

【散策メモ】
2019年03月22日(金)
国営ひたち海浜公園
歩数:14,531歩
歩行距離:9,445m
歩行時間:2時間08分
消費カロリー:381.8kcal


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2019年3月茨城方面の旅 1日目 [旅]

2019年3月茨城方面の旅1日目。

20190321 茨城方面の旅 01.jpg

横浜の自宅を17:15頃出発。
高速道路嫌いな私は今回も一般道で行く。

20190321 茨城方面の旅 02.jpg

R1を東京方面に向かって進む。

20190321 茨城方面の旅 03.jpg

明治学園前交差点を右折、高輪二丁目交差点を左折してR15を東京方面に向かう。

20190321 茨城方面の旅 04.jpg

今回は息子の春休みを利用しての2人旅。

20190321 茨城方面の旅 05.jpg

R4経由R6に入ると東京スカイツリーが見えてきた。

20190321 茨城方面の旅 06.jpg

この日は水戸の手前まで走るつもり。

20190321 茨城方面の旅 07.jpg

東京スカイツリー手前を通過。

20190321 茨城方面の旅 08.jpg

19:00頃、江戸川に架かる新葛飾橋を渡り千葉県に入る。
この辺りからハイペースな車の流れとなる。
そして食事処を探しながら走行する。

20190321 安楽亭 01.jpg

19:15頃「安楽亭 松戸八ヶ崎店」を発見。

20190321 安楽亭 07.jpg

ここで焼肉をいただき3,810円。

20190321 茨城方面の旅 09.jpg

20:45頃、利根川に架かる大利根橋を渡り茨城県に入る。

20190321 茨城方面の旅 10.jpg

そして21:40頃、石岡付近の恋瀬橋ロードパークに到着。
ここでの車内泊は3度目。
国道沿いで少しうるさいが、トイレも完備しているので安心である。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2019年Las Vegasの旅 ホテル予約編 [旅]

2019年Las Vegasの旅。
日程は10月12日(土)15:45に日本を出発、10月20日(日)6:55にLas Vegasを出発して帰国する、現地で8泊9日の旅。
ちなみに今回も格安宿を中心に予約した。
Las Vegasに到着後は、今年もGrand Circleを巡る予定なので、Grand Circle.orgで行先を検討する。
https://grandcircle.org/

20190714 las vegas 01.jpg

Grand Circle.orgによるとGrand Circle内にある国立公園は下記12ヶ所。
Arches National Park(UT)
Black Canyon of Gunnison National Park(CO)
Bryce Canyon National Park(UT)
Canyonlands Canyon National Park(UT)
Capitol Reef Canyon National Park(UT)
Chaco Culture National Historical Park(NM)
Grand Canyon National Park(AZ)
Great Basin National Park(NV)
Mesa Verde National Park(CO)
Pecos National Historical Park(NM)
Petrified Forest National Park(AZ)
Zion National Park(UT)

このうち未訪は下記6ヶ所。
Black Canyon of Gunnison National Park(CO)
Chaco Culture National Historical Park(NM)
Great Basin National Park(NV)
Mesa Verde National Park(CO)
Pecos National Historical Park(NM)
Petrified Forest National Park(AZ)

今回は下記の3ヶ所を巡る予定。
haco Culture National Historical Park(NM)
Mesa Verde National Park(CO)
Petrified Forest National Park(AZ)

20190705 las vegas 06.jpg

Las Vegas到着後レンタカーを借り、Mesa Verde National Parkを目指し15:00頃出発。
ただしLas VegasからMesa Verde National Parkまでは800kmほどあり、当日の到着は厳しいので、途中450kmほど先のPageで1泊。

20190714 las vegas 02.jpg

PageではLake Powell Canyon Innに宿泊。

20190714 las vegas 03.jpg

翌日はMesa Verde National Parkに向かう。
https://www.nps.gov/meve/index.htm

20190714 las vegas 04.jpg

2日目はCortezのNational 9 Inn Sand Canyonに宿泊。

20190714 las vegas 05.jpg

翌日はAztec Ruins National Monumentに向かう。
https://www.nps.gov/azru/index.htm

20190714 las vegas 06.jpg

本当はChimney Rock National Monumentにも寄りたいのだが、10月1日から5月14日までChimney Rock Rdが閉鎖されているらしい。
往復10kmほどなので歩いて行ってもいいのだが、徒歩で入れるかも不明なので、今後調査してみたい。
http://www.chimneyrockco.org/

20190714 las vegas 07.jpg

3日目はFarmingtonのEconomy Innに宿泊。

20190714 las vegas 08.jpg

翌日はChaco Culture National Historical Parkに向かう。
https://www.nps.gov/chcu/index.htm

20190714 las vegas 09.jpg

4日目はGallupのBudget Innに宿泊。

20190714 las vegas 10.jpg

翌日はPetrified Forest National Parkに向かう。
https://www.nps.gov/chcu/index.htm

20190714 las vegas 11.jpg

5日目はFlagstaffのBudget Host Inn NAU / Downtown Flagstaffに宿泊。

20190714 las vegas 12.jpg

翌日はWalnut Canyon National Monumentに向かう。
https://www.nps.gov/waca/index.htm

20190714 las vegas 13.jpg

時間があればSunset Crater Volcano National Monumentに向かいたい。
https://www.nps.gov/sucr/index.htm

20190714 las vegas 14.jpg

さらに時間があればWupatki National Monumentに向かいたい。
https://www.nps.gov/wupa/index.htm

20190714 las vegas 15.jpg

Grand Circleを巡った後はLas Vegasに戻り3泊する。
Las Vegas Strip沿いの全てのカジノホテルに宿泊するのを目標としているが、現在宿泊したのは20ホテル。
残りは南からTropicana、Aria、Cromwell、Mirage、Wynn、SLS、Stratosphereといったところ。
まずは10月17日(木)から3泊の料金(2019年7月14日現在)を調べることにした。
なおResort Feeの2018年との比較も調べてみた。

20190714 las vegas 16.jpg

Tropicana
http://www.troplv.com/
1泊179.00~309.00ドル、Resort Fee$37.00、合計995.48ドルとなる。
Resort Feeは2.00ドルアップ。
駐車場は無料。

20190714 las vegas 17.jpg

Aria
https://www.aria.com/en.html
1泊179.00~399.00ドル、Resort Feeが39.00ドル、合計1,127.00ドルとなる。
Resort Feeは変化なし。
駐車場は1日$18.00。

20190714 las vegas 18.jpg

Cromwell
https://www.caesars.com/cromwell
1泊208.05~293.55ドル、Resort Fee37.00ドル、合計1,027.39ドルとなる。
Resort Feeは変化なし。
駐車場は1日$12.00。

20190714 las vegas 19.jpg

Mirage
https://www.mirage.com/en.html
1泊149.00~249.00ドル、Resort Fee38.00ドル、合計780.05ドルとなる。
Resort Feeは1.00ドルアップ。
駐車場は1日$15.00。

20190714 las vegas 20.jpg

Wynn
http://www.wynnlasvegas.com/
1泊223.00~479.00ドル、Resort Fee45.00ドル、合計$1,492.08ドルとなる。
Resort Feeは6.00ドルアップ。
駐車場は無料。
ん!? 駐車場は無料なのか??
Parking Informationを見てみる。
Self-parking at our resort is complimentary for all visitors, without limitation.
どうやらセルフパーキングは無料になったらしい。

20190714 las vegas 21.jpg

SLS
https://slslasvegas.com/
1泊59.00~203.00ドル、Resort Fee37.95ドル、合計599.61ドルとなる。
Resort Feeは2.00ドルアップ。
駐車場は無料。

20190714 las vegas 22.jpg

Stratosphere
http://www.stratospherehotel.com/
1泊59.00~142.00ドル、Resort Fee32.99ドル、合計492.02ドルとなる。
Resort Feeは変化なし。
駐車場は無料。

20190714 las vegas 23.jpg

今回はMirageを予約することにした。

20190714 las vegas 24.jpg

1996年に初めてLas Vegasに来た時に、The Volcanoを見て感動し、Las Vegasにはまったきっかけとなった。
https://mirage.mgmresorts.com/en/amenities/volcano.html
その頃はBellagioもVenetianもParisもない時代で、Mirageがフラッグシップだった。
次回来るときは絶対に宿泊しようと思っていたのだが、その後数々のホテルが建設されたため、なかなか宿泊する機会がなかったが、23年目にして念願叶う事になる。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2019年Las Vegasの旅 レンタカー予約編 [旅]

2019年Las Vegasの旅。
日程は10月12日(土)15:45に日本を出発、10月20日(日)6:55にLas Vegasを出発して帰国する、現地で8泊9日の旅。
Las Vegasには10月12日(土)12:41到着、10月20日(日)6:55出発となるので、8日間レンタカーを利用する。
ちなみに当初予定していた7月の予約をキャンセルして、10月での予約となる。

20190705 las vegas 01.jpg

Dollar、Budget、Hartz、Alamo、Avisなど調べるが、一番条件がよさそうだったDollarを予約した。
EPOSカード優待を利用する。
ちなみに私はDollarの優待を使うためだけにEPOSカードを所有している。

20190705 las vegas 02.jpg

フルパッケージのらくらくプランが現地払い通常92.0ドル~のところ、優待価格85.0ドル~、日本払い9,600円~のところ、優待価格8,160円~となるので、日本で支払う方が格安。
らくらくプランには自動車運転中に必要な保険/補償、空港利用税などの各種税金、追加運転者登録料(4名分)、プレミアムエマージェンシーロードサービス(PERS)が含まれ、返却時のガソリン給油は不要となる。

20190705 las vegas 03.jpg

貸出営業所と日程を選択。
今回もマッカラン国際空港営業所を利用する。

20190705 las vegas 04.jpg

エコノミーは37,825円から。
ちなみに7月の予約時は41,735円であった。

20190705 las vegas 05.jpg

今回はオフロード走行を予定しているので、SUVを見てみる。
ミッドサイズSUVは51,680円。
ちなみに7月の予約時は59,500円であった。
なぜかスタンダードSUVよりもミッドサイズSUVの方が格安。
四輪駆動を予約したいのだが、2018年の経験からフルサイズSUVにすればほぼ四輪駆動になるはず。
ただし車種はおそらくNissan ARMADAになる。
この車種は2018年の旅で利用したのだが、運動性能が非常に悪く、何度も危険な思いをしたので絶対に避けたい。
なので今回はミッドサイズSUVにした。

20190705 las vegas 06.jpg

情報を入力して予約完了。
料金は51,680円。

20190705 las vegas 07.jpg

続いて「運転免許証翻訳フォーム」を入力。
http://www.dollar.co.jp/service/service.php
これをプリントアウトして持っていけば、国際免許証の携行は不要になるという便利なサービス。

20190705 las vegas 08.jpg

無事入力完了。
あとはホテルの予約かな。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2019年Las Vegasの旅 フライト日程変更編 [旅]

2019年Las Vegasの旅。
フライトはANA便を予約済み、ホテルやレンタカーも予約済み。
ところが以前エントリーした通り、帰国便のフライトが大幅変更になってしまう。
https://tabibitoblog.blog.so-net.ne.jp/2019-01-22-2
更にその後も何度か変更が続き、最終的には下記の便となる。

往路:7月5日(金)
23:30 HND発→18:00 LAX着
20:10 LAX発→21:20 LAS着
復路:7月13日(土)
7:10 LAS発→8:40 SFO着
10:50 SFO発→13:55 HND着(+1)

ちなみに往路のLAX→LAS便は、ANAでもUnitedなどのスターアライアンス系でもないAmericanとなり、ちょっとびっくりした。
2018年の旅でANAを利用して快適だったのが、今回ANAを予約した理由の1つであったのだが、復路のSFO→HND便はUnitedとなってしまい、その魅力が半減。
しかも復路の出発が当初の予約よりもかなり早くなってしまい、その点もかなり残念。
そしてフライト3日前に突発事項が発生してしまい、この旅事態の実行が難しい状況となってしまう。
今回のフライトの変更はANAの都合なので、もしキャンセルするのならキャンセル料はかからずに対応できると聞いていたので、キャンセルを決意する。
ANAに電話をして無事キャンセルとなる。
ホテルやレンタカーについても全て、キャンセル料がかからずにキャンセルすることができた。

20190702 las vegas 01.jpg

その後、ANAから払戻明細書が送られてきて無事キャンセル完了となる。
さてキャンセル翌日には、再度日程の検討をする。
2019年は9月と10月に祝日があり、土日休みと祝日を含めた良い日程を探してみる。
その結果、10月12日(土)から10月22日(祝)までの11連休を取ることに決定。
11連休ではあるがその間に土日4日と祝日が2日あるので、会社は5日だけ休めばいい。
早速この日程で各社のフライトを調べてみる。

20190702 las vegas 02.jpg

ANA
往路:10月11日(金)23:30 HND発 10月11日(金)22:10 LAS着 14時間32分
復路:10月20日(日)12:10 LAS発 10月21日(月)18:20 HND着 15時間00分
チケット代金は149,320円となり、7月の予約時とほぼ変わらず。
往路は深夜便で仕事帰りのフライトとなり時間が有効に使えていいのだが、復路はやはりUnitedになってしまう。

20190702 las vegas 03.jpg

Delta
往路:10月12日(土)16:20 HND発 10月12日(土)13:15 LAS着 12時間56分
復路:10月20日(日) 6:30 LAS発 10月21日(月)14:20 HND着 15時間00分
チケット代金は109,140円となり、7月よりも62,000円ほど格安。
ANAと比較して40,000円ほど格安になるし、2018年の旅でオーバーブッキングのお詫びとして2,000ドルのVoucherをいただいていたので、出費なしで行けるDeltaにしようかなと思う。

20190702 las vegas 04.jpg

United
往路:10月12日(土)15:45 HND発 10月12日(土)12:41 LAS着 12時間55分
復路:10月20日(日) 6:55 LAS発 10月21日(月)13:55 HND着 15時間00分
チケット代金は94,140円となり、7月よりも121,000円ほど格安。
ANAと比較して55,000円ほど格安になる。
DeltaのVoucherはいつでも使えるので、これならUnitedでいいかなと思いすぐに予約を入れる。
7月はANAが一番格安だったのだが、10月はUnitedやDeltaの方が格安となり、これもその時のタイミングだなと思った。

20190702 las vegas 05.jpg

さらにその2日後にDeltaのサイトを見てみると、なんとUnitedとほぼ同じ96、620円となっていた。
これならVoucherを使えるDeltaの方がよかったかなと思ったが、これもタイミング。
さて日程が決まったので、ホテルやレンタカーの予約を始めようかな。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 最終日② [旅]

2018年末年始の旅最終目。

20190101 年末年始の旅 47.jpg

2019年元日は名護市内の宿をチェックアウトし古宇利島、伊計島を巡り那覇まで戻ってきた。
レンタカーの返却手続きを完了して、スタッフに那覇空港まで送ってもらう。

20190101 年末年始の旅 48.jpg

この後国際通りまで戻る事を伝えると、ゆいレール乗場に近い場所に停めていただけた。
スタッフから国際通りに行く前にスーツケースは預けるのか聞かれるが、羽田到着後にすぐに電車に乗らないと終電に間に合わない可能性があるので、スーツケースは機内持ち込みすることにした。
預けてしまえば楽になるのだが。

20190101 年末年始の旅 49.jpg

念のためフライト情報を確認したが、18:00の便までしか表示されていないので、私の搭乗する20:55の便は確認できなかった。

20190101 年末年始の旅 50.jpg

ここにいてもやる事がないので、国際通りに向かうことにする。

20190101 年末年始の旅 51.jpg

ゆいレール乗場はすぐ目の前。

20190101 年末年始の旅 52.jpg

IC乗車券は使えないので切符を購入する。
県庁前駅までは260円。
そして改札に行くが切符を投入する場所がない。
まごついていると係の人が、青く光っている所にタッチするよう教えてくれる。
なるほど、切符にQRコードのようなものが印刷されていて、それを読み取るらしい。

20190101 年末年始の旅 53.jpg

ホームで5分ほど待ち、ゆいレールが到着。
ゆいレールに乗るのは10数年ぶり。

20190101 年末年始の旅 54.jpg

国際通りの最寄り駅は県庁前駅なのだが、時間が早いので旭橋駅で下車して歩いて向かうことにした。

20190101 年末年始の旅 55.jpg

これが例の改札機。
入場の際は改札機左側面にタッチする必要があった。
下車の際とタッチする場所が違うのは紛らわしい。

20190101 年末年始の旅 56.jpg

16:00頃、国際通りに到着。

20190101 年末年始の旅 57.jpg

この日に行く予定の店は17:00開店。
それまで国際通りを散策したり、沖縄そばの店を探しながら待つ。
しかし沖縄そばの候補店は定休日だったり、売り切れだったりでどこもダメ。
この日は元旦だから仕方ない。
最悪、空港でいただくしかないかな。

20190101 海援隊 01.jpg

そして17:00の開店と同時に「海援隊沖縄」に入る。

20190101 海援隊 02.jpg

この店で生ビール(発泡酒)を高速でおかわりし続ける。

20190101 海援隊 03.jpg

1時間ほどで生ビール(発泡酒)7杯と、おつまみ2品をいただき、1,560円という抜群のコストパフォーマンス。

20190101 年末年始の旅 58.jpg

18:20頃の国際通りは真っ暗になっていた。

20190101 御殿山 01.jpg

続いて〆の沖縄そば。
先ほど国際通りを歩いていて見つけた「御殿山」へ。

20190101 御殿山 04.jpg

観光客向けの店かと期待せずに入ったのだが、首里にある老舗店の支店らしい。
ここで軟骨ソーキそば 純麺 大(830円)をいただき、なかなかの実力店だと知る。
空港でいただかなくてよかった。

20190101 年末年始の旅 59.jpg

さて県庁前駅から那覇空港駅に向かう。

20190101 年末年始の旅 60.jpg

搭乗する最終便までには時間があるが、早めに空港に着くことにした。
結果的にこの判断が、後程発生するのラッキーなことに繋がることになる。

20190101 年末年始の旅 61.jpg

19:25頃、那覇空港駅に到着。

20190101 年末年始の旅 62.jpg

那覇空港駅には、先ほど入場の仕方を教えてくれた係の人がいた。
私と同じで分からない人が多いのだろう。

20190101 年末年始の旅 63.jpg

ターミナルに向かう。

20190101 年末年始の旅 64.jpg

ANA478便は35番搭乗口。
この時出発時間が20:55から21:15に変更されたのを見落としていた。

20190101 年末年始の旅 65.jpg

手荷物検査を通過。

20190101 年末年始の旅 66.jpg

来年もぜひ温かい冬をこの沖縄で、とあるが確かにそうしたい。

20190101 年末年始の旅 67.jpg

搭乗口には19:40頃到着。

20190101 年末年始の旅 68.jpg

この時はANA478便の前のANA1098便の搭乗準備中であった。
なおANA1098便の出発時間が20:05から20:10に変更されたと表示されている。
この時ANA478便の出発時間変更も表示されていたのだが、この時も見落としていた。
さて椅子に座って登場開始を待っていると、ANAのスタッフから声がかかる。
なんでも私のスーツケースが、機内持ち込みのサイズを超えているという。
米国で購入したSamsoniteで、購入時に機内持ち込み可能と確認していたのだが、日本の国内線ではオーバーサイズらしい。
普段なら預けるのは構わないのだが、ANA478便は23:05羽田着予定で、23:38発の京急の終電に乗らないと自宅に帰れない。
荷物を預けた場合、羽田での荷物の受け取り時間を考えると、ほぼ確実に終電に乗り遅れてしまう。
この点スタッフに伝えるとカウンター内で調べてくれたようで、一便前のANA1098便への振り替えを提案される。
確かに一便前であれば荷物を預けたとしても、終電には間に合うはず。
スタッフに窓側が空いているか聞いてみると、再度調べてくれ窓側の空席を見つけてきてくれた。
それならOK。
というか、元々最終便だと時間的余裕がないので、もう一便早いのを予約すればよかったと少し後悔していたので結果的にラッキーであった。

20190101 年末年始の旅 69.jpg

カウンター横でスーツケースを預ける。

20190101 年末年始の旅 70.jpg

そして19:55頃、搭乗開始。

20190101 年末年始の旅 71.jpg

チケットを見るとGroup3と早い段階で搭乗となる。
結構前の席らしい。

20190101 年末年始の旅 72.jpg

本日搭乗するANA1098便。
4桁便名なのでコードシェア便かと思っていたが、ANAの運航便であった。

20190101 年末年始の旅 73.jpg

2年半ぶりの沖縄。
今回も楽しい旅であった。

20190101 年末年始の旅 74.jpg

機体はBoeing社のB737-800。
席に到着するがいつもと感じが違う。

20190101 年末年始の旅 75.jpg

なんと一番前の座席で、足元広々で超快適。

20190101 年末年始の旅 76.jpg

しかも隣は空席。

20190101 年末年始の旅 77.jpg

ちなみに機内はほぼ満席。

20190101 年末年始の旅 78.jpg

外の景色も翼に邪魔されず良く見える。
こんないい席にしてもらって申し訳ない感じ。

20190101 年末年始の旅 79.jpg

さてANA1098便は定刻より15分ほど遅れ、20:20頃出発。

20190101 年末年始の旅 80.jpg

とはいえ、一便前倒してもらえたので問題なし。

20190101 年末年始の旅 81.jpg

離陸して20分ほどでドリンクサービスがあったのだが、一番前なので一番最初にサービスされた。
ドリンクは冷たいお茶に、喉が渇いていたのですぐにおかわりをお願いした。
一番前の席だと、CAのサービスというか対応がいい気がする。
空席を挟んだ隣の人は、普通の人なら遠慮してしまうようなかなり面倒な内容のドリンクサービスを何度もオーダーしていたが、CAは笑顔で対応していた。

20190101 年末年始の旅 82.jpg

途中若干揺れるが、快適なフライトが続いている。

20190101 年末年始の旅 83.jpg

22:20頃、東京スカイツリーが見えてきた。

20190101 年末年始の旅 84.jpg

そして22:23頃、羽田空港に着陸する。

20190101 年末年始の旅 85.jpg

いや~、かなり快適なフライト。

20190101 年末年始の旅 86.jpg

そして到着後すぐに飛行機を降りることができた。

20190101 年末年始の旅 87.jpg

いい気分で飛行機を後にする。

20190101 年末年始の旅 88.jpg

飛行機を降りても前に歩く人が少ないので、とても歩きやすい。

20190101 年末年始の旅 89.jpg

荷物を受け取りに行く。

20190101 年末年始の旅 90.jpg

手荷物受取所にも早めに到着。

20190101 年末年始の旅 91.jpg

数少ない椅子に座って荷物を待つことができた。

20190101 年末年始の旅 92.jpg

そして荷物もすぐに出てきた。
ひょっとして終電の時間を気にしているのを聞いて、ANAのスタッフが早めに出るよう手配してくれたのだろうか。
いずれにしろ何から何まで快適な流れ。

20190101 年末年始の旅 93.jpg

到着後は京急線のホームに向かう。

20190101 年末年始の旅 94.jpg

京急線には22:52頃到着。
23:38発の終電まではかなり余裕があり、早めの電車で帰ることができる。

20190101 年末年始の旅 95.jpg

京急川崎行きが来た。
これに乗り京急蒲田駅で京急久里浜行きに乗り換える。.

20190101 年末年始の旅 96.jpg

そして23:27頃、横浜駅に到着。
その後自宅に戻りメールチェックをしていると、18:00過ぎに当初搭乗予定だったANA478便の出発時間変更の案内が来ていた。
このメールを見るまで変更があったことにまったく気づいていなかった。
これを見て一便前倒しできてよかったと思ったのと、おそらくそのような意図で一便前への振り替えを提案してくれたと思われるANAのスタッフに感謝したい。
さて今回は5日間の短い旅。
事前の天気予報では雨の日が多く覚悟していたのだが、晴れは少ないまでも雨はほぼ降らず、計画していた登山も全て行くことができた。
寒いのが苦手なので、2019年の年末も沖縄で過ごしてみたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 最終目① [旅]

2018年末年始の旅最終目。
そしてこの日は2019年元日。
特に正月らしいことには興味ないので、いつも通りの旅を続ける。
当初この日は登山する予定だったので、普段はいただかない宿の朝食を予約済み。
ただし前日までに予定していた登山は終えてしまったので、この日は特に予定なし。
そして沖縄に来たというのに海に行っていないことに気付いたので、のんびり海でも眺めてこようと思う。

20190101 年末年始の旅 01.jpg

7:00過ぎに宿の朝食に向かう。

20190101 年末年始の旅 02.jpg

食事の前に元旦の新聞を読む。
沖縄歌謡最古の音源がトップ記事。

20190101 年末年始の旅 03.jpg

朝食はこんな感じ。
紅白のかまぼこが正月らしいかな。

20190101 年末年始の旅 04.jpg

朝食の後は部屋でのんびりして、10:00頃チェックアウト。
R58を北上して古宇利島を目指す。
この日は曇りだが、青空も期待できそう。
暑いのでエアコンをつけながら走る。

20190101 年末年始の旅 05.jpg

羽地奥武橋を渡り、奥武島に入る。

20190101 年末年始の旅 06.jpg

続いて屋我地大橋を渡り、屋我地島に入る。

20190101 年末年始の旅 07.jpg

古宇利大橋が見えてきた。

20190101 年末年始の旅 08.jpg

古宇利大橋を渡り、古宇利島に向かう。

20190101 年末年始の旅 09.jpg

右側には大宜味方面が見える。

20190101 年末年始の旅 10.jpg

古宇利島に入り、古宇利大橋を眺める。
太陽の位置の影響で橋が影になっているのと、雲が多いのが残念。
そして風も強い。

20190101 年末年始の旅 11.jpg

反対側からだと橋が綺麗に見える。

20190101 年末年始の旅 12.jpg

晴れていれば、もっとエメラルドグリーンなのだろう。

20190101 年末年始の旅 13.jpg

「古宇利島ふれあい広場」に立ち寄る。
島内で栽培されたフルーツや島野菜、地元の海鮮物などを扱っている。

20190101 年末年始の旅 14.jpg

ここでスターフルーツ(1,200円)を3個購入。
新年のあいさつ回りの御年賀代わりに使おうと思う。

20190101 年末年始の旅 15.jpg

切るとこのように星形になる。
なんとなく沖縄らしいかな。
さて次に行くことにする。

20190101 年末年始の旅 16.jpg

古宇利大橋を渡り、屋我地島に向かう。

20190101 年末年始の旅 17.jpg

屋我地島に入ってすぐにある「美らテラス」に立ち寄る。
http://churaterrace.com/
ここからの古宇利島方面の景色が絶景。

20190101 年末年始の旅 18.jpg

ちょうど雲が晴れてきた。
これが見たかった海の青さ。

20190101 年末年始の旅 19.jpg

砂浜に下りてみる。

20190101 年末年始の旅 20.jpg

こちら側から見るのは初めてだが、なかなかいい。
太陽の位置にもよるのだろうが。

20190101 年末年始の旅 21.jpg

さてこの後は伊計島に向かう。

20190101 年末年始の旅 22.jpg

R58から名護東道路に進む。

20190101 年末年始の旅 23.jpg

続いてR329を那覇方面に進む。

20190101 年末年始の旅 24.jpg

R58から73号線に進む。

20190101 年末年始の旅 25.jpg

6号線で具志川方面に進む。

20190101 年末年始の旅 26.jpg

255号線、8号線、37号線を経由して海中道路に向かう。

20190101 年末年始の旅 27.jpg

海中道路に入った。

20190101 年末年始の旅 28.jpg

ロードパークに立ち寄り「海の駅あやはし館」に行ってみる。

20190101 年末年始の旅 29.jpg

御神酒(泡盛)がふるまわれていた。
運転がなければいただきたかったのだが。

20190101 年末年始の旅 30.jpg

今来たうるま市方面。

20190101 年末年始の旅 31.jpg

これから向かう平安座島方面。
浜比嘉に渡る浜比嘉大橋が見える。

20190101 年末年始の旅 32.jpg

平宮付近の護岸描かれた、平宮護岸アートコンクールの作品を見ながら進んでいく。

20190101 年末年始の旅 33.jpg

平安座島から宮城島に入る。

20190101 年末年始の旅 34.jpg

続いて伊計大橋を渡り、伊計島に向かう。

20190101 年末年始の旅 35.jpg

伊計島の先端「AJリゾートアイランド伊計島」に到着。
ここは以前綺麗な砂浜のビーチを見つけたので再訪してみた。

20190101 年末年始の旅 36.jpg

ところが以前見つけた砂浜は見つからなかった。
かなり狭い砂浜はあったのだが、ひょっとして浸食されてしまったのだろうか。

20160504 沖縄 35.jpg

こちらが以前見つけた砂浜。
静かで広々している。
ここでのんびりしたかったのだが残念。

20190101 年末年始の旅 37.jpg

さてこれで本日の海を見に行く予定は終了。

20190101 年末年始の旅 38.jpg

これから那覇に向かい、レンタカーを返却する。

20190101 年末年始の旅 39.jpg

海中道路を渡り、離島に別れを告げる。

20190101 年末年始の旅 40.jpg

10号線、37号線、33号線、85号線、227号線を進み、R329を与那原方面に左折する。
この後はレンタカー返却前にガソリンを給油したいのだが、この日は元日なので、休みのガソリンスタンドが多い。

20190101 年末年始の旅 41.jpg

那覇が近づいてきたので、営業しているガソリンスタンドを探しながら走る。
すると反対車線に「花石油」を発見。
レギュラーガソリンは131円/Lだが、割引券+会員サービスで10円割引とある。
だいたいこのようなガソリンスタンドには割引券が置いてあることが多いので、周囲を探してみるが見当たらない。
すると不審に思われたのか、スタッフが出てきて「何かありましたか」と聞いてくる。
現金とカードの価格は同じか聞いてみると「同じですが、旅行の方ですか」と聞かれたので、そうだと答える。
すると店内から5円の割引券を持ってきて、機械に読み込んでくれた。
これで126円/Lになった。
ありがたい。

20190101 年末年始の旅 42.jpg

レギュラー126円/Lで25.0L給油し3,402円。
ここまでの走行距離は420.4kmなので、燃費は16.8km/Lとなる。
2016年沖縄の旅でレンタルした、SuzukiのSwiftの18.7km/Lと比較すると相当悪い。
排気量はともに同じ1.2リッターなのだが、Swiftは4気筒、Noteは3気筒なので、燃費的には3気筒のNoteの方が有利のはず。
3気筒独特のエンジン騒音や、燃費重視で力のないスカスカな加速感など考ると、走行面でNoteのメリットはあるのだろうか。

20190101 年末年始の旅 43.jpg

さて引き続きR329を進み、南風原北ICより那覇空港自動車道の無料区間に入る。

20190101 年末年始の旅 44.jpg

5分ほど進み各嘉地ICで下りる。

20190101 年末年始の旅 45.jpg

ICを下りるとすぐに「DHレンタカー 那覇空港店」に到着。
時刻は15:00になったところ。

20190101 年末年始の旅 46.jpg

今回の走行距離は441.6km。

20190101 年末年始の旅 47.jpg

返却手続きを完了して、スタッフに那覇空港まで送ってもらう。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 4日目② [旅]

2018年末年始の旅4日目。

20181231 年末年始の旅 21.jpg

浦添市内の宿をチェックアウトして、再び名護市内に入り、古巣岳(391m)登頂。

20181231 年末年始の旅 22.jpg

羽地内海方面

20181231 年末年始の旅 23.jpg

名護湾方面

20181231 年末年始の旅 24.jpg

名護湾方面

20181231 年末年始の旅 25.jpg

本部方面

20181231 年末年始の旅 26.jpg

一昨日登った嘉津宇岳。
嘉津宇岳からここ古巣岳まで縦走しようと思ったのだが、ルートが分からず断念した。
この日も山頂付近を見てみたところ、それらしきルートは発見できた。
ただしそれが正しいのかは分からなかった。

20181231 年末年始の旅 27.jpg

13:25頃、下山開始する。

20181231 年末年始の旅 28.jpg

険しい下りに注意して進んでいくと、例のアメリカ人ファミリーとすれ違う。
山頂からのルートはループしているのか聞かれたので、折り返しだと伝える。
そして一昨日三角山付近ですれ違ったことを伝えると"remember"と私の事を覚えてくれていた。
ところで何でこんなマニアックな場所に連日ファミリーで来るのだろう。(自分もだが)
しかも一昨日同様に、お父さんは半そで、3歳くらいのLadyは素足にCrocs。
やっぱりアメリカ人て凄いな。

20181231 年末年始の旅 29.jpg

27分ほど下り、古巣岳と古見台の分岐まで戻ってきた。

20181231 年末年始の旅 30.jpg

古見台に行ってみる。

20181231 年末年始の旅 31.jpg

なんでも古見台はビュースポットらしい。

20181231 年末年始の旅 32.jpg

足場が悪く歩く道幅がかなり狭いので、ロープが引いてある。

20181231 年末年始の旅 33.jpg

断崖絶壁の岩をよじ登り、ここを越えていく。
ここからは断崖絶壁を進んでいくことになる。

20181231 年末年始の旅 34.jpg

落ちたら確実に死ねる高さ。

20181231 年末年始の旅 35.jpg

まさにロープが頼りなのだが、そのロープがたるんでいて何とも頼りない。

20181231 年末年始の旅 36.jpg

っていうか、ロープが岩に擦れて切れかかっているではないか!!!
コレ大丈夫なのか???
でもこのロープを頼りに進んでいくしかない。

20181231 年末年始の旅 37.jpg

切れるなよ~、切れるなよ~、と念じながら進んでいく。

20181231 年末年始の旅 38.jpg

で、突き当りに到着。
ここが古見台と思われる。
よかった~、ロープが切れずにもってくれて・・・
と思ったのだが、今来た断崖絶壁を戻らなきゃいけないじゃん!!!

20181231 年末年始の旅 39.jpg

足元を見て急に恐ろしくなってきた。
でも今来た断崖絶壁を戻らないと帰ることができない。

20181231 年末年始の旅 40.jpg

再び、切れるなよ~、切れるなよ~、と念じながら進んでいく。

20181231 年末年始の旅 41.jpg

下を見ないように進んでいく。

20181231 年末年始の旅 42.jpg

この辺りロープが切れかかっていたところ。
涙目になりながら進んでいく。

20181231 年末年始の旅 43.jpg

なんとか戻ることができた。
今年一番最後の日に今年一番怖い思いをした。
あー、ホント怖かった。

20181231 年末年始の旅 44.jpg

先ほどの断崖絶壁の事を考えれば、ハードな岩場などなんでもない。

20181231 年末年始の旅 45.jpg

14:10頃、古巣岳と古見台の分岐に戻ってきた。

20181231 年末年始の旅 46.jpg

あとは駐車場に戻るだけ。

20181231 年末年始の旅 47.jpg

シークヮーサー畑の中を進んでいく。

20181231 年末年始の旅 48.jpg

登山口まで戻ってきた。

20181231 年末年始の旅 49.jpg

振り返って古巣岳を眺めてみる。

20181231 年末年始の旅 50.jpg

上の方に見えるカルストの岩場が、古見台だろうか。

20181231 年末年始の旅 51.jpg

そして14:30頃、駐車場まで戻ってきた。
往復2時間10分ほどの行程であった。
例のYナンバーの車はやはり停まっていた。

20181231 年末年始の旅 52.jpg

左から三角山、安和岳、八重岳、古巣岳、次回は八重岳に登ってみたい。

20181231 年末年始の旅 53.jpg

さてR449、R58を経由して宿に向かう。

20181231 年末年始の旅 54.jpg

この日宿泊するのは、一昨日宿泊した「名護ビジネスホテル」。

20181231 年末年始の旅 55.jpg

部屋は前回と同じ3Fとなる。

20181231 年末年始の旅 56.jpg

テーブルの位置など若干違うが、広さや設備は前回の部屋と同じ。
ただしこちらの部屋の方がWi-Fiの感度がいい。

20181231 年末年始の旅 57.jpg

まずは宿から徒歩30秒の「新山そば」に向かう。
1923年から続く老舗の店。
営業時間18:00までなのだがこの日は大晦日。
何時まで営業しているか確認したところ、15:00までだという。
この時の時刻は14:50頃。
部屋で一杯やってから年越しそばをいただきたかったので、残念ながら断念する。
店に入ったところ、とてもいい出汁の香りが漂っていて、おいしいことを確信しただけに残念。
部屋に戻りロング缶を飲みながら、次の候補店に電話をしてみる。
ちなみに先ほどこの店の前を車で通過した際は営業中であった。
ところがこの電話番号は現在使われていないとアナウンス。
いくつかのサイトを見ても同じ電話番号なのだが、最近変わったのかもしれない。
ちなみに通常は20:00まで営業しているらしいので、ダメ元で行ってみることにした。
部屋でロング缶を2本飲んで歩いて向かい、17:05頃到着する。

20181231 年末年始の旅 58.jpg

ところがすでに暖簾は下りていた。
こうなったら「宮里そば」しかない。
「宮里そば」は電話で20:00まで営業していることを確認済み。

20181231 年末年始の旅 59.jpg

一昨日「宮里そば」に向かった時に鳥居のようなものが見えたのだが、暗くてよく確認できなかった。

20181231 年末年始の旅 60.jpg

県指定記念物 宮里前の御嶽のハスノハギリ林とある。
かつて名護湾の海岸線には長い砂浜があり、ハスノハギリ林が続いていた。

20181231 年末年始の旅 61.jpg

名護湾の埋立てによって海と隔てられ本来の生育環境ではないが、林の広さと個体の大きさでは本島最大のもの。

20181231 年末年始の旅 62.jpg

こちらはかつての海岸線の様子。

20181231 宮里そば 01.jpg

さて17:20頃、「宮里そば」に到着。

20181231 宮里そば 05.jpg

年越しそばとして、三枚肉そば(600円)をいただく。
この後部屋に戻り、いつもなら10:00頃眠ってしまうのだが、この日はなぜか眠くない。
大晦日だから起きていようと思ったわけでもなく、部屋でテレビを見るわけでもなく、26:00頃までPCに向かっていたのであった。

【散策メモ】
2018年12月31日(月)
勝山公民館駐車場~古巣岳~古見台~勝山公民館駐車場
歩数:15,268歩
歩行距離:9.924m
歩行時間:2時間26分
消費カロリー:436.6kcal


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 4日目① [旅]

2018年末年始の旅4日目。
前日は浦添市内の宿に宿泊して6:00過ぎに起床する。
この日は「浜屋」で中身そばを朝イチにいただき、2日前に時間切れで行けなかった名護市にある古巣岳に登山する予定。

20181231 年末年始の旅 01.jpg

10:00頃チェックアウトしてR58を北上する。
この日は曇りだが、所々青い空が見えるので晴れが期待できるかも。

20181231 浜屋 01.jpg

店舗には開店直後の10:35分頃到着。

20181231 浜屋 02.jpg

ここで中身そば大盛(680円+100円)をいただく。

20181231 年末年始の旅 02.jpg

再びR58を北上して、名護を目指す。
暑いのでエアコンをつけての走行。

20181231 年末年始の旅 03.jpg

名護市内に入りR449を進む。

20181231 年末年始の旅 04.jpg

嘉津宇岳入口を右折する。

20181231 年末年始の旅 05.jpg

勝山公民館前の路肩スペースに駐車する。
後ろに見える古巣岳に登山する。
ちなみに隣にどこかで見たことがある車が停まっていた。

20181231 年末年始の旅 06.jpg

登山口に向け出発する。

20181231 年末年始の旅 07.jpg

12:20頃、登山口をスタートする。

20181231 年末年始の旅 08.jpg

シークヮーサー畑の中を進んでいく。

20181231 年末年始の旅 09.jpg

シークヮーサー畑を抜け、岩場を登っていく。

20181231 年末年始の旅 10.jpg

10分ほどで分岐に到着。
ここを古巣岳に向かい右に進む。

20181231 年末年始の旅 11.jpg

いきなり始まる厳しい登り。

20181231 年末年始の旅 12.jpg

まるで熱帯の密林を歩いているよう。

20181231 年末年始の旅 13.jpg

道はかなり険しいが、5mか10m間隔ごとに、ピンクや赤のテープがあり迷うことはない。

20181231 年末年始の旅 14.jpg

30分ほどで古巣岳と古見台の分岐が現れる。
ここは古巣台方面に向かうが、後で古見台にも行ってみよう。

20181231 年末年始の旅 15.jpg

この辺りで先の方から英語の会話が聞こえる。
もしやと思い進んでみると、一昨日安和岳から三角山に向かう途中ですれ違った、3人の子連れアメリカ人ファミリーであった。
駐車場に停まっていたの車を見てピンと来たのだが、一昨日も停まっていたYナンバーの車は、やはりこのファミリーの車だろう。
ファミリーはイモを食べて休憩中だったので、軽く挨拶して抜かしていく。

20181231 年末年始の旅 16.jpg

古巣岳の道標を発見。

20181231 年末年始の旅 17.jpg

それにしてもハードな登り。
カルストの岩場は足場が悪いので、軍手をして木の枝などにつかまりながら登っていく。

20181231 年末年始の旅 18.jpg

50分ほど登ったところで先が明るくなってくる。
もうすぐ山頂かな。

20181231 年末年始の旅 19.jpg

いいよか。

20181231 年末年始の旅 20.jpg

タチアワユキセンダングサが咲いている。

20181231 年末年始の旅 21.jpg

そして13:10頃、古巣岳(391m)登頂。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 3日目② [旅]

2018年末年始の旅3日目。

20181230 年末年始の旅 55.jpg

名護市内の宿をチェックアウトして、うるま市に移動。
沖縄県立石川少年自然の家からCコースを登り、石川岳(204m)山頂に到着。
山頂には男女2名がいた。
最初の登りを見てBCコースはあきらめて、Aコースで登ってきたという。

20181230 年末年始の旅 56.jpg

三等三角点

20181230 年末年始の旅 57.jpg

谷茶方面

20181230 年末年始の旅 58.jpg

恩納方面

20181230 年末年始の旅 59.jpg

金武方面

20181230 年末年始の旅 60.jpg

石川石炭火力発電所方面

20181230 年末年始の旅 61.jpg

石川方面

20181230 年末年始の旅 62.jpg

伊波方面

20181230 年末年始の旅 63.jpg

さて13:05頃、下山開始する。
下山道は1本のみ。
先ほどすれ違った外国人男性は、登山ルートの方へ下って行ったという事か。

20181230 年末年始の旅 64.jpg

割と平坦で歩きやすい道。

20181230 年末年始の旅 65.jpg

と、思っていたら、しりもち坂あたりから、急な下りになる。

20181230 年末年始の旅 66.jpg

滑りやすいがロープがあるので大丈夫。

20181230 年末年始の旅 67.jpg

いきなりコンクリートが現れる。
給水の施設だろうか。

20181230 年末年始の旅 68.jpg

広い場所に出た。

20181230 年末年始の旅 69.jpg

気分のいい道。

20181230 年末年始の旅 70.jpg

そして13:15頃、登山道入り口に合流。
登りは1時間20分、下りは10分ほどかかったことになる。

20181230 年末年始の旅 71.jpg

ハイビスカスを発見。

20181230 年末年始の旅 72.jpg

そして13:25頃、沖縄県立石川少年自然を後にする。

20181230 年末年始の旅 73.jpg

車に戻ると強めの雨が降ってきた。
雨に濡れずにちょうどいいタイミングだったらしい。

20181230 年末年始の旅 74.jpg

本日の宿に向け、R329を南下する。

20181230 年末年始の旅 75.jpg

74号線に入る。

20181230 年末年始の旅 76.jpg

85号線で北谷方面へ向かう。

20181230 年末年始の旅 77.jpg

R58を左折する。

20181230 年末年始の旅 78.jpg

途中で「タウンプラザかねひで 牧港店」を発見。

20181230 年末年始の旅 79.jpg

前回、限定醸造のいちばん桜があまり口に合わなかったので、オリオンビールの麦職人6缶(1,078円)を購入。

20181230 年末年始の旅 80.jpg

本日宿泊する宿はすぐのはず。

20181230 年末年始の旅 81.jpg

そして14:30頃「ホテルキング」に到着。

20181230 年末年始の旅 82.jpg

なかなか渋い造り。
料金は3,000円。

20181230 年末年始の旅 83.jpg

部屋のある5Fまではエレベーターで向かう。

20181230 年末年始の旅 84.jpg

部屋の中もなかなか渋い。
そして物凄くたばこ臭い。
まるで今たばこを吸っていたような臭いが漂っているので、窓を開けて換気する。

20181230 年末年始の旅 85.jpg

ベッドは2つ。

20181230 年末年始の旅 86.jpg

十分な広さ。

20181230 年末年始の旅 87.jpg

テレビと冷蔵庫
冷蔵庫は冷凍庫付きでなかなかいい。

20181230 年末年始の旅 88.jpg

テーブルとイス

20181230 年末年始の旅 89.jpg

アンティークなクローゼット

20181230 年末年始の旅 90.jpg

トイレとシャワー

20181230 年末年始の旅 91.jpg

洗面台

20181230 年末年始の旅 92.jpg

アメニティ

20181230 年末年始の旅 93.jpg

角部屋のため窓は2つある。
こちらはR58側で、キャンプキンザーが目の前に見える。

20181230 年末年始の旅 94.jpg

こちらは浦添市役所方面。
さてこの後部屋でメールチェックなどしながらロング缶2本を開ける。

20181230 年末年始の旅 95.jpg

この日は知人オススメのそば屋に行くため、15:45頃歩いて出かける。

20181230 あじゃず 01.jpg

30分ほど歩き「あじゃず」に到着。

20181230 あじゃず 06.jpg

ここで沖縄そば大盛(540円+100円)をいただく。

20181230 年末年始の旅 96.jpg

再び歩いて宿に戻る。

20181230 年末年始の旅 97.jpg

連日の散策でちょっと疲れていたので、この日は22:00頃就寝した。

【散策メモ】
2018年12月30日(日)
石川青少年の家~涼風の森~原始の森~ターザン広場~神秘の流れ~友愛の池~無言の坂~石川岳~しりもち坂~石川青少年の家
歩数:18,724歩
歩行距離:12,170m
歩行時間:2時間53分
消費カロリー:515.9kcal


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 3日目① [旅]

2018年末年始の旅3日目。
名護市内の宿に連泊して4:00過ぎに起床する。
この日は「浜屋」でゆしどうふそばを朝イチにいただき、うるま市にある石川岳に登山することにした。

20181230 年末年始の旅 01.jpg

9:00頃チェックアウトして出発。
この日は曇りで、前日と同じような天候。

20181230 年末年始の旅 02.jpg

R58を南下する。

20181230 年末年始の旅 03.jpg

10:00頃、北谷に到着。

20181230 年末年始の旅 04.jpg

「浜屋」が開店する10:30まで海を眺めて待つ。

20181228 浜屋 01.jpg

10:30になり店に行くと、5~6人が並んでいた。

20181230 浜屋 01.jpg

ここでゆしどうふそば大盛(550円+100円)をいただく。
先日いただいた際は今イチだったが、朝イチに来てみたところ予想通りなかなかおいしかった。

20181230 年末年始の旅 05.jpg

R58から23号線、85号線を進んでいく。

20181230 年末年始の旅 06.jpg

74号線を知花方面に右折。

20181230 年末年始の旅 07.jpg

R329を左折してうるま市に入る。

20181230 年末年始の旅 08.jpg

登山口のある沖縄県立石川少年自然の家に向かう。

20181230 年末年始の旅 09.jpg

沖縄県立石川少年自然の家の駐車場に車を停める。
駐車料金は無料。

20181230 年末年始の旅 10.jpg

ところが沖縄県立石川少年自然の家に到着すると、本日は休所日とある。
どうしようか。
すると付近に関係者と思われる方がいたので聞いてみると、休所日でも登山は可能とのことなので登ることにした。

20181230 年末年始の旅 11.jpg

こちらが施設案内図。
登山コースは3つある。
Aコース:頂上への単純往復(1時間~1時間30分)
Bコース:涼風の森、原始の森を経由する(2時間~3時間)
Cコース:神秘の流れを経由する(3時間~5時間)
この日は時間がたっぷりあるので、Cコースを選択。

20181230 年末年始の旅 12.jpg

登山口に向かう。

20181230 年末年始の旅 13.jpg

あそこに登るのか。

20181230 年末年始の旅 14.jpg

11:40頃、登山口に到着。

20181230 年末年始の旅 15.jpg

いきなりロープのある登り。

20181230 年末年始の旅 16.jpg

なかなか厳しい登りが続く。

20181230 年末年始の旅 17.jpg

5分ほど進み息切れの坂に到着。
ここまででも結構息切れしているのだが・・・

20181230 年末年始の旅 18.jpg

足元には所々にオカガニの巣穴がある。

20181230 年末年始の旅 19.jpg

そして確かに息切れする坂が続く。

20181230 年末年始の旅 20.jpg

途中、金武港方面の展望が開ける。
真ん中に見えるのは石川石炭火力発電所。

20181230 年末年始の旅 21.jpg

13分ほどでAコースとBCコースとの分岐を通過。

20181230 年末年始の旅 22.jpg

途中、展望が開けアンテナなどが見えた。
ちなみに調べてみたが何の施設なのかは分からなかった。

20181230 年末年始の旅 23.jpg

15分ほど進み涼風の森に到着。

20181230 年末年始の旅 24.jpg

確かに涼しい風が吹いている気がする。

20181230 年末年始の旅 25.jpg

そして道は下りになる。

20181230 年末年始の旅 26.jpg

23分ほど進み原始の森に到着。

20181230 年末年始の旅 27.jpg

確かに原生林らしい道に変わる。

20181230 年末年始の旅 28.jpg

そして沢が流れている。

20181230 年末年始の旅 29.jpg

28分ほどでBコースとCコースとの分岐を通過。

20181230 年末年始の旅 30.jpg

29分ほど進みターザン広場に到着。
ロープなど使った遊具がある。

20181230 年末年始の旅 31.jpg

先に進む。

20181230 年末年始の旅 32.jpg

沢を渡る。
この辺りは神秘の流れというらしい。

20181230 年末年始の旅 33.jpg

沢の中を進んでいく感じになる。

20181230 年末年始の旅 34.jpg

再び沢を渡る。

20181230 年末年始の旅 35.jpg

だんだん水量が増えてきた。

20181230 年末年始の旅 36.jpg

この後も何度か沢を渡って進んでいく。

20181230 年末年始の旅 37.jpg

原生林感がかなり増えてきた。

20181230 年末年始の旅 38.jpg

まるで密林のよう。

20181230 年末年始の旅 39.jpg

小さな滝が見えてきた。

20181230 年末年始の旅 40.jpg

滝を振り返る。
この辺りは友愛の池というらしい。

20181230 年末年始の旅 41.jpg

滝の横からは頂上まで800m。

20181230 年末年始の旅 42.jpg

ロープのある登り。

20181230 年末年始の旅 43.jpg

53分ほど進み無言の坂に到着。

20181230 年末年始の旅 44.jpg

確かに無言になる辛い登り。

20181230 年末年始の旅 45.jpg

市民の森へ続く緊急下山道を通過。

20181230 年末年始の旅 46.jpg

頂上まであと500m。
2つ目の緊急下山道を通過。

20181230 年末年始の旅 47.jpg

この花は何という名前だろう。

20181230 年末年始の旅 48.jpg

3つ目の緊急下山道を通過。

20181230 年末年始の旅 49.jpg

平らな道になりホッとする。

20181230 年末年始の旅 50.jpg

谷茶方面の展望が開ける。

20181230 年末年始の旅 51.jpg

高い場所が見えなくなってきた。

20181230 年末年始の旅 52.jpg

城の展望台への分岐を通過。

20181230 年末年始の旅 53.jpg

もうすぐ山頂のはず。
この辺りで外国人男性とすれ違う。

20181230 年末年始の旅 54.jpg

ここを登れば、、、

20181230 年末年始の旅 55.jpg

そして13:00頃、石川岳(204m)山頂に到着。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 2日目④ [旅]

2018年末年始の旅2日目。

20181229 年末年始の旅 92.jpg

嘉津宇岳、三角山に続いて、安和岳(432m)登頂。

20181229 年末年始の旅 93.jpg

八重岳方面

20181229 年末年始の旅 94.jpg

嘉津宇岳方面

20181229 年末年始の旅 95.jpg

名護市街方面

20181229 年末年始の旅 96.jpg

名護湾方面

20181229 年末年始の旅 97.jpg

名護湾

20181229 年末年始の旅 98.jpg

本部方面

20181229 年末年始の旅 99.jpg

今帰仁村方面
山頂からの景色はだいたい同じかな。

20181229 年末年始の旅 100.jpg

13:40頃、三角山に戻る。

20181229 年末年始の旅 101.jpg

密林の中を進む。

20181229 年末年始の旅 102.jpg

相変わらずの岩。

20181229 年末年始の旅 103.jpg

この上を歩いて進むのだが、不安定で歩きづらい。
転んだりしたら突き刺さりそう。

20181229 年末年始の旅 104.jpg

三角山が見えてきた。

20181229 年末年始の旅 105.jpg

南国感満載。

20181229 年末年始の旅 106.jpg

フラットなルートになるとホッとする。

20181229 年末年始の旅 107.jpg

再び厳しい岩山。

20181229 年末年始の旅 108.jpg

この辺りでアメリカ人のファミリーとすれ違う。
3人の子連れなのだが、お父さんは半そで、3歳くらいのLadyは素足にCrocs。
トレッキング用シューズでも歩きづらいし、長ズボンを履いていても、足が岩に擦れいくつか傷ができている。
そんな中で半そでや素足とは、、、アメリカ人て凄いな。

20181229 年末年始の旅 109.jpg

14:15頃、三角山まで戻ってきた。

20181229 年末年始の旅 110.jpg

そのまま下り続ける。

20181229 年末年始の旅 111.jpg

引き続き岩には気を付けて進んでいく。

20181229 年末年始の旅 112.jpg

原生林の中をグングン下っていく。

20181229 年末年始の旅 113.jpg

そして14:47頃、最初の分岐に到着。
ここで男女2人のペアに会ったが、これから三角山方面に向かうという。
私は古巣岳に向かおうか悩んでいたが、往復2時間ほどかかりそうなのでやめておくことにした。
ちなみに女性の持っている本によると、古巣岳までは40分と書いてあるという。

20181229 年末年始の旅 114.jpg

引き続き下っていく。

20181229 年末年始の旅 115.jpg

距離は歩いていないが、原生林の岩山の往復により、結構疲れている。
古巣山に行かなくて正解だろう。

20181229 年末年始の旅 116.jpg

シークヮーサー畑に出て古巣山を眺めてみる。
山頂の少し下にはカルストの岩が見える。

20181229 年末年始の旅 117.jpg

そして15:08頃、登山口まで戻ってきた。

20181229 年末年始の旅 118.jpg

先ほどは気付かなかったが、山のぼりパンフレット入れがあった。
ただし開けてみたが空っぽ。

20181229 年末年始の旅 119.jpg

さて勝山公民館に向かう。
シークヮーサーに空き缶のようなものが取り付けられている。
見るとミバエ調査中とある。

20181229 年末年始の旅 120.jpg

そして15:15頃、勝山公民館に戻ってきた。
ここから往復3時間45分ほどの行程であった。
ところで隣に停まっている車はYナンバー。
おそらく先ほどすれ違ったアメリカ人ファミリーの車と思われる。

20181229 年末年始の旅 121.jpg

あらためて登ってきた山々を振り返る。
今回の旅で古巣岳には再チャレンジしてみよう。

20181229 年末年始の旅 122.jpg

さて宿に戻ろう。

20181229 年末年始の旅 123.jpg

R449、R58を進んでいく。

20181229 年末年始の旅 124.jpg

そして15:35頃、宿に到着。

20181229 年末年始の旅 125.jpg

部屋に戻り、前日購入した塩子亀でビールをいただく。
この後沖縄そばをいただきにすぐ近くの「新山そば」に向かうが閉店済み。
第2候補の「薫風」に15分ほど歩いて向かうが、こちらも閉店済み。
どちらも営業時間内なのだが、、、沖縄らしい。

20181229 宮里そば 01.jpg

第3候補「宮里そば」は営業中。

20181229 宮里そば 05.jpg

ここでソーキそば(600円)をいただく。
この日は疲れたので、宿に戻り早めに就寝することにした。

【散策メモ】
2018年12月29日(土)
展望台駐車場~嘉津宇岳~展望台駐車場・・・勝山公民館駐車場~旧日本軍陣地跡~三角山~安和岳~三角山~勝山公民館駐車場
歩数:22,356歩
歩行距離:14,531m
歩行時間:3時間42分
消費カロリー:601.5kcal


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 2日目③ [旅]

2018年末年始の旅2日目。

20181229 年末年始の旅 55.jpg

嘉津宇岳登山を終え三角山経由、安和岳への登山口に到着。

20181229 年末年始の旅 56.jpg

最初はシークヮーサー畑の中を進んでいく。

20181229 年末年始の旅 57.jpg

畑の中にはいくつか分岐があるが、勘で進んでいけば大丈夫な感じ。

20181229 年末年始の旅 58.jpg

登山口から7~8分進むと畑を抜け、岩場が見えてくる。

20181229 年末年始の旅 59.jpg

岩場は枯れた沢のようで、雨が降れば水が流れるのだろう。

20181229 年末年始の旅 60.jpg

登山口から15分ほどで分岐に到着。
左が目的の三角山、直進は嘉津宇岳方面、右は古巣岳となる。

20181229 年末年始の旅 61.jpg

なかなか登りがいのある岩場が続いている。

20181229 年末年始の旅 62.jpg

この辺に旧日本軍陣地跡があるそうなのだが、これだろうか。

20181229 年末年始の旅 63.jpg

中には10人位は入れそうな広さ。

20181229 年末年始の旅 64.jpg

それにしても厳しい岩場の登りが続く。

20181229 年末年始の旅 65.jpg

そして旧日本軍陣地跡を発見。
壊れかけの表示に旧日本軍とあるので間違いないだろう。

20181229 年末年始の旅 66.jpg

中を覗いてみると、かなり広くて深い。

20181229 年末年始の旅 67.jpg

ここで命を落とした人もいるだろう。
霊感が強いという事はないのだが、中を見た瞬間に何かを感じ取った。

20181229 年末年始の旅 68.jpg

先に進む。
ところでルートには5mか10m間隔ごとに、ピンクや赤のテープがあり迷うことはない。
というかテープが無ければ10mほどで迷ってしまうだろう。
それぐらい原生林感が満載。

20181229 年末年始の旅 69.jpg

45分ほど登ると、上の方が明るくなってきた。
いよいよ山頂か。

20181229 年末年始の旅 70.jpg

山頂が見えてきた。

20181229 年末年始の旅 71.jpg

そして12:50頃、三角山(290m)登頂。

20181229 年末年始の旅 72.jpg

名護市街方面

20181229 年末年始の旅 73.jpg

名護湾方面

20181229 年末年始の旅 74.jpg

本部方面

20181229 年末年始の旅 75.jpg

安和岳方面

20181229 年末年始の旅 76.jpg

古巣岳方面

20181229 年末年始の旅 77.jpg

さて安和岳に向かう。

20181229 年末年始の旅 78.jpg

カルストの岩の上を進んでいく。

20181229 年末年始の旅 79.jpg

その先は安和岳に続いている。

20181229 年末年始の旅 80.jpg

岩は鎗の先のように尖っている。

20181229 年末年始の旅 81.jpg

転んだりしたら、ただでは済まない。

20181229 年末年始の旅 82.jpg

少し下っていくと、密林に入る。
この中は尖った岩が露出していないので歩きやすい。
山頂付近などは木々が生えずらいせいか岩が露出しているが、木々が生えている所は落ち葉が堆積して岩を隠している。
木々は水を貯えるし、日光や風なども遮ってくれる。
たいしたものである。

20181229 年末年始の旅 83.jpg

5分ほど進み三角山方面を振り返る。

20181229 年末年始の旅 84.jpg

再び岩場になる。

20181229 年末年始の旅 85.jpg

険しい山道が続く。

20181229 年末年始の旅 86.jpg

この先が見えないが、そろそろ到着か。

20181229 年末年始の旅 87.jpg

と思ったら、まだまだ山道は続いている。

20181229 年末年始の旅 88.jpg

低い草が増えてきた。

20181229 年末年始の旅 89.jpg

ん、先が見えなくなってきた。
到着かな。

20181229 年末年始の旅 90.jpg

ルートが見えづらい。

20181229 年末年始の旅 91.jpg

咲いているのはタチアワユキセンダングサ。
踏まないよう注意して進む。

20181229 年末年始の旅 92.jpg

そして13:30頃、安和岳(432m)登頂。


人気ブログランキングへ

2018年年末年始の旅 2日目② [旅]

2018年末年始の旅2日目。

20181229 年末年始の旅 26.jpg

朝から行動開始をして、嘉津宇岳(452m)登頂。
山頂には小学生の集団がいる。
カルストの岩が露出する狭い山頂なのだが、風が強くてふらつかないよう注意しながら、山頂からの景色を撮影する。

20181229 年末年始の旅 27.jpg

八重岳

20181229 年末年始の旅 28.jpg

伊豆見方面

20181229 年末年始の旅 29.jpg

屋我地島方面

20181229 年末年始の旅 30.jpg

名護市街方面

20181229 年末年始の旅 31.jpg

名護湾方面

20181229 年末年始の旅 32.jpg

本部方面

20181229 年末年始の旅 33.jpg

登山口駐車場がはるか下に見える。

20181229 年末年始の旅 34.jpg

名護市街を挟んで2つの海を見ることができる。
こちらは羽地内海。

20181229 年末年始の旅 35.jpg

こちらは名護湾。

20181229 年末年始の旅 36.jpg

さて嘉津宇岳から古巣岳に向かうルートがあるのだが、山頂にルートの案内がない。
また周囲に見える山のどれが古巣岳だか分からない。
風も強いし雨も降ってきた。
方向が分からず、風雨の中、歩きづらいカルストの岩を進んでいくのは危険と判断して、下山することにした。

20181229 年末年始の旅 37.jpg

10:52頃、下山開始。

20181229 年末年始の旅 38.jpg

雨で滑りやすくなっているので、滑らないよう注意して進む。

20181229 年末年始の旅 39.jpg

あちこちに不思議な形の岩が見られる。

20181229 年末年始の旅 40.jpg

それにしても南国らしい雰囲気。

20181229 年末年始の旅 41.jpg

原生林に近い感じ。

20181229 年末年始の旅 42.jpg

11:16頃、登山口駐車場に戻ってきた。
登り28分、下り24分ほどのコースであった。
さてここで少し考えるが、かなり歩き足りないので、翌日以降に行こうと考えていた三角山、安和岳に向かうことにした。

20181229 年末年始の旅 43.jpg

あらためて見てみると、山頂付近は結構尖っている。

20181229 年末年始の旅 44.jpg

下り始めると、シークヮーサーの無人販売を発見。
来た時は商品がなかったが、今は商品が並んでいる。
この辺りはシークヮーサーの産地。
試食OKとあるので、1ついただいてみる。

20181229 年末年始の旅 45.jpg

サイズはみかんより小ぶり。

20181229 年末年始の旅 46.jpg

皮をむいてみると、みかんよりオレンジ色が薄い。
いただいてみると、やや酸味を感じるが、酸っぱいというほどではない。
ただ種がたくさん含まれるので、少し食べづらい。
10個ほど入って100円と格安だが、こんなに食べきれないので購入は断念する。

20181229 年末年始の旅 47.jpg

再出発して、嘉津宇岳入口まで戻ってきた。

20181229 年末年始の旅 48.jpg

嘉津宇岳入口すぐ近くにある、勝山公民館前の路肩スペースに駐車する。
ちなみに勝山公民館前にはトイレもあり。

20181229 年末年始の旅 49.jpg

嘉津宇岳入口すぐ横から登山口に向かう。

20181229 年末年始の旅 50.jpg

目の前にはこれから登る山並みが見えてくる。
左から三角山、安和岳、八重岳、古巣岳で、今回の旅では八重岳以外に登る予定。

20181229 年末年始の旅 51.jpg

路肩に生えるパパイヤが南国らしい。

20181229 年末年始の旅 52.jpg

先ほどから見かけるヤギ肉販売の看板。
さしみ、ヤギ汁用とあるが、さしみとはヤギの生食用の肉の事らしい。

20181229 年末年始の旅 53.jpg

道沿いにはたくさんのヤギが飼われている。

20181229 年末年始の旅 54.jpg

道の両側にはシークヮーサー畑が続いている。

20181229 年末年始の旅 55.jpg

10分ほど歩き登山口に到着。
時刻は12:00を過ぎたところ。
ここから三角山経由、安和岳への往復をする。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 2日目① [旅]

2018年末年始の旅2日目。
名護市内の宿に宿泊して4:00過ぎに起床する。
起床後はメールチェックなどをして、7:00過ぎに朝食に向かう。

20181229 年末年始の旅 01.jpg

朝食会場は隣の「山田荘」になる。

20181229 年末年始の旅 02.jpg

この日1番乗りかな。

20181229 年末年始の旅 03.jpg

半セルフサービスのスタイル。

20181229 年末年始の旅 04.jpg

部屋番号を伝えると基本のセットが渡される。
ポーク、野菜、味付け海苔が並んでいる。

20181229 年末年始の旅 05.jpg

豆腐、納豆、漬物が並んでいるのでトレーにのせていく。

20181229 年末年始の旅 06.jpg

ご飯とみそ汁はセルフ。
普段朝食はいただかないのだが、この日は嘉津宇岳と古巣岳に登るの予定なので、しっかりといただく。

20181229 年末年始の旅 07.jpg

宿には連泊するので、必要な装備だけ持って9:30頃出発。
出発時の天候は曇りだが、雨は降らないで欲しい。

20181229 年末年始の旅 08.jpg

R58を北上する。

20181229 年末年始の旅 09.jpg

山並みが見えてきた。

20181229 年末年始の旅 10.jpg

嘉津宇岳入口を右折する。

20181229 年末年始の旅 11.jpg

グングン登っていく。

20181229 年末年始の旅 12.jpg

目の前に嘉津宇岳が迫ってきた。
嘉津宇岳入口を右折する。

20181229 年末年始の旅 13.jpg

やんばるの森っぽい感じがしてきた。

20181229 年末年始の旅 14.jpg

登山口駐車場に到着。
かなり広めの駐車場。

20181229 年末年始の旅 15.jpg

トイレ

20181229 年末年始の旅 16.jpg

展望台

20181229 年末年始の旅 17.jpg

展望台からは名護湾が眺められる。

20181229 年末年始の旅 18.jpg

展望台の標高は270mなので、嘉津宇岳山頂まで180mほど登ることになる。

20181229 年末年始の旅 19.jpg

準備をして9:52頃登山開始。

20181229 年末年始の旅 20.jpg

最初は階段状の山道を登る。

20181229 年末年始の旅 21.jpg

続いて露出する岩を登っていく。
結構きつい登り。

20181229 年末年始の旅 22.jpg

10分ほど登るとフラットになりホッとする。

20181229 年末年始の旅 23.jpg

ところが再び岩が露出する。

20181229 年末年始の旅 24.jpg

カルスト特有の鋭い岩。
転んだりするとダメージが大きそう。

20181229 年末年始の旅 25.jpg

25分ほど登ると先が明るくなってくる。

20181229 年末年始の旅 26.jpg

そして10:20頃、嘉津宇岳(452m)登頂。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 1日目② [旅]

2018年末年始の旅。
羽田を早朝に出発して那覇に到着。

20181228 年末年始の旅 29.jpg

レンタカーの手続きを完了して、12:00頃出発する。

20181228 年末年始の旅 31.jpg

まずは沖縄そばをいただきにレンタカーを走らせる。

20181228 年末年始の旅 32.jpg

先ほど来た那覇空港方面に向かうのだが、道路は渋滞している。

20181228 年末年始の旅 33.jpg

ところでこのNissan Noteなのだが、乗ってみてまず気付いたのが視認性の悪さ。
サイドミラーの視認性悪く、妙に傾けられたAピラー。
傾けられたAピラーはかなり前方に寄っていて、フロントガラスにダッシュボードが写り込んでしまい、左方向がよく見えない。
ダッシュボードにあるエアコンの吹き出し口やビス止めの跡などがフロントガラスに写り込み、運転中常に視界に入ってきてしまい、前方視界の妨げになっている。
ピラーはアイボリーカラーのため、グレーのダッシュボードよりもさらに映り込みが激しく、コーナーリング時の左右の見通しが悪くなっている。
意味不明のフロントの三角の窓など、どういう理由でデザインされたのだろう。
フロントガラスへの写り込みは、購入してからスクラップにするまでずっと付きまとうもの。
この車をデザインした人は、このことについてどう考えているのだろうか。
というか、考えていないからこうなっているのだろう。

20180707 suzuki jimny 38.jpg

こちら以前試乗したSuzuki Jimny。
Aピラーは切り立っていて視界良好。
大きく見やすいサイドミラーに前後下を見るサイドアンダーミラーが装着され、それらが見やすいようなドア形状になっていて、まったく無駄のないデザイン。

20181228 年末年始の旅 34.jpg

リアの三角窓も視界が悪い。
なぜ、もっと広い視界を確保しないのか。
左車線に移る際、左後方を確認するのだが、肝心な左後方がよく見えない。
そして本来あるはずないシートベルト取り付け部が、後方を確認した際に影となり、後方に他の車があるように見えてしまい、左車線に移動するたびにヒヤッとしてしまう。
そしてリアドアまでがグレー、三角窓付近はアイボリーなので、リアを目視するたびにそのコントラストの差にすぐに目が慣れず、結果的に後方確認に遅れが出てしまう。
デザインとは機能のパッケージングであり、デザイナーと呼ばれる人達の意味のない遊びに付き合わされるのはとっても苦痛。

20181228 年末年始の旅 35.jpg

さてR58からそばをいただきに「浜屋」に向かう。

20181228 浜屋 01.jpg

「浜屋」には13:00過ぎに到着。

20181228 浜屋 05.jpg

ここでゆしどうふそば(550円)をいただく。

20181228 年末年始の旅 36.jpg

食後はR58を北上。
南国らしい街路樹が並ぶ。

20181228 年末年始の旅 37.jpg

前方に海が見えてきた。
この辺りで睡魔に襲われる。

20181228 年末年始の旅 38.jpg

時間に余裕があるので、みゆきビーチ手前のパーキングで50分ほど仮眠する。

20181228 年末年始の旅 39.jpg

再出発して、この日宿泊する名護に入る。

20181228 年末年始の旅 40.jpg

宿に向けて84号線に入る。

20181228 年末年始の旅 41.jpg

宿に到着する前に「サンエー 東江ショッピングタウン」で買い物をする。

20181228 年末年始の旅 42.jpg

沖縄らしく豆腐関係が充実。

20181228 年末年始の旅 43.jpg

こちらは沖縄そば関係。

20181228 年末年始の旅 44.jpg

沖縄では箱買いされるというシー〇キンは、御年賀用も山積みされている。

20181228 年末年始の旅 45.jpg

さてここでビールを選択。
もちろんオリオンビールなのだが、2019 限定醸造のいちばん桜を選択。
もう桜とはさすが沖縄。

20181228 年末年始の旅 46.jpg

こちらでおつまみと土産を選択。
ビール6缶、おつまみ、土産でお会計は2,901円。

20181228 年末年始の旅 47.jpg

買い物を終え宿に向かう途中に、あなだ橋に大きなガジュマルの樹を発見。
ひんぷんガジュマルというらしい。

20181228 年末年始の旅 48.jpg

設置されてる石碑三府龍脈碑がひんぷんに似ているため、この名前になったという。

20181228 年末年始の旅 49.jpg

樹齢は280年から300年、樹高19m、幹周囲10m、樹冠30m。
1956年沖縄県の天然記念物に、1997年国の天然記念物に指定された。
周辺に以前の写真が掲示されていたので見てみる。

20181228 年末年始の旅 50.jpg

1924年頃

20181228 年末年始の旅 51.jpg

1949年頃

20181228 年末年始の旅 52.jpg

1989年頃

20181228 年末年始の旅 53.jpg

さてひんぷんガジュマルの隣に、持ち帰り可能なお好み焼きの店を発見。
後で来てみようかな。

20181228 年末年始の旅 54.jpg

本日の宿「名護ビジネスホテルには16:30頃到着。

20181228 年末年始の旅 55.jpg

日本庭園的なエントランス。

20181228 年末年始の旅 56.jpg

池には立派な鯉が泳いでる。

20181228 年末年始の旅 57.jpg

フロントに行くと、チェックインは向かいの「ホテル山田荘」になるとある。
「ホテル山田荘」でチェックイン完了。
料金は1泊目が朝食付きで5,300円、2泊目が素泊まりで4,800円。

20181228 年末年始の旅 58.jpg

「名護ビジネスホテルには」に戻ると、フロント付近に電子レンジ発見。
お好み焼きを持ち帰って、温め直すことが可能。

20181228 年末年始の旅 59.jpg

ソフトドリンク系の自販機。
料金は普通。

20181228 年末年始の旅 60.jpg

3Fに向かう。
エレベーターはないが問題なし。

20181228 年末年始の旅 61.jpg

部屋に入る。

20181228 年末年始の旅 62.jpg

シンプルなベッド

20181228 年末年始の旅 63.jpg

液晶テレビと浴衣類

20181228 年末年始の旅 64.jpg

テーブルと冷蔵庫

20181228 年末年始の旅 65.jpg

トイレとシャワー
バスタブはないが問題なし。

20181228 年末年始の旅 66.jpg

外の景色

20181228 年末年始の旅 67.jpg

こちらが本日購入した品。

20181228 年末年始の旅 68.jpg

さて部屋でメールチェックなどして、18:00過ぎから付近の店を散策しに出かける。

20181228 年末年始の旅 69.jpg

19:00近くになるというのに、メインストリート付近に人は少ない。
そのせいか店頭のメニューを見ると、格安に飲める感じ。

20181228 味ノ坊 01.jpg

外飲みしようか少し考えたが部屋で飲みたかったので、昼間見つけた「味ノ坊」で持ち帰り。

20181228 味ノ坊 05.jpg

豚焼きそば(630円)イカ焼き(280円)をビールといただく。
ところで限定醸造のいちばん桜だが、今イチ私に合わなかった。
ノーマルのオリオンビールの方がよかったかな。
夜は少し冷えてきたので、エアコンをつける。
そして翌日の登山に備え、10:00過ぎに就寝した。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 1日目① [旅]

2018年末年始の旅。
今回は12月28日(金)~1月1日(火)の5日間。

20181228 年末年始の旅 01.jpg

自宅を5:30頃出発して、羽田には6:25頃到着。

20181228 年末年始の旅 02.jpg

今回はANA463便で那覇に向かう。
羽田を7:40に出発して那覇に10:35に到着する便。

20181228 年末年始の旅 03.jpg

手荷物検査を通過。

20181228 年末年始の旅 04.jpg

搭乗口には6:50頃到着。
出発まで50分ほどある。

20181228 年末年始の旅 05.jpg

ANA463便は到着済。
ロング缶を飲んで待つが、少しお腹が空いてきたので、食べ物を探しに行く。

20181228 年末年始の旅 06.jpg

早朝からオープンしているANA FESTAの店が隣にあった。
店内でいただくそば、うどん、おむすびと、持ち帰りできるおむすびがあったので、おむすびを2つ持ち帰りでオーダー。

20181228 年末年始の旅 07.jpg

生たらこ(230円)秋鮭粗ほぐし(210円)
搭乗口で出発を待ちながらいただく。

20181228 年末年始の旅 08.jpg

そして7:15頃搭乗開始。

20181228 年末年始の旅 09.jpg

機体はBoeing社のB777-200。
座席の様子はシンプル。
冊子類は上の方に収納するタイプ。

20181228 年末年始の旅 10.jpg

座席は一番後ろを指定した。

20181228 年末年始の旅 11.jpg

機内は満席。

20181228 年末年始の旅 12.jpg

ANA463便は定刻より5分ほど遅れて出発。

20181228 年末年始の旅 13.jpg

さらに離陸待ちで渋滞していたため、10分ほど遅れて離陸する。

20181228 年末年始の旅 14.jpg

離陸してすぐに東京湾アクアラインが見えた。

20181228 年末年始の旅 15.jpg

雲の上に出る。

20181228 年末年始の旅 16.jpg

20分ほどで静岡県御前崎付近を通過。

20181228 年末年始の旅 17.jpg

離陸して20分ほどでドリンクサービスがあり、冷たいお茶にした。

20181228 年末年始の旅 18.jpg

この日は早起きしたので、1時間20分ほど眠り目が覚める。

20181228 年末年始の旅 19.jpg

10:30頃になり、着陸態勢に入る。

20181228 年末年始の旅 20.jpg

雲の下に出る。
機内放送によると沖縄の天気は雨だという。
ちなみにこの日以降も曇りや雨の予報で今イチの天候。
なんとか雨は降らないで欲しい。

20181228 年末年始の旅 21.jpg

そして10:47頃着陸。

20181228 年末年始の旅 22.jpg

定刻より15分ほど遅れて、那覇空港に到着。

20181228 年末年始の旅 23.jpg

雨に備え機内でサンダルからトレッキングシューズに履き替える。

20181228 年末年始の旅 24.jpg

2016年GW以来の沖縄。
ワクワクである。

20181228 年末年始の旅 25.jpg

到着後まずはレンタカーを借りに行く。
レンタカー会社に電話すると、10~15分くらいで迎えに来るという。

20181228 年末年始の旅 26.jpg

ここでレンタカー会社の迎えを待つ。

20181228 年末年始の旅 27.jpg

10分ほどで迎えが来て、事務所に向かう。

20181228 年末年始の旅 28.jpg

事務所までは10分ほどの道のりだが、渋滞のため30分ほどで事務所に到着。
プレハブ建てで、窓口が2つしかないこじんまりとした事務所。
今回利用するのは「DHレンタカー 那覇空港店」。
5日間のレンタルで免責補償込み8,200円と格安。
現地で安心ワイド補償2,700円に加入して10,900円となるが、クーポン利用で10,400円。

20181228 年末年始の旅 29.jpg

車種はNissan Note。

20181228 年末年始の旅 30.jpg

走行距離は17,155km。
スタッフの話によると、沖縄は前日までは半そでで過ごせたが、今日から寒くなったという。
全国的に寒波が来ている影響だろう。

20181228 年末年始の旅 31.jpg

手続きを完了して、12:00頃出発する。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年沖縄の旅 計画編 [旅]

2018年年末年始はふと思い立って沖縄に行くことにした。
年末年始の休みは12月28日(金)~1月6日(日)の10日間。
このうち前半の12月28日(金)~1月2日(水)の6日間で沖縄の旅を計画。
まずはフライトを検索してみた。
羽田発は横浜から始発電車で向かい搭乗時間にやや余裕のある7:30前後、那覇発はホテルをチェックアウトしてちょうどいい10:00頃のフライトにしようと思う。

20181203 沖縄 01.jpg

ANA
羽田発:07:40発 21,990円
那覇発:10:15発 24,390円
合計金額:46,380円
時間的にはちょうどいい。
ANAののマイレージは貯めていないが、Unitedのマイレージが貯まるのもいい。

20181203 沖縄 02.jpg

JAL
羽田発:07:40発 21,990円
那覇発:10:05発 28,090円
合計金額:50,080円
価格はANAより4,300円ほど割高。
それとJALのマイレージは貯めていないので、Unitedのマイレージが貯まるANAが有利。

20181203 沖縄 03.jpg

SKYMARK
羽田発:08:15発 28,790円
那覇発:10:45発 28,790円
合計金額:57,580円
価格はかなり割高でLCCのメリット無し。

20181203 沖縄 04.jpg

Jetstar
成田発:08:55発 24,170円
那覇発:11:30発 17,870円
合計金額:42,040円
成田発着となる。
ANAより4,340円ほど格安になるが、成田往復の交通費と時間を考えるとメリットは感じられない。
なお座席指定は別途料金が必要となる。
以上になるが、価格、マイレージの面でANAが有利な結果となった。
さてここでちょっと考える。
最終日の1月2日は朝起きて羽田に帰るだけなので、1日前の夜便はどうかな。
ちなみに1月1日の夜は、いつも通り5,000円ほどの格安ホテルを予約済。

20181203 沖縄 05.jpg

ANA
羽田発:07:40発 21,990円
那覇発:20:55発 17,990円
合計金額:39,980円
1月2日発より6,400円格安。

20181203 沖縄 06.jpg

JAL
羽田発:07:40発 21,990円
那覇発:20:50発 20,790円
合計金額:42,780円
1月2日発より6,400円格安。

20181203 沖縄 07.jpg

SKYMARK
羽田発:08:15発 28,790円
那覇発:22:55発 12,790円
合計金額:42,780円
1月2日発より14,800円格安。

20181203 沖縄 08.jpg

Jetstar
成田発:08:55発 24,170円
那覇発:19:15発 10,270円
合計金額:34,440円
1月2日発より7,600円格安。
さてこちらでもANAが一番有利な条件。
そしてANAの場合は1月1日発にすれば6,400円格安となり、1月1日のホテル代も不要になる。
最後の夜は国際通りで飲みたいのだが、最終便にすれば17:00から2時間ほど飲むことができる。
これにて1月1日のANA最終便に決定。

20181203 沖縄 09.jpg

早速予約を完了する。
さて今回はどの辺りに行こうかな。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年九州の旅 最終目 [旅]

2018年10月九州の旅最終目。
この日は11:20発のANA250便で帰宅する。
6:00頃起床してメールチェックなど行う。

20181014 九州 01.jpg

8:20頃、ホテルの朝食を軽くいただく。
そして8:40頃チェックアウトして天神駅に向かう。

20181014 九州 02.jpg

ところが天神付近にいくつかの路線が乗り入れていて、福岡空港に向かう天神駅になかなか到着できない。
20分ほど歩いてやっと地下鉄空港線の天神駅に到着。

20181014 九州 03.jpg

すぐに福岡空港行きが到着する。

20181014 九州 04.jpg

福岡空港には9:20過ぎに到着。
ANA250便は11番搭乗口。

20181014 九州 05.jpg

まずは会社へのお土産を物色する。

20181014 九州 06.jpg

「IWATAYA」で、にわかせんべい(648円)という品を購入。
選んだ理由はコンパクトだったから。
ところがこれが結構好評であった。

20181014 九州 07.jpg

少し早いが搭乗ゲートに向かう。

20181014 九州 08.jpg

10:00前に搭乗口に到着。
まだ窓口には誰もいない。
1時間以上時間があるので、電源付きのデスクでメールのチェックなど行う。

20181014 九州 09.jpg

10:15頃、搭乗する便が到着した。

20181014 九州 10.jpg

PC操作に集中していたら11:00を過ぎ、搭乗開始の時間になっていた。
ちょっと慌てて搭乗する。

20181014 九州 11.jpg

機体はBoeing社のB777-200。
座席の様子はシンプル。
往路と違い冊子類は下の方に収納するタイプ。

20181014 九州 12.jpg

座席は翼の上付近。
直前の予約だったので、窓側はここしか空いていなかった。

20181014 九州 13.jpg

機内は満席。

20181014 九州 14.jpg

そしてほぼ定刻通り出発する。

20181014 九州 15.jpg

福岡は晴れだが、東京の天気は曇りだという。

20181014 九州 16.jpg

3年ぶりの九州の旅。
短い滞在であったが、盛りだくさんの楽しい旅であった。

20181014 九州 17.jpg

40分ほどでドリンクサービスがあったので、冷たいお茶にした。

20181014 九州 18.jpg

東京に近づいてくると、雲が増えてきた。

20181014 九州 19.jpg

降下中に雲の中に入る。
若干揺れがあり、ベルト着用サインが出る。

20181014 九州 20.jpg

東京湾付近を通過。
雨は降っていないようである。

20181014 九州 21.jpg

そして12:45頃、羽田空港に着陸する。

20181014 九州 22.jpg

定刻より5分ほど早い到着となる。

20181014 九州 23.jpg

荷物は預けていないので、すぐに京急線ホームに向かう。

20181014 九州 24.jpg

そして京急線に乗って横浜に帰宅する。
前週に計画していた九州の旅が台風25号の影響でキャンセルとなったが、ちょうど1週間後に出張の機会がありラッキーだった。
4日間と短い滞在であったが仕事も順調で仕事仲間との飲み、久住山登山、阿蘇山の眺め、定年退職した先輩との飲みと内容は盛りだくさん。
充実した九州への旅であった。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年九州の旅 3日目③ [旅]

2018年10月の九州の旅3日目。

20181013 九州 68.jpg

早朝から久住山登山をして、9:30頃、久住分かれまで戻ってきた。

20181013 九州 69.jpg

九重山を振り返る。
こうしてみるとかなり鋭い形をしている。

20181013 九州 70.jpg

下りは楽々に進んでいく。

20181013 九州 71.jpg

星生山横を通過。

20181013 九州 72.jpg

もうしばらくすると紅葉が素晴らしいだろう。

20181013 九州 73.jpg

岩場を通過。

20181013 九州 74.jpg

沓掛山が見えてきた。

20181013 九州 75.jpg

沓掛山のはしご付近は大渋滞。
しばらく待つがらちが明かないので、はしごを使わずに岩場を登っていった。

20181013 九州 76.jpg

牧の戸峠まで0.7km。

20181013 九州 77.jpg

柱の一部? のようなものがあるが、以前ここに何かあったのだろうか。

20181013 九州 78.jpg

駐車所が見えてきた。

20181013 九州 79.jpg

登りに辛かったコンクリート道は、下りも辛かった。

20181013 九州 80.jpg

そして10:50頃、下山終了。
登り1時間50分、下り1時間40分ほどかかったことになる。

20181013 九州 81.jpg

駐車場は満車で路肩にもかなりの数の車が停まっている。

20181013 九州 82.jpg

牧の戸峠レストハウスに寄ってみる。

20181013 九州 83.jpg

山賊おにぎり(200円)
予約が確実ですとある。

20181013 九州 84.jpg

さて11:00前に福岡に向け出発する。

20181013 九州 85.jpg

15:00前には福岡に到着して、知人と約束の18:30まではホテルでのんびりするつもり。

20181013 九州 86.jpg

阿蘇方面の山並みが見えてきた。

20181013 九州 87.jpg

と、ここで考える。

20181013 九州 88.jpg

ここは九州のクライマックスの、やまなみハイウェイ。

20181013 九州 89.jpg

ここまで来て阿蘇方面に行かないのはもったいない。

20181013 九州 90.jpg

福岡直工をやめて、大観峰に寄ることにした。

20181013 九州 91.jpg

11号線から45号線に入る。

20181013 九州 92.jpg

気持ちのいい道が続く。

20181013 九州 93.jpg

そして11:53頃、大観峰に到着。
阿蘇方面から噴煙が見える。

20181013 九州 94.jpg

ここに来るのは3年ぶり。
阿蘇方面が見れたのでよかった。

20181013 九州 95.jpg

さて再出発して阿蘇スカイライン(12号線)を進んでいく。
ところでこのナビ、ちょとしたカーブを普通に曲がっているだけなのに「急ハンドルを検知しました。安全運転を心掛けましょう。」とアナウンスされる。
しかもカーブを曲がるたびに。

20181013 九州 96.jpg

そんな事より右の視界を遮るピラー、右カーブの際に進行方向が見えない。
これこそ何とかしてほしい。

20181013 九州 97.jpg

12号線からR387に入る。

20181013 九州 98.jpg

その後再び12号線に入る。

20181013 九州 99.jpg

蜂の巣湖を通過。

20181013 九州 100.jpg

松原ダムを越えてR212に入る。

20181013 九州 101.jpg

続いてR210に入る。

20181013 九州 102.jpg

その後再びR212へ。

20181013 九州 103.jpg

R211からR386に入り三隅川沿いを進む。

20181013 九州 104.jpg

14:03頃、福岡県に入る。
さてこの辺りから知人への土産物を探しながら走る。
沖縄出身のこの知人は毎年マンゴーを送ってきてくれるので、そのお返しにと思い。

20181013 九州 105.jpg

朝倉郡の「まちの駅 もろおか市場」に立ち寄る。

20181013 九州 106.jpg

ここでちょうどよさげな長崎県産メロンを発見。
温室物だが3年前九州に来た時に、メロンを送ったら喜んでくれたのでこれに決定。
メロン2個で2,500円だった。

20181013 九州 107.jpg

再出発して112号線からR3に入る。

20181013 九州 108.jpg

続いて580号線から112号線に入る。

20181013 九州 109.jpg

大野城市の「セブンイレブン 福岡錦店」で知人宛にメロンに発送手続きをする。
料金は1,693円。

20181013 九州 110.jpg

続いて「ESSO オブリステーション南福岡SS」でレンタカー返却に向け給油する。
リッター158円で19.5L給油して3,081円。

20181013 九州 111.jpg

ここまでの走行は285.3kmなので、燃費は14.6km/L。
思ったより燃費は悪い。

20181013 九州 112.jpg

筑紫通りに入る。

20181013 九州 113.jpg

博多駅前を通過しR202へ。

20181013 九州 114.jpg

天神まで戻ってきた。

20181013 九州 115.jpg

車を借りた「バジェットレンタカー 天神渡辺通店」には16:25頃到着。

20181013 九州 116.jpg

今回の走行距離は293.1kmであった。

20181013 九州 117.jpg

その後「東横イン 福岡天神」にチェックイン。
料金は7,125円だが、10泊すると1泊無料になる東横INNクラブカード会員に入会していて、20泊たまっていたので10泊分使用して無料にしてもらった。
部屋ではメールチェックなど行う。

20181013 九州 118.jpg

そして18:30に定年退職した先輩と待ち合わせして、お勧めの小料理店へ。

20181013 九州 119.jpg

30年ほど前の話を懐かしく語り合った。

20181013 呉朝明 01.jpg

〆は「呉朝明」へ。
基本居酒屋なのだが1日限定40杯のラーメンが人気の店。

20181013 呉朝明 02.jpg

ここでラーメン(500円)をオーダー。
かなりおいしいとんこつ。

20181013 呉朝明 03.jpg

お腹はいっぱいだったのだが、うっかり替玉。
腹パンになって23:00頃ホテルに戻るのであった。

【散策メモ】
2018年10月13日(土)
牧の戸駐車場~久住山~牧の戸駐車場
歩数:24,640歩
歩行距離:16,016m
歩行時間:3時間52分
消費カロリー:691.7kcal


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年九州の旅 3日目② [旅]

2018年10月の九州の旅3日目。
牧の戸峠駐車場から久住山山頂を目指して6:20頃、登山を開始。

20181013 九州 42.jpg

8:07頃、久住分かれに到着。
左がトイレ(100円)で右が避難小屋。
ここは広場になっていて休憩に最適。

20181013 九州 43.jpg

私は休憩なしで進む。

20181013 九州 44.jpg

8:09頃、千里浜への分岐を通過。

20181013 九州 45.jpg

手前に見えるのは硫黄山(1580m)で、今も活発に活動を続ける活火山。
1995年に約250年ぶりに水蒸気爆発をおこした。
奥に見えるのは三俣山(1748m)で、その名の通り三つの頂があるように見える。
そういえば先ほどから硫黄臭がしていたのは、硫黄山から流れ出たガスの影響だったのかな。

20181013 九州 46.jpg

さて久住山山頂は間近。

20181013 九州 47.jpg

8:12頃、中岳(1791m)への分岐を通過。
中岳は久住連山の最高峰。

20181013 九州 48.jpg

川底のような岩場を登っていく。

20181013 九州 49.jpg

おそらくあそこが久住山山頂。

20181013 九州 50.jpg

再び中岳への分岐を通過。

20181013 九州 51.jpg

これ以上高い場所はないので、山頂に違いない

20181013 九州 52.jpg

最後の登りに入る。

20181013 九州 53.jpg

絶景に近づいてきた。

20181013 九州 54.jpg

もう高い所は見えない。

20181013 九州 55.jpg

ここを過ぎれば、、、

20181013 九州 56.jpg

そして8:30頃、日本百名山 久住山(1786.5m)登頂。

20181013 九州 57.jpg

山頂から時計周りで下界を撮影。
まずは東方面。

20181013 九州 58.jpg

平地が見える。

20181013 九州 59.jpg

天気は快晴で最高に気持ちいい。

20181013 九州 60.jpg

右の雲海方面から登ってきた。

20181013 九州 61.jpg

右手前が久住分かれで、その奥が星生山。

20181013 九州 62.jpg

硫黄山と三俣山。

20181013 九州 63.jpg

中央に見える左が天狗ヶ城(1780m)右が中岳。

20181013 九州 64.jpg

さて絶景の中、そばとおむすびをいただく。
時間が早いせいか山頂には数名しかいないので、かなりのんびりできる。
ここで天神のホテルに空きがでていたので変更した。
よかった、これで夜の予定に余裕が出る。

20181013 九州 65.jpg

さてこの日は福岡まで戻り知人に会う予定があるため、9:10頃下山を開始する。

20181013 九州 66.jpg

それにしてもいい眺め。

20181013 九州 67.jpg

何度か来て縦走するのもいいと思う。

20181013 九州 68.jpg

9:30頃、久住分かれまで戻ってきた。
そして登山客がかなり増えてきた。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年九州の旅 3日目① [旅]

2018年10月の九州の旅3日目。
前夜は福岡から標高1330mの牧の戸峠駐車場まで走り車内泊する。
出張途中なので毛布など持ってきているはずもなく、長袖シャツにフリースのみで寝ていたのだが、滅茶苦茶寒かった。
寒さで夜中に何度も目が覚めてしまうが我慢するしかない。
ところが1:00を過ぎたころ、どうにも我慢できなくなり車内を温めるために周辺を走ったりした。

20181013 九州 01.jpg

よく眠れなかったせいか起床したのは6:20を過ぎたところ。
日の出と同時に出発しようと思っていたのだが、ちょっと出遅れてしまった。

20181013 九州 02.jpg

ちなみにフロントシートを倒してヘッドレストを2段重ねにして眠ったのだが、腰のあたりの段差が大きく、かなり寝心地は悪かった。

20181013 九州 03.jpg

161台ある駐車場は6:30の段階でほぼ満車状態。
さすが日本百名山の登山口。
ところでこの日宿泊する天神のホテルが満室で予約できていない。
博多駅付近のホテルを予約済なのだが、できれば天神に変更したい。
朝からチェックするが空きは出ていなかった。

20181013 九州 04.jpg

さて少し出遅れたが6:40頃登山開始する。

20181013 九州 05.jpg

まずは登山届を記入する。

20181013 九州 06.jpg

コンクリートの直線道を登っていく。

20181013 九州 07.jpg

これが結構きつい登り。
そして結構長い。

20181013 九州 08.jpg

先が見えてきた。
このコンクリート道路が今回の登山で一番きつい場所であった。

20181013 九州 09.jpg

広い場所に出た。
山の稜線が美しい。

20181013 九州 10.jpg

6:50頃、展望台に到着。

20181013 九州 11.jpg

目の前には雄大な景色。

20181013 九州 12.jpg

振り返ると駐車場がはるか下に見える。

20181013 九州 13.jpg

階段を登っていく。

20181013 九州 14.jpg

朝日が眩しい。

20181013 九州 15.jpg

久住山まで3.1km。
まだまだ先は長い。

20181013 九州 16.jpg

温度計が置いてあった。
現在の気温は12度。
もっと低いかと思っていたが、体感温度より気温は高い。

20181013 九州 17.jpg

ゴロゴロとした岩が出てきた。

20181013 九州 18.jpg

7:10頃、沓掛山山頂(1503m)に到着。

20181013 九州 19.jpg

ここにいた男性に久住山はどれか聞いてみるが、ここからは見えないという。
ただしここからなだらかな道なので楽だという。
なだらかな道大好き。

20181013 九州 20.jpg

はしごを下っていく。
朝露に濡れて滑りやすいので注意して下る。

20181013 九州 21.jpg

もう1つ下るが、こちらは下りやすい。

20181013 九州 22.jpg

平らな道に出た。
久住山まで3.6km。

20181013 九州 23.jpg

しばらく平らな道が続く。

20181013 九州 24.jpg

振り返る。
こんもり丸いのが先ほど下ってきた沓掛山。

20181013 九州 25.jpg

先に進む。

20181013 九州 26.jpg

木々の間を進む。

20181013 九州 27.jpg

広い場所に出た。

20181013 九州 28.jpg

この先ゴロゴロした岩が転がっている。

20181013 九州 29.jpg

そして地面には真っ白な霜。

20181013 九州 30.jpg

振り返ると綺麗な雲海が見える。

20181013 九州 31.jpg

先に進む。
星生山(1762m)が目の前に見える。

20181013 九州 32.jpg

7:43頃、扇ヶ鼻(1698m)への分岐を通過。

20181013 九州 33.jpg

さて登り始めて1時間ほど経ったところで、おむすびをいただきながら進む。

20181013 九州 34.jpg

左に星生山を見ながら進んでいく。

20181013 九州 35.jpg

7:53頃、星生山への分岐を通過。

20181013 九州 36.jpg

本当に歩きやすい道が続く。
この時は知らなかったが、右に見える尖がった山が久住山。

20181013 九州 37.jpg

左に見えるのは星生崎。

20181013 九州 38.jpg

先ほどまでの歩きやすいルートから、大きな岩を超えるルートに変わる。

20181013 九州 39.jpg

星生崎が大きく見える。

20181013 九州 40.jpg

久住分かれが見えてきた。

20181013 九州 41.jpg

久住山も間近に迫ってきた。

20181013 九州 42.jpg

8:07頃、久住分かれに到着。
左がトイレ(100円)で右が避難小屋。
ここは広場になっていて休憩に最適。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年九州の旅 2日目 [旅]

2018年10月九州の旅2日目。
前夜は2:30過ぎまで飲んで、部屋に戻ってからメールチェックなどをしていたら、おそらく4:00頃に寝落ちする。
5:00過ぎに一旦起きてから寝る準備をして再び就寝。

20181012 九州 01.jpg

8:00頃起床して、9:15頃朝食に向かう。
完璧に2日酔い(その日酔い)状態で仕事に向かい、なんとか無事に18:30頃業務終了。

20181012 九州 02.jpg

すぐに「バジェットレンタカー 天神渡辺通店」に直行してレンタカーを借りる。
軽自動車24時間で基本料金3,000円に免責補償料1,404円の合計4,404円で予約済。
現地でフルカバーのセーフティパック756円を勧められ加入する。

20181012 九州 03.jpg

車種はホンダのN-BOX。

20181012 九州 04.jpg

スタート時の走行距離は6,202kmであった。

20181012 九州 05.jpg

19:00過ぎに福岡をスタートし、大分県の久住山登山口のある牧の戸峠を目指す。

20181012 九州 06.jpg

602号線から32号線に入り「ローソン 春日大和町四丁目店」で翌日の昼食として、半熟玉子のとろろそば(460円)を購入。
おむすびも購入したかったがいいのがなかった。

20181012 九州 07.jpg

31号線から56号線に入る。

20181012 九州 08.jpg

続いて112号線に進む。
渋滞までではないが結構混雑している。

20181012 九州 09.jpg

580号線で九州道方面に進む。

20181012 九州 10.jpg

九州道には入らずR3を大分方面に進む。

20181012 九州 11.jpg

76号線を大宰府政庁跡方面に進む。

20181012 九州 12.jpg

76号線から77号線を進み、R386バイパスを日田方面に向け左折する。

20181012 九州 13.jpg

そして20:47頃「道の駅 原鶴」で休憩。
結構寒いので、ここでフリースを着る。

20181012 九州 14.jpg

再出発して21:00過ぎに大分県に入る。

20181012 九州 15.jpg

続いてR210を左折する。

20181012 九州 16.jpg

そしてR212を阿蘇方面に向け進む。
今回の旅で阿蘇も走ってみたいが行けるかな。

20181012 九州 17.jpg

「セブンイレブン 日田大山店」でおむすびを2個(250円)購入。

20181012 九州 18.jpg

続いてR442方面に左折する。

20181012 九州 19.jpg

走りながら考えると、おむすび2個では足りない気がしたので「ファミリーマート 小国宮原店」でおむすびを1個(130円)購入。

20181012 九州 20.jpg

R442をしばらく走り、いよいよやまなみハイウェイ(11号線)に入る。

20181012 九州 21.jpg

気持ちのいいワインディングをグングン登り22:30頃、牧の戸峠駐車場に到着。
ここは標高1330m。
外に出るとかなり寒い。
駐車場には翌日登山をすると思われる車が10台ほど停まっている。
トイレもあるのだが照明が一切なく、真っ暗で行くことができなかった。
夜間にトイレに行くにはライトが必要。

20181012 九州 22.jpg

空を見上げると満天の星空。
翌朝は日の出と同時に登山するつもり。
23:00頃就寝した。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年九州の旅 1日目 [旅]

台風25号の影響で中止となった2018年10月の九州の旅。
しばらく行けないかなと思っていたのだが、その翌週思いがけぬチャンス到来。
なんと急遽九州出張が決まったのである。
日程は10月11日(木)から10月12日(金)まで。
これに土日をつなげれば4日間の日程となる。
前週に中止となったのは3連休を含む5日間だったので1日短くなってしまうが、往復のフライトは会社負担となるので文句はない。

20181011 九州 01.jpg

木曜日に仕事を途中で切り上げ、16:00頃羽田空港に到着。

20181011 九州 02.jpg

搭乗するのは16:25発福岡行きのANA263便。

20181011 九州 03.jpg

すぐに出発の手続きをする。

20181011 九州 04.jpg

16:00過ぎに58番搭乗口に到着。

20181011 九州 05.jpg

この日搭乗するANA263便。

20181011 九州 06.jpg

Las Vegasの旅以来およそ1ヶ月ぶりのフライト。

20181011 九州 07.jpg

座席は翼の上あたり。
直前の予約だったので、前後のフライト含め窓側が空いているのはこの席だけであった。

20181011 九州 08.jpg

機体はBoeing社のB777-200。
座席の様子はシンプル。
冊子類は上の方に収納するタイプ。

20181011 九州 09.jpg

機内は所々空席がある。

20181011 九州 10.jpg

隣の席は空席。

20181011 九州 11.jpg

そして定刻より5分ほど遅れて出発する。

20181011 九州 12.jpg

上空はやや雲がある。

20181011 九州 13.jpg

ドリンクは冷たいお茶にした。

20181011 九州 14.jpg

時刻は17:20頃、間もなく夕暮れ時。

20181011 九州 15.jpg

17:50を過ぎると、空の色が変わってきた。

20181011 九州 16.jpg

18:00を過ぎると、夕焼けが見えてきた。

20181011 九州 17.jpg

18:18頃、福岡上空に到着。

20181011 九州 18.jpg

定刻より5分ほど遅れて到着する。

20181011 九州 19.jpg

荷物は預けていないので、すぐに地下鉄に向かう。

20181011 九州 20.jpg

18:41発の姪浜行きに乗車して天神まで向かう。

20181011 九州 21.jpg

天神駅から地上に出ると、名物の屋台が並んでいる。

20181011 九州 22.jpg

まずは「東横イン 福岡天神」にチェックインする。
料金は6,175円で、この日の宿泊費は会社負担。

20181011 九州 23.jpg

その後某所で21:00頃まで仕事をする。
そして一次会、二次会を終えホテルに戻ろうとするが、同じく出張で来た仲間からもう1件行きましょうと声をかけられる。
もちろんOKして、もう1人と合流。

20181011 九州 24.jpg

三次会は26:30過ぎまで続くのであった。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年九州の旅 キャンセル編 [旅]

10月の3連休に会社を2日休み10月4日(木)~10月8日(祝)の5日間で九州の旅を計画。
日本百名山の久住山と祖母山の登山をして、先日定年退職した職場の先輩に会いに行く予定。

20181007 ana 01.jpg

往路は羽田から福岡のANA241便、復路は福岡から羽田へのANA248便を予約して料金は24,380円だった。

20181007 ana 02.jpg

ところが非常に強い台風25号が発生して、天候が非常に微妙な状況。
ANAのWEBページを見ると、台風や降雪などの不可抗力により予約便が遅延・欠航した(する)場合は、キャンセル料などかからずに変更または払い戻しを承るとある。
台数の進路を見ると往復のフライト日に直接の影響はないかもしれないが、悪天候が続き旅どころではなさそう。
すぐに旅の取りやめを決めたが、キャンセル料が気になるところ。

20181007 ana 03.jpg

この点ANAに問い合わせをしようとしたが、直前に発生した台風24号の影響により問い合わせが大変多いためか、電話、チャットともにつながりにくい状況で、メールでの回答にも時間がかかるとある。

20181007 ana 04.jpg

それでもチャットで問い合わせようとしたが、チャットは利用できないと表示されてしまう。
推奨環境を見ても問題ない状況だが、混雑の影響で閉鎖しているのだろうか。
比較的早めに回答が欲しかったので電話をしてみるが、順番にお繋してるとのアナウンスが続き、全く繋がらない。
そのまま出発日の前日となるが、相変わらず繋がらない。
会社から帰宅後に20:00過ぎから電話をして、順番にお繋ぎしてるとのアナウンスを40分ほど聞いたところで、やっと電話が繋がった。
するとフライトに直接の影響がないとキャンセル料は発生してしまうとの事。
台風は10月6日頃九州に近づくのだが、往路は10月4日なので影響はない。

20181007 ana 05.jpg

ここで往路はあきらめてキャンセルし、復路は今後の進路を見極めてキャンセルすることにした。

20181007 ana 06.jpg

往路の取り消しを選択。

20181007 ana 07.jpg

ここで取消手数料を見てみる。
すると搭乗日13日前からは運賃の約60%相当額がキャンセル料となる。

20181007 ana 08.jpg

進んでいくと運賃10,090円に対して払い戻し金額は3,780円。
それでもキャンセルするしかない。

20181007 ana 09.jpg

これで復路分の予約のみ残った。
そして台風25号は復路の出発前日に北日本方面の日本海で温帯低気圧に変わった。
これで復路もキャンセル料がかかることが決定した。

20181007 ana 10.jpg

復路のキャンセル手続きに入る。

20181007 ana 11.jpg

進んでいくと運賃14,290円に対して払い戻し金額は5,460円。

20181007 ana 12.jpg

これで往復ともにキャンセル手続きが終了。
運賃24,380円に対して払い戻し金額は9,240円のみ、約62%がキャンセル料となった。
キャンセル料もそうであるが、九州の旅が消滅してしまったのが大変残念。
ところがこの後、大どんでん返しが起きるのであった。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2019年Las Vegasの旅 フライト変更編 [旅]

2019年Las Vegasの旅。
フライトはANA便を予約済、ホテル、レンタカーも予約済み。
今回のフライトは往路はいつも通りLos Angeles経由だが、復路はVancouver経由で、旅程は下記の通り。

20181104 lasvegas 03.jpg

往路:7月5日(金)
22:55 HND発→17:15 LAX着
21:15 LAX発→22:26 LAS着
復路:7月13日(土)
12:10 LAS発→14:55 YVR着
16:15 YVR発→18:20 HND着(+1)

海外はアメリカ本土、Hawaii、Guamにしか行ったことないので、カナダは初となる。
そういった意味でとても楽しみにしていた。
そんな中、2018年11月末頃に下記メールを受信する。

【ANAより】ご予約便についての重要なご案内

≪変更前≫
[1]7月13日(土) AC1897
 ラスベガス - バンクーバー
 12:10発14:55着
 - / OK

≪変更後≫
[1]7月13日(土) AC1897
 ラスベガス - バンクーバー
 14:30発17:08着
 座席番号:***
 - / OK

時間変更、便名変更および、乗り継ぎができない等の理由で振替便を手配させていただく場合は、可能な限り弊社よりご連絡差し上げます。

出発の近いお客様から順次ご連絡いたしますが、お急ぎの場合は、弊社予約窓口までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

出発時刻48時間前に入ってから変更となった場合、ご出発までに連絡がつかない場合もございますため、直接空港でご案内いたします。他社運航便については、運航会社より空港カウンターでご案内いたしますので、恐れ入りますが当日空港係員にお問い合わせください。

なお、乗り継ぎ時間の不足や運航会社側の理由により、再度、振替便が変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
最新のスケジュールは予約確認画面からご確認ください。

20181228 las vegas 01.jpg

早速予約確認画面を見てみると、12:10だったLAS発が、14:30に変更されている。
その影響でYVR着が17:08となってしまい、これでは16:15のHND行きに乗り継げないではないか!!!
該当便名の予約状況には赤字でフライト情報変更とある。

すぐにメールで問い合わせてみると、バンクーバーでの乗り継ぎが出来なくなったので、代替便の案内を出発の近い順に連絡するが、急ぎの際は電話で確認してほしいといった回答があった。

これでは最初のメール連絡と同じ回答でまったく要領を得ない。
急ぎの場合は電話で問い合わせろとあるが、つい先日沖縄便の問い合わせの際に、窓口に繋がるまで40分も待たされたので、電話などする気はない。
しばらく連絡を待つことにした。
ところが一向に連絡が来ない。
1ヶ月ほど待ち再度メールで問い合わせを入れる。
問い合わせ内容は1ヶ月も待たされていること、現地での予定が決められず困っていることの2点。

するとスケジュール変更に伴い不快の念を掛けた詫びと、担当部署へ確認したところ2019年夏ダイヤが決まるまで案内を控えているが、予定が決められないとのことなので担当部署がら連絡をするようにしたと回答があった。

なんだ、前回の回答と状況が全く違うではないか。
このまま黙っていたら、2019年夏ダイヤが決まるまで放置するつもりだったらしい。
フライト変更が発生するのは仕方ないと思うのだが、問い合わせをしても正しい回答が得られなかったこと、夏ダイヤが決まるまで放置するつもりだったことなど、なんてひどい対応だろう。
問い合わせ窓口と予約部署との連携が全くできてない証拠。

その後、担当部署から電話が入る。
私としては早く代替フライトを提示してほしかったのだが、なかなかいい提案はできない様子。
代替案のSan Francisco経由の便だが、半日ほど早い出発となり、Unitedとなってしまう。
前回帰国時に利用したANAが快適だったので、Unitedに変更となるのはかなり残念。

復路:7月13日(土)
8:00 LAS発→9:51 SFO着
10:50 SFO発→13:55 HND着(+1)

もう1つLos Angeles経由の便もあったが、帰国日が1日遅くなってしまうので、これはNG。
とりあえずSFO経由に変更してもらい、2019年夏ダイヤが決まったら、再度決めることにした。

20181228 las vegas 02.jpg

すぐにフライト予約画面が変更となり、eチケットが送られてきた。
とりあえず一安心することができたが、夏ダイヤでさらに変更となる可能性があるので、相変わらず詳細な旅程が決められない。
しばらく待つしかないかな。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2019年Las Vegasの旅 ホテル計画編 [旅]

2019年Las Vegasの旅。
日程は7月5日(金)22:55に日本を出発、7月13日(土)12:10にLas Vegasを出発して帰国する。
現地で8泊9日の旅。
前半はGrand Circleの旅にも出かけ、後半はLas Vegasに戻ってくる予定。
さてLas Vegas Strip沿いの全てのカジノホテルに宿泊するのを目標としているが、現在宿泊したのは20ホテル。
残りは南からTropicana、Aria、Cromwell、Mirage、Wynn、SLS、Stratosphereといったところ。
まずは7月10日(水)から3泊の料金(2018年11月5日現在)を調べることにした。
ちなみに2018年の旅で調べた2017年3月29日現在のResort Feeとの比較もしてみた。

20181105las vegas 01.jpg

Tropicana
http://www.troplv.com/
1泊$129.00、Resort Fee$35.00、合計$557.83となる。
Resort Feeは$2.00アップ。
駐車場は無料。

20181105las vegas 02.jpg

Aria
https://www.aria.com/en.html
1泊$149.60~$228.65、Resort Fee$39.00、合計$731.13となる。
Resort Feeは変化なし。
駐車場は1日$18.00。

20181105las vegas 03.jpg

Cromwell
https://www.caesars.com/cromwell
1泊$139.43~$213.68、Resort Fee$37.00、合計$684.29となる。
Resort Feeは変化なし。
駐車場は1日$12.00。

20181105las vegas 04.jpg

Mirage
https://www.mirage.com/en.html
1泊$98.60~$169.15、Resort Fee$37.00、合計$578.91となる。
Resort Feeは変化なし。
駐車場は1日$15.00。

20181105las vegas 05.jpg

Wynn
http://www.wynnlasvegas.com/
1泊$224.00~$374.00、Resort Fee$39.00、合計$1,149.68となる。
Resort Feeは変化なし。
駐車場は1日$15.00。

20181105las vegas 06.jpg

SLS
https://slslasvegas.com/
1泊$59.00~$149.00、Resort Fee$35.95、合計$425.00となる。
Resort Feeは$3.95アップ。
駐車場は無料。

20181105las vegas 07.jpg

Stratosphere
http://www.stratospherehotel.com/
1泊$39.00~$99.00、Resort Fee$32.99、合計$312.89となる。
Resort Feeは$8.00アップ。
駐車場は無料。

この中では立地と価格のバランスを考慮して、Mirageがいいかな。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2019年Las Vegasの旅 フライト予約編 [旅]

2019年Las Vegasへの1人旅を計画。
旅程は7月5日(金)の仕事終わり以降に羽田を出発して、7月14日(日)に帰国する予定。
まずはフライトを予約するために調べてみた。

20181104 lasvegas 01.jpg

Delta
2016年まであった深夜発の便がなくなってしまい、夕方発の便に変更になったので土曜日出発となる。
往路:7月 6日(土)16:20 HND発 7月 6日(土)14:27 LAS着 14時間07分
復路:7月13日(土)06:05 LAS発 7月14日(日)14:20 HND着 16時間15分
チケット代金は171,400円となる。
2018年の旅では116,990円だったので、かなりの値上がり。
7月5日(金)の深夜発でないため現地7泊8日の旅程となる。

20181104 lasvegas 02.jpg

United
こちらも深夜発ではない。
往路:7月 6日(土)10:50 HND発 7月 6日(土)12:08 LAS着 17時間18分
復路:7月13日(土)08:00 LAS発 7月14日(日)13:55 HND着 13時間55分
チケット代金は215,400円となる。
Delta同様9月7日(金)の深夜発でないため現地7泊8日の旅程となる。
そしてDeltaより40,000円以上高くなってしまう。

20181104 lasvegas 03.jpg

ANA
往路:7月 5日(金)22:55 HND発 7月 5日(金)22:26 LAS着 15時間31分
復路:7月13日(土)12:10 LAS発 7月14日(日)18:20 HND着 14時間10分
チケット代金は149,500円となる。
日程は希望通りで現地8泊9日と滞在時間もフルフルで取れる。
そして価格も一番リーズナブル。
これでANAに決定。
早速予約に入る。

20181104 lasvegas 04.jpg

往路選択時は74,280円。

20181104 lasvegas 05.jpg

復路は価格の安い便を選択して75,220円。

20181104 lasvegas 06.jpg

このまま進んで予約完了。
代金の明細は下記の通り。
基本運賃:111,000円
税金等:38,500円
税金等の詳細は下記の通り。
旅客サービス施設使用料 :2,570 円
保安サービス料:1,280 円
通行税:4,140 円
動植物検疫使用料:450 円
空港施設使用料:510 円
入国審査料:790 円
税関審査料:660 円
航空保険料及び燃油特別付加運賃:28,100 円
さてホテルやレンタカーの予約も進めることにしよう。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

旅先でのハプニング 2018年フライトトラブル② [旅]

2018年Las Vegasの旅。
帰国便のDeltaがオーバーブッキングしたため、ANAに振り替えて帰国する。
自宅に戻りメールチェックしていると、DeltaからFrom Delta Air Lines Airport Customer Service - Reference # ******の件名のメールが2通届いていた。
タイムスタンプを見ると、Los Ángelesでボランティアの手続きをしてから2時間ほどで配信されたことになる。

20180916 las vegs 01.jpg

Dear *****,
Thank you for your generosity and volunteering your seat on your flight today.
We appreciate your flexibility! Please select an offer from the selection below in exchange for volunteering on today’s flight.
ボランティアのお礼を選ぶように書いてある。
「Select Item」から進んでみる。

20180916 las vegs 02.jpg

メールに記載のCustomer IDとCodeを入力する。

20180916 las vegs 03.jpg

すると$1300分のDelta eGift CardかVirtual Visa Prepaid Cardが選択できるとある。

20180916 las vegs 04.jpg

あれ!? $2000分じゃないのと思うと、もう1通のメールに$700分が選択できるようになっている。
なぜ2通に分かれているのだろう?
1つずつ選べるように配慮されているのかな。

20180916 las vegs 05.jpg

さてDelta eGift Cardから詳細を見てみる。

Everyone has a place that speaks to them, and the Delta Gift Card is the one gift that can get them there. With over 325 destinations and limitless adventures to choose from, the Delta Gift Card opens up a world of possibilities. The Delta Gift Card can be redeemed for any Delta-marketed flight worldwide and has no expiration dates or fees.

Delta is not a sponsor of this program. For complete gift card terms and conditions, see www.delta.com/giftcards. Delta logo and marks are registered marks of Delta Air Lines. No expiration date or service fees.

有効期限はないらしい。

20180916 las vegs 06.jpg

続いてVirtual Visa Prepaid Cardを見てみる。

Your Prepaid Visa Reward will be delivered to you in the form of a Promocode. Redeem your promocode for a Visa Virtual Account, ready for use instantly. Use your account wherever Visa debit is accepted online, over the phone or for mail-in orders. The promocode redemption website provides balance information and transaction history to help you keep track of all your rewards. Keep every reward for yourself, or share rewards with a friend or family member.

Please be aware that the VISA Promocode expires 3 months from issuance and the Virtual VISA Reward Card expires 6 months from activation.

The Visa Prepaid Card is issued by The Bancorp Bank, Member FDIC, pursuant to a license from Visa U.S.A. Inc. and can be used everywhere Visa debit cards are accepted around the world.

有効期限は6ヶ月しかないらしい。
さてVirtual Visa Prepaid Cardの方が汎用性が高いのだが、有効期限があるのがネックで、6ヶ月以内に$2000の買い物をする予定はない。
Delta eGift CardはDeltaのフライトにしか使えないが、この先もDeltaを利用することになるだろうし有効期限がないとの事なので、Delta eGift Cardを選択することにした。

20180916 las vegs 07.jpg

必要事項を記入して申し込みする。

20180916 las vegs 08.jpg

すぐにYour Item is Confirmed - Confirmation # ******の件名で、申し込み完了のメールが届く。

20180916 las vegs 09.jpg

そしてその10分後にDownload Your Gift Card Now - Confirmation # ******の件名で、手続き完了のメールが届く。

20180916 las vegs 10.jpg

「View My eGift Card Now」から進んでみる。

20180916 las vegs 11.jpg

続いて右上の「delta.com/redeem」から進んでみる。

20180916 las vegs 12.jpg

無事Delta eGift Cardがアカウントに設定された。
この画面の「続ける」から進んでみる。

20180916 las vegs 13.jpg

フライト予約画面に遷移し、フライトを選択すると合計金額から$1300分が割引きされる。
ちなみに$1300分と$700分を合算して使えるかDeltaにメールで問い合わせたところ、1つのフライトに対しDelta eGift Cardは3枚まで使用できるとの回答が来たのだが、やり方が分からない。
もしかして合算して使うには、電話での予約が必要なのかもしれない。
さてこれで手続き完了。
これでいつでも$2000を使って飛べるので、チャンスがあったら使っていこうと思う。

20180916 las vegs 14.jpg

さてDeltaのアカウントに今回のフライトのマイレージ加算を確認してみる。
今回のフライト分で2,625マイル加算されていたが、ANAに振り替えられたLAX-HND分が加算されていない。
ANAのチェックイン時にUnitedのマイレージ番号を登録したので、Unitedに加算されたのかな。
ちなみに本来は6,488マイルなのだが、格安航空券という事で40%分ほどしか加算されない。
以前の米国系航空会社は、格安航空券でも100%加算されるのがメリットだったのだが・・・

20180916 las vegs 15.jpg

Unitedのアカウントを見てみる。
するとLAX-HND分として8,232マイル加算されていた。
基本マイル5,488マイルにボーナスマイルが加算され、基本マイルの1.5倍となっている。
おそらくDeltaから振り替えられた際に正規運賃が適用されたので、1.5倍になったのだろう。
結果的にUnitedを登録しておいて、よかったと思われる。
さて今回のLas Vegasの旅、最後に大きなハプニングがあったが、これも個人旅行のリスク。
パッケージツアーではボランティアで降りることはできないだろうし、フライト自体中止になったとしても、旅行会社が全て対応してくれる。
今回のようなハプニングは個人旅行でしか経験できないし、これも個人旅行の楽しみだと思ってエンジョイできた。
次回のフライトも、とても楽しみである。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)