So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【海外】The new BMW 7 Series [車]

20190116 bmw 7 01.jpg

BMWは7シリーズのマイナーチェンジを発表した。

20190116 bmw 7 02.jpg

エクステリアは、従来モデルと比較して40%大型化したキドニーグリル、アダプティブLED技術を採用した新設計のスリムヘッドライトユニットを採用。

20190116 bmw 7 03.jpg

フロントはボンネット、フロントバンパー、サイドはエアブリーザ、リアフェンダー周り、リアは大型化したエキゾーストテールパイプ、3次元35mmのスリムなテールライト、テールライトクロムバーの下にもう1つのライトを装備。

20190116 bmw 7 04.jpg

インテリアは、新しいレザーやウッド素材を採用し、コントロールボタンを配置したレザーステアリングホイール、ワイヤレス携帯充電トレイなどを変更。

20190116 bmw 7 05.jpg

リアはフルHDタッチスクリーンディスプレイを備えた、エンターテイメントシステムを装備。

20190116 bmw 7 06.jpg

オーディオシステムも強化され、サイドガラスの厚みは5.1mmとなり静粛性も向上。

20190116 bmw 7 07.jpg

パワーユニットはすべてEuro 6d-TEMPに適合。

20190116 bmw 7 08.jpg

750i xDrive/750Li xDriveは4.4リッターV型8気筒ツインパワーターボガソリンエンジンを搭載。
最高出力530ps/5500-6000rpm、最大トルク76.5kgm/1800-4600rpmを発生。
0-100km/h加速4.0秒/4.1秒、最高速度250km/h。

20190116 bmw 7 09.jpg

M760Li xDriveは6.6リッターV型12気筒ツインパワーターボガソリンエンジンを搭載。
最高出力585ps/5250-5750rpm、最大トルク86.7kgm/1600-4500rpmを発生。
0-100km/h加速3.8秒、最高速度250km/h、M Driver’s Package305km/h。

20190116 bmw 7 10.jpg

745e/745Le/745Le xDriveは3.0リッター直列6気筒ツインパワーターボガソリンエンジンとモーターを搭載。
エンジンは最高出力286ps/5000-6000rpm、最大トルク45.9kgm/1500-3500rpmを発生。
モーターは最高出力113ps/3170rpm、最大トルク27.0kgm/0-2700rpmを発生。
0-100km/h加速5.2秒/5.3秒/5.1秒、最高速度250km/h。

20190116 bmw 7 11.jpg

730d/730d xDrive/730Ld/730Ld xDriveは3.0リッター直列6気筒ツインパワーターボディーゼルエンジンを搭載。
最高出力265ps/4000rpm、最大トルク63.2kgm/2000-2500rpmを発生。
0-100km/h加速6.1秒/5.8秒/6.2秒/5.9秒、最高速度250km/h。

20190116 bmw 7 12.jpg

740d/740Ld xDriveは3.0リッター直列6気筒ツインパワーターボディーゼルエンジンを搭載。
最高出力320ps/4400rpm、最大トルク69.3kgm/1750-2250rpmを発生。
0-100km/h加速5.3秒/5.4秒、最高速度250km/h。

20190116 bmw 7 13.jpg

750d/750Ld xDriveは3.0リッター直列6気筒ツインパワーターボディーゼルエンジンを搭載。
最高出力400ps/4400rpm、最大トルク77.5kgm/2000-3000rpmを発生。
0-100km/h加速4.6秒/4.7秒、最高速度250km/h。

20190116 bmw 7 14.jpg

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The MINI 60 Years Edition [車]

20190116 mini 01.jpg

BMWはMINIの生誕60周年を記念した特別仕様車、MINI 60 Years Editionを発表した。

20190116 mini 02.jpg

3ドアと5ドアがベースで、パワーユニットはガソリン2種類、ディーゼル2種類の計4種類。

20190116 mini 03.jpg

エクステリアは、「60 Years」ロゴを、ボンネットストライプ、サイドスカットル、足元のプロジェクターランプ等に配置。

20190116 mini 04.jpg

ホイールは、60周年記念スポーク2トーン17インチ軽量アロイホイールを装備。

20190116 mini 05.jpg

ボディカラーに英国レーシングカー由来のブリティッシュレーシンググリーンIVを採用。
他にも、ミッドナイトブラック、ムーンウォークグレー、メルティングシルバー、ラピスラグジュアリーブルーが選択可能となり、ボディカラーにより、ルーフとミラーキャップは、ブラックかペッパーホワイト仕上げとなる。

20190116 mini 06.jpg

インテリアは、ユアーズレザーラウンジ素材のMINI Yoursレザーシート、スポーツレザーステアリングホイールに「60 Years」のエンブレムを配置し、ボディカラーとマッチしたコントラストステッチとパイピング仕上げとなる。

20190116 mini 07.jpg

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】新オンラインプラットフォームのBMWプレオーダーを拡充 [車]

20190115 bmwプレオーダー 01.jpg

ビーエムダブリュー株式会社は、2018年11月に始動した新しいプロジェクトであり、新型車の先行予約を可能としたオンラインプラットフォーム、BMWプレオーダーを、2019年以降本格的に拡充すると発表した。

BMWプレオーダーは、BMWの最新モデルを正式発売前に先行予約(プレオーダー)することを可能とする新しいオンラインプラットフォーム。
2018年11月の新型X7のプレオーダー受付開始から導入され、プレオーダーをした顧客にいち早く新型モデルを届けることが可能となる。

新型X7のプレオーダーは、モデルの正式発売前であり商品情報が限られる中でも想定を上回る申し込みがあったため、2019年以降本格的に、日本発売前のプレオーダー対象モデルを拡充していくことを決定した。
その第一弾として、「大都市における持続可能なモビリティ」を提供するEV車で、現行モデルのバッテリー容量94Ahから120Ahに向上させたi3新型バッテリーのプレオーダーを開始するという。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Audi TTS Available for Order [車]

20190109 audi tts 01.jpg

AUDIはマイナーチェンジしたTTS CoupeとTTS Roadsterの受注を欧州で開始した。

20190109 audi tts 02.jpg

エクステリアは、フロントにTTSバッジとマットチタンブラックインサートを備えた、立体造形のシングルフレームグリル、フロントリップスポイラー、エアインレットなどを装備。

20190109 audi tts 03.jpg

リアはエアアウトレット、フォースエキゾースト、ディフューザーなどを装備。

20190109 audi tts 04.jpg

ホイールは18インチが標準で、19インチとAudi Sportの20インチホイールもオプションで選択可能。

20190109 audi tts 05.jpg

パワーユニットは2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを塔愛。
最高出力306ps/5400–6500rpm、最大トルク40.8kgm/2000-5300rpmを発生。
従来モデルと比較して最高出力20ps、最大トルク2.0kgmのアップとなる。
0-100km/h加速は4.5秒(TTS Coupe)、4.8秒(TTS Roadster)、最高速度250km/h(リミッター作動)となる。

20190109 audi tts 06.jpg

トランスミッションは7速デュアルクラッチのSトロニック、駆動方式はフルタイム四輪駆動のquattro。

20190109 audi tts 07.jpg

特別モデルのTTS competitionもラインナップ。

20190109 audi tts 08.jpg

エクステリアはLEDヘッドライト、サイドシルのアウディリング、プライバシーグレージング(TTS Coupeのみ)、赤で塗装されたブレーキキャリパー、ハイグロスブラックの20インチホイールなどを装備。

20190109 audi tts 09.jpg

インテリアは専用のレザー仕上げが選択可能となり、シートトリムとセンターコンソールが専用設計で、各部に赤のステッチが入る。
エアアウトレットリングも赤で、12時マーク付きのシフトレバーとステアリングホイールはアルカンターラとなり、カーボン製インレイが標準装備される。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Startklar für die Open-Air-Saison – das neue 911 Cabriolet [車]

20190109 porsche 911 cabriolet 01.jpg

Porscheは新型911 Cabrioletを発表した。

20190109 porsche 911 cabriolet 02.jpg

完全自動開閉式のソフトトップにはガラス製リアウインドウが採用され、ソフトトップの構造部分にマグネシウム素材を使用することで高速でのルーフのばたつきを防止する。
ソフトトップは50km/hまでの速度で開閉が可能で、開閉時間は約12秒。
風の巻き込みを低減する電動ウインドディフレクターも装備する。

20190109 porsche 911 cabriolet 03.jpg

パワーユニットは3.0リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力450ps/6500rpm、最大トルク54.0kgm/2300-5000rpmを発生。
インジェクションプロセスの改善、ターボチャージャーの新しいレイアウト、給気冷却システムによって駆動効率が向上し、従来モデルと比較して30psのアップ。
新開発の8速デュアルクラッチトランスミッションが路面にパワーを伝える。
911 Carrera Sは0-100km/h加速3.9秒、最高速度306km/h、燃費11.0km/L。
911 Carrera 4Sは0-100km/h加速3.8秒、最高速度304km/h、燃費11.1km/L。
オプションのスポーツクロノパッケージ仕様は、0-100km/h加速がさらに0.2秒短縮となる。

20190109 porsche 911 cabriolet 04.jpg

エンジンマウント位置の変更によりねじり剛性が向上。
ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)によりスプリングはより硬く短く、前後のスタビライザーはより剛性が上がり、車高は10mm低くなった。
重量配分を進化させ、よりニュートラルなドライブフィールを実現する。

20190109 porsche 911 cabriolet 05.jpg

エクステリアはよりワイドになったホイールアーチ、フロント20インチ、リア21インチの異径ホイールを採用。
911 Carrera Sの全幅は既存の4WDモデルと同じで、リア44mmをワイド化。
45mmワイド化されたフロントエンドは、ダイナミックな印象を与える。
リアはワイドな可変式リアスポイラーとエレガントなシームレスのライトバーを装備。
フロントセクションとリアセクションを除くボディ全体はアルミニウム製となる。

20190109 porsche 911 cabriolet 06.jpg

インテリアは埋め込まれたメータを備えたダッシュボードのクリアで直線的なラインを特徴とした1970年代の911モデルを想起。
Porsche特有の中央のレブカウンターの横に位置する2つのなフレームレスフリーフォームディスプレイがドライバーに各種情報を提供する。
ポルシェコミュニケーションマネジメントシステム(PCM)の10.9インチセンタースクリーンは、視線をそらすことなく迅速に操作することが可能。

20190109 porsche 911 cabriolet 07.jpg

世界初のウェットモードを装備し、路面の水を検知するとコントロールシステムを調整してドライバーに知らせる。
ドライバーはスイッチを押すか、ステアリングホイールのモードスイッチ(スポーツクロノ パッケージ仕様)を使用して、安全性を重視する設定に切り替えることができる。
同様に標準装備されるウォーニングおよびブレーキアシストシステムは、動く物体との衝突の危険を検知し、必要に応じてエマージェンシーブレーキを作動させる。
またサラウンドビューを含むパークアシストシステムも備っている。

20190109 porsche 911 cabriolet 08.jpg

赤外線カメラ付ナイトアシスト、自動距離制御、スタート/ストップ機能、リバーシブル乗員保護機能を備えたアダプティブクルーズコントロールなどがオプションで選択可能となる。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Mercedes-Benz CLA Coupe [車]

20190108 benz cla coupe 01.jpg

Mercedes-BenzはLas Vegasにて開催されたCES 2019において、新型CLA Coupeを発表した。

20190108 benz cla coupe 02.jpg

ボディサイズは全長4688×全幅1830×全高1439mm、ホイールベース2729mm。
先代モデルと比較して全長48mmプラス、全幅53mmプラス、全高2mmマイナス、ホイールベース30mmプラスとなる。
ボディサイズの拡大により居住性も向上し、ラゲッジ容量は460L。
空力性能も向上しCd値0.23となる。

20190108 benz cla coupe 03.jpg

エクステリアは長く伸びたボンネットやコンパクトなキャビン、フレームレスドアなどを組み合わせている。
フロントはパワードームを備えたボンネット、サメの鼻のように前傾したノーズ、グリルは中央にスリーポインテッドスターを配したダイヤモンドパターンを採用。

20190108 benz cla coupe 04.jpg

リアはコンパクトなテールランプ、バンパー部分にナンバープレートを設置し、ワイド感を強調。

20190108 benz cla coupe 05.jpg

インテリアはコクピットの上のカウルを無くし、ダッシュボードとドアが連続したように見えるデザイン。
ワイドスクリーンディスプレイは完全に独立し、ボトム部の溝によりメーターパネルの本体から視覚的に分離されており、メーターパネルの前に浮かんでいるように見える。
タービン状のエアダクトは最新のMercedes風。

20190108 benz cla coupe 06.jpg

インフォテインメントシステムのMBUXは最新版が搭載され、パワフルなコンピュータ、鮮やかなスクリーンとグラフィック、カスタマイズ可能なディスプレイ、フルカラーのヘッドアップディスプレイ、拡張現実感(AR)を備えたナビゲーション、学習可能なソフトウェア、最新の音声認識テクノロジーなどが採用される。

20190108 benz cla coupe 07.jpg

MBUXインテリアアシストは、昼夜を問わず非接触モードで動作する。
ダッシュボードのタッチスクリーンやセンターコンソールのタッチパッドに手を近づければ、画面のメニューを調整することができる。
お気に入り機能も採用され、人差し指と中指をV字型に広げた状態で、センターコンソールに手をかざすことでアクセスできる。
例えば暗闇の中でルームミラーの方に手を伸ばすことにより、読書灯を点けたり消したりすることができ、ドライバーが暗闇の中でパッセンジャーシートに向かって手を伸ばすと、室内照明が自動的に点灯し、手を戻すとすぐに照明は自動的に消える。

20190108 benz cla coupe 08.jpg

CESで展示されたモデルはCLA250。
パワーユニットは2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力225ps、最大トルク35.7kgmを発生。
トランスミッションは7速デュアルクラッチの7G-DCTを採用している。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Out of this world: the BMW Individual M850i Night Sky [車]

20190103 bmw m850i 01.jpg

BMWは新型8シリーズのワンオフモデル、M850i Night Skyを発表した。

20190103 bmw m850i 02.jpg

これはBMWのカスタマイズを担当する、BMW Individualによって製作された、地球に落下した小惑星の2003EHを素材として使用したモデル。

20190103 bmw m850i 03.jpg

エクステリアはBMW Individual専用仕上げのボディカラーを採用。

20190103 bmw m850i 04.jpg

ボディ上部はソリッドブラック、ボディ下部はサンマリノブルーメタリックを採用し、3層のクリアコート仕上げがされている。

20190103 bmw m850i 05.jpg

インテリアは2003EHから取り出された隕石素材のウィドマンシュテッテン構造模様を、センターコンソールのトリム全体、エンジンスタート/ストップボタン、8速ATセレクターレバー、iDriveコントローラー、ドアシルプレートなどに使用。

20190103 bmw m850i 06.jpg

センターアームレストは宇宙をイメージしたデザインで、LEDユニットが星空のように照射する。

20190103 bmw m850i 07.jpg

ウィドマンシュテッテン構造模様は3Dプリント技術を用いて、ミラーキャップ、フロントスプリッター、センターメッシュプレート、フロントサイドパネルエアブリーザーなどにプリントされている。

20190103 bmw m850i 08.jpg

超軽量ブレーキキャリパーは3Dプリンタで製作され、M850i Night Skyのアルミ製ブレーキキャリパーは、BMW Motorsportによって開発され、ノーマルと比較して30%もの軽量化を実現し、ドライビングダイナミクスと乗り心地を大きく向上させた。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Die berühmtesten Sitzmuster von Porsche [車]

20181225 porsche 01.jpg

Porscheは70年以上の歴代モデルの中から、特別なシートパターンを持つモデルベスト5を発表した。

20181225 porsche 02.jpg

928

20181225 porsche 03.jpg

バーガンディとホワイトのストライプとヘッドレストにFerry Porscheの刺繍。
バーガンディとホワイトのコントラストが、インテリアの中で目を引く。

20181225 porsche 04.jpg

911(Gシリーズ)

20181225 porsche 05.jpg

ラセットブラウンとホワイトのピンストライプ。
Gシリーズのは最後に造られた3.2リッターの911で、1989年に2世代目911の17年間の生産が終了した。

20181225 porsche 06.jpg

911 Turbo Louise

20181225 porsche 07.jpg

Louise Piëchにちなんで名付けられた911 Turbo Louiseは、カレラボディの最初のターボモデル。
インテリアの各所にチェック柄が使われている。

20181225 porsche 08.jpg

901

20181225 porsche 09.jpg

ポルシェ博物館が所有する最古の911であるシャーシ番号57の901。
Pepitaパターンが使用されている。

20181225 porsche 10.jpg

911 Targa SC

20181225 porsche 11.jpg

モータースポーツのチェッカーフラッグを彷彿とさせたデザイン。
ブラックとネイビーブルーのコントラストが特徴。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Porsche Exclusive Manufaktur veredelt neuen Macan [車]

20181228 porsche exclusive manufacturektur 01.jpg

Porsche Exclusive Manufacturekturは、Macan Sをベースに多数の追加装備を備えたモデルを提供している。

20181228 porsche exclusive manufacturektur 02.jpg

エクステリアはスポーツデザイン パッケージ、スポーツデザイン エクステリアミラー、ドアハンドル(ハイグロスブラック)、20インチ マカンターボ ホイール(バルカノグレーメタリック)、スポーツテールパイプ(ブラック)など。

20181228 porsche exclusive manufacturektur 03.jpg

インテリアはインテリアパッケージ(アンスラサイトチェスナット)、カラークロノ メーターパネルおよびカラーメーターパネル(モハベージュ)、ヒ―テッド マルチファンクション スポーツステアリング ホイール(アンスラサイトチェスナット)、レザー仕上げシートセンター(コントラストカラー、ブラック)、ポルシェ クレスト エンボス ヘッドレスト、シートベルト(モハベージュ)など。

20181228 porsche exclusive manufacturektur 04.jpg

顧客の要望に応え、真に特別な車を創り上げる。
どのモデルであっても、それは他にはない1台となるという。

20181228 porsche exclusive manufacturektur 05.jpg

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】Porsche 新型Macanを発表 [車]

20181218 porsche macan 01.jpg

ポルシェジャパン株式会社は、新型Macanを発表した。

20181218 porsche macan 02.jpg

エクステリアは、Porscheの伝統的なスタイリングを現代流に再解釈。
フロントにLEDヘッドライト、リアにLEDライトストリップを採用し、3次元的デザインを施すことでポルシェのDNAを色濃く反映し、よりスポーツカー然とした流麗なフォルムとなっている。

20181218 porsche macan 03.jpg

インテリアはインターネットと常時接続された新世代のポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)を標準装備し、最先端のインフォテイメントならびにコネクティビティを提供。
ダッシュボード上には画面サイズを従来の7.2インチから10.9インチへと拡大したタッチスクリーンを装備。

20181218 porsche macan 04.jpg

またPorsche Connectに話しかけるだけでナビゲーションの目的地が設定される音声認識機能を装備。
さらにPorsche Connectアプリを使えば事前に登録した目的地を車に乗り込んだ時点でPCMに送信することで、カーナビで設定する手間を省くことが可能となる。

20181218 porsche macan 05.jpg

運転支援システムはより高性能なセンサーを採用するとともに画像処理性能を向上させることで新機能を追加。
標準装備のアダプティブクルーズコントロールにはブレーキアシスト機能、歩行者検知機能が含まれ、渋滞時に停止と発進を自動的に繰り返すトラフィックジャムアシストもオプションで選択可能となる。

20181218 porsche macan 06.jpg

さらに車線変更時に斜め後方の車両の存在を知らせるレーンチェンジアシストと車庫入れ時に画像と警告音で車両の前後の様子を伝えるサラウンドビュー付きパークアシストを標準装備。
レーダーとカメラで車線を認識してステアリング操作を補助するレーンキープアシスト(65km/h以上で作動)もオプションで選択可能。

20181218 porsche macan 07.jpg

フロントサスペンションの一部をアルミ化して1.5kgの軽量化を実現し、アンチロールバー、スプリング、ダンパーなどの設定を見直すことで、さらにシャープなハンドリングを実現するとともに、バネ下荷重の低減により乗り心地も改善。
前後異型サイズタイヤは継続し、フロント235/60R18、リア255/55R18を採用、オプションで19〜21インチが選択可能となる。

20181218 porsche macan 08.jpg

パワーユニットは2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。
最高出力252ps/6750rpm、最大トルク37.7kgm/1600-4500rpmを発生。
最高速度227km/hとなる。

20181218 porsche macan 09.jpg

トランスミッションは7速PDKで駆動力は電子制御式多板クラッチを介して4輪に伝えら、洗練されたトルク配分機構によりレスポンスのいいハンドリングと優れたトラクション性能を発揮する。

20181218 porsche macan 10.jpg

価格は699万円となる。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Mercedes-Benz G350d [車]

20181221 benz g 01.jpg

Mercedes-BenzはG-Classのラインナップに、G350dの追加を発表した。

20181221 benz g 02.jpg

エクステリアはガソリンモデルのG500(国内ではG550)を踏襲。

20181221 benz g 03.jpg

インテリアは、人工レザーでカバーされたインストルメントパネルやレザーシートを採用。

20181221 benz g 04.jpg

オプションでdesignoレザーや、ダイヤモンドキルティングを使用したExclusive Interior Plusが選択可能となる。

20181221 benz g 05.jpg

パワーユニットは3.0リッターV型6気筒ターボディーゼルエンジンを搭載。
最高出力286ps/3400-4600rpm、最大トルク61.2kgm/1200-3200rpmを発生。
0-100km/h加速7.4秒、最高速度199km/h、燃費10.2~10.4km/Lとなる。

20181221 benz g 06.jpg

新設計のOM 656ディーゼルエンジンは、将来の排出ガス規制(RDE-Real Driving Emissions)に準拠。
さらに強化された排出ガス制御技術により、OM 656系エンジンの6気筒ユニットは、過酷な運転状況や環境条件においても現在のEuro 6d-TEMP規格の排出ガス基準の全てを下回っている。

20181221 benz g 07.jpg

エンジンマウントを制御することにより振動低減を図り、エンジン回転数が低い5km/h未満の速度域では、ラダーフレームへのねじり振動の伝達を最適に抑えるためにソフトに設定され、より回転数が高い領域では2つのエンジンマウントは自動的にハードとなり、快適性とドライビングダイナミクスの向上が可能となる。

20181221 benz g 08.jpg

トランスミッションはオフロード走行用にシフト時間を短縮させた9速の9G‑TRONICを搭載し、ワイドなキア比より低回転域での静粛性と燃費の向上に寄与する。

20181221 benz g 09.jpg

エコドライブモードでは、ドライバーがアクセルペダルを緩めるとクラッチを切りエンジン回転数をアイドリングまで落とし、車体は一定距離を滑走して燃料を節約する。
ドライバーがアクセルまたはブレーキペダルを操作すると、クラッチはすぐに繋がり通常走行状態に戻る。

20181221 benz g 10.jpg

5つのドライブモードや最新の運転支援システムなども搭載している。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Hinter den Kulissen: Prototypenbau bei Porsche [車]

20181219 porsche 01.jpg

Porscheのこれまでにほとんど公表されていない、あるいはまったく公表されていないプロトタイプのエピソード公開があった。

20181219 porsche 02.jpg

984

20181219 porsche 03.jpg

1984 年から 1987 年にかけて開発された、コンパクトかつ軽量、そしてエアロダイナミクス性に優れたロードスター。
廉価版の小型スポーツカーとして価格帯は4万マルク前後に設定され、高出力の代わりに、優れたエアロダイナミクスと機動性、低燃費を目標に掲げられた。
パワーユニットは空冷2.0リッター水平対向4気筒エンジンをリアに搭載、最高出力120psを発生した。

20181219 porsche 04.jpg

Cayenne Cabrio

20181219 porsche 05.jpg

2002年に開発されたカブリオレモデル。
リアデザインが異なる2つのバージョンが存在していたという。

20181219 porsche 06.jpg

911 Carrera 3.2 Speedster

20181219 porsche 07.jpg

1987年に開発された1人乗りモデル。
1950年代の初代Speedsterのように、純粋に運転する楽しみに焦点があてられたモデル。

20181219 porsche 08.jpg

Panamericana

20181219 porsche 09.jpg

1989年フランクフルトショーに出品されたオープンボディーのコンセプトモデル。
デザインの特徴は車両全体に渡って連続的に繋がるシームレスなライン。
開発自体は数ヶ月しか続かなかったが、デザインの反響が大きかったため、後の993型911のデザインに影響を与えた。

20181219 porsche 10.jpg

918 Spyder Rolling Chassis

20181219 porsche 11.jpg

開発時にバーチャルプロトタイプを使用した最新のデジタルメソッドが使用され、実際のプロトタイプが使用可能になる前に、多くのシステムとコンポーネントを他のシステムと組み合わせて包括的にテストすることにより、開発はより迅速かつ効率的に進められる。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Mercedes-Benz GLE with six-cylinder diesel [車]

20181219 benz gle 01.jpg

Mercedes-Benzは新型GLEにディーゼルエンジン追加を発表した。

20180912 benz gle 08.jpg

こちらは2018年9月に発表されたGLE450 4MATIC。
GLE450 4MATICには3.0リッター直列6気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載。
最高出力367ps/5500-6100rpm、最大トルク51.0kgm/1600-4500rpmを発生。
0-100km/h加速5.7秒、最高速度250km/h、燃費10.6~12.0km/L、Euro 6d-TEMP適合となる。

20180912 benz gle 03.jpg

今回3種類のディーゼルエンジンが追加された。

20180912 benz gle 09.jpg

GLE400d 4MATICには3.0リッター直列6気筒ツインターボディーゼルエンジンを搭載。
最高出力330ps/3600-4000rpm、最大トルク71.4kgm/1200-3000rpmを発生。
0-100km/h加速5.8秒、最高速度240km/h、燃費13.3~14.3km/L、Euro 6d適合となる。

20180912 benz gle 10.jpg

GLE350d 4MATICには3.0リッター直列6気筒ツインターボディーゼルエンジンを搭載。
最高出力272ps/3400-4600rpm、最大トルク61.2kgm/1200-3200rpmを発生。
0-100km/h加速6.9秒、最高速度230km/h、燃費13.3~14.5km/L、Euro 6d適合となる。

20180912 benz gle 11.jpg

GLE300d 4MATICには2.0リッター直列4気筒ツインターボディーゼルエンジンを搭載。
最高出力245ps/4200rpm、最大トルク51.0kgm/1600-2400rpmを発生。
0-100km/h加速7.2秒、最高速度225km/h、燃費15.6~16.4km/L、Euro 6d-TEMP適合となる。

20180912 benz gle 12.jpg

2019年春にデリバリーされるという。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Der neue Porsche 718 T [車]

20181219 porsche 718 01.jpg

Porscheは718 Tを発表した。
TはTouringを意味し、1968年の911Tが基点となる。

20181219 porsche 718 02.jpg

エクステリアは、サイドに車名ロゴ、ブラッククロームメッキ仕上げのツインテールパイプのスポーツエグゾーストを装備。

20181219 porsche 718 03.jpg

ボディカラーは、ブラック、インディアンレッド、レーシングイエロー、ホワイト、キャラホワイト、ディープブラック、GTシルバーメタリック、オプションでラバオレンジ、マイアミブルーが設定される。

20181219 porsche 718 04.jpg

足回りはチタングレーカラーの20インチのアルミホイール、20mm車高を下げたポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を採用。

20181219 porsche 718 05.jpg

インテリアは、モードスイッチ付き直径360mmのレザー製GTスポーツステアリングホイール、インストルメントパネルとセンターコンソールのトリムはグロスブラック仕上げ、ドアのエントリーストリップには車名ロゴが入る。

20181219 porsche 718 06.jpg

電動調整付きスポーツシートのセンターには、ブラックのスポーツテックスがされ、ヘッドレストには718ロゴが刺繍されている。
ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)は軽量化のために省かれ大型の収納スペースになっているが、追加料金なしで設定が可能。

20181219 porsche 718 07.jpg

スポーツクロノパッケージが標準装備され、ステアリングホイールのモードスイッチにより、ノーマル、スポーツ、スポーツプラス、インディビジュアルの各ドライビングモードが選択可能。
スポーツとスポーツプラスは、マニュアルトランスミッションのシフトダウン時に自動でレブマッチングが行われ、スポーツプラスでは、PASMやポルシェアクティブドライブトレインマウント(PADM)、アダプティブボディポジショニング、PDKがよりシャープな特性に変化する。

20181219 porsche 718 08.jpg

PADMは、エンジンやギアボックスの振動を最小限に抑え、駆動力に影響を与える可能性のある動きを低減させる。

20181219 porsche 718 09.jpg

パワーユニットは2.0リッター水平対向4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力300ps/7500rpm、最大トルク38.8kgm/2150rpmを発生。
0-100km/h加速5.1秒(6速MT)4.7秒(PDK)、最高速度275km/h、燃費12.2~12.7km/Lとなる。

20181219 porsche 718 10.jpg

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Audi SQ2 [車]

20181213 audi sq2 01.jpg

AUDIはSQ2を発表した。

20181213 audi sq2 02.jpg

パワーユニットは直噴2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力300ps/5300-6500rmp、最大トルク40.8kgm/2000-5200rpmを発生。
0-100km/h加速4.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)、燃費は14.3km/Lとなる。
トランスミッションは7速デュアルクラッチのSトロニック、駆動方式は四輪駆動のquattroを採用。

20181213 audi sq2 03.jpg

エクステリアは、専用デザインのフロントグリル、ダイナミックターンシグナルのLEDヘッドライト、LEDリアライトを装備。

20181213 audi sq2 04.jpg

Sスポーツサスペンションによりボディは20mm下げられ、各部にスポイラーなどを装備することにより空力性能を向上、Cd値は0.34となる。

20181213 audi sq2 05.jpg

インテリアはヘッドライニング、ピラー、シートはブラック、インパネ周辺はマットアルミ仕上げ、ペダルとフットレストはステンレス製、照明付きドアシルプレートはSのロゴ入り。

20181213 audi sq2 06.jpg

シートはレザーとファブリックの組み合わせで、レザー/アルカンターラ、またはナッパレザーをオプション設定。

20181213 audi sq2 07.jpg

SQ2インテリアパッケージは、レッドリングが付きエアアウトレット、ツートンカラーのナッパレザーシート、イルミネーション付きアンビエントライティング3つが組み込まれている。

20181213 audi sq2 08.jpg

オプションのアウディバーチャルコックピットは、ステアリングホイールのボタンを使用してフルデジタルコクピットを操作。
12.3インチディスプレイは、計器類の配置など3種類のモードがあり、最も重要な情報は、オプションのヘッドアップディスプレイに表示が可能。

20181213 audi sq2 09.jpg

MMIナビゲーションとMMIタッチを装備し、センターコンソールのロータリーボタンやタッチパッドで操作が可能。
MMIナビゲーションプラスは、8.3インチディスプレイを搭載。
モジュールは高速LTEで、Wi-Fiホットスポットも可能となる。

20181213 audi sq2 10.jpg

ドライバーアシスタンスシステムは、アウディプリセンスフロントを装備し、歩行者や他の車両の危険な状況をレーダーで認識しドライバーに警告、必要に応じて車両を停止させる。
アシストパッケージは、アダプティブクルーズコントロール、ストップ&ゴー機能、渋滞アシストなどを装備。
レーダーセンサーとフロントカメラにより、最高65km/hの速度で、ステアリング、加速、ブレーキのアシストを行うことが可能。
アウディアクティブレーンアシストは車線のはみだし防止、アウディサイドアシストはレーダーセンサと連動して、車線変更時の危険な状況をドアミラーに警告を表示して、ドライバーに知らせる。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】新型 Mercedes-Benz S560e Longを発表 [車]

20181213 benz s560e 01.jpg

メルセデスベンツ日本株式会社はEQ POWERモデルのS560e Longを発表した。

20181213 benz s560e 02.jpg

パワーユニットは直噴3.0リッターV型6気筒直噴ツインターボエンジンとモーターを搭載。
エンジンは最高出力367ps/5500-6000rpm、最大トルク51.0kgm/1800-4500rpmを発生。
モーターは最高出力122ps、最大トルク44.9kgmを発生し、システム合計で最高出力467ps、最大トルク71.4kgmとなる。

20181213 benz s560e 03.jpg

新開発の大容量13.5kWh高性能リチウムイオンバッテリー(37Ah)は200V・30A(6.0kW)の充電に対応し、充電時間を大幅に短縮。
EV走行時の最高速度は130km/h、フル充電状態で40.1kmの走行が可能で、ブレーキング時に運動エネルギーを電気エネルギーとしてバッテリーに蓄える回生機能を搭載。

20181213 benz s560e 04.jpg

ECO、Comfort、Sport、Individualのダイナミックセレクトの4つの走行モードと、HYBRID、E-MODE、E-SAVE、CHARGEの4つのプラグインハイブリッドシステムモードの組み合わせで、走行する場面に合わせた多彩なモードを選択することが可能。

20181213 benz s560e 05.jpg

EV走行とエンジン走行の切り替えポイントや不要な加速を、アクセルペダルが右足への触覚で通知し、エコドライブを快適にアシスト。
プレッシャポイント機能は、E-MODE(EV走行モード)時にモーター走行の限界点を、アクセルペダルの抵抗を増大させることで通知。
ドライバーはインストゥルメントパネルを見なくても、右足の感触だけで簡単にEV走行を続けることができ、プレッシャポイントはその抵抗をいつでも踏み越えることが可能。
さらに力強い加速が必要なときに、エンジンとモーターによるハイブリッド走行を行うことができる。
ダブルパルス機能は、燃費を最優先するE+モードで、走行時にアクセルペダルが不要な加速操作を通知。
レーダーセーフティパッケージのレーダーセンサーで前走車の距離と速度差を計測し、前走車が減速した場合などに、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させアクセルペダルから足を離すようドライバーに促し、足を離すと回生ブレーキを使用してバッテリーに充電しながら適切な車間距離を自動で維持する。

20181213 benz s560e 06.jpg

Mercedes me connectのリモート車両確認機能は、スマートフォンでバッテリーの充電状況や航続可能距離が確認可能。
プリエントリークライメート機能は、コマンドシステムやスマートフォンでエアコンなどの作動設定が可能。
充電ステーション表示は、COMANDシステムのMB Appsで充電ステーションの位置が確認でき、ナビゲーションの目的地として設定可能。

20181213 benz s560e 07.jpg

新車購入から3年間走行距離無制限のメルセデスケアに加え、リチウムイオンバッテリーをはじめとする全ての部品に4年間の特別延長保証を適用し合計7年間保証が有効。 

価格は1697万円となる。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】Audi A4シリーズを一部変更 [車]



アウディジャパン株式会社は、A4とS4の装備と価格の一部変更を発表した。



エクステリアは、ボディカラーにナバーラブルーを追加。



主力グレードのsportに、従来S lineに採用されていたフロントバンパーとクロームグリルを採用、アルミホイールのデザインも一新し、リアはベースグレードも含め、テールパイプを2本出しのリヤディフューザーと一体型に変更。



A4のS lineパッケージとS4は、新デザインのフロントバンパーを採用し、アルミホイールデザインも一新。
 

インテリアは、S lineおよびS4の各オプションパッケージ内容を変更し、バーチャルコクピットやアンビエントライティングなどを組み込み、sportのインテリアに、ヌガーヌブラウンを追加。



また今回、前輪駆動モデルのA4 35 TFSI sportとA4 Avant 35 TFSI sportをベースに、グロスブラックの18インチアルミホイール、マルチカラーアンビエントライティング、AGAフロアマットスポーツなどを装備した特別限定車を、セダン、アバント各125台ずつ(計250台)発売する。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Porsche Macan S startet mit neuem V6-Turbomotor [車]

20181211 porsche macan 01.jpg

Porscheは新型Macan Sを発表した。

20181211 porsche macan 02.jpg

パワーユニットは新開発の3.0リッターV型6気筒ターボガソリンエンジンを搭載。
最高出力354ps/5400-6400rpm、最大トルク48.9kgm/1360-4800rpmを発生。
先代モデルと比較して最高出力14ps、最大トルク2.0kgmのアップ。
オプションのスポーツクロノパッケージは0-100km/h加速5.1秒、最高速度254km/h、燃費11.2km/Lとなる。

20181211 porsche macan 03.jpg

エクステリアはフロントにLEDヘッドライト、リアに立体的なLEDライトを採用。

20181211 porsche macan 04.jpg

オプションのポルシェダイナミックライトシステムプラス(PDLS プラス)はヘッドライトの照射位置を走行状況に応じて最適に制御する。

20181211 porsche macan 05.jpg

インテリアは10.9インチフルHDタッチスクリーンを採用。
ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)システムは、2つのオーディオインターフェイス、携帯電話接続システム、オンラインナビゲーションなど、デジタルによる利便性を提供。
ポルシェコネクトプラス、Wi-Fiホットスポット、ポルシェコネクトサービスなども装備する。

20181211 porsche macan 06.jpg

インテリジェント四輪駆動システム、前後異径タイヤ、ポルシェトラクションマネージメント(PTM)を採用したシャーシは、再チューニングされ最適化。

20181211 porsche macan 07.jpg

アルミ製スプリングを採用したフロントアクスルは、高剛性化とばね下重量の低減を実現し、ステアリングの正確性や乗り心地を向上。

20181211 porsche macan 08.jpg

ポルシェアクティブスタビリティマネジメント(PASM)、ポルシェトルクベクタリングプラス(PTVプラス)、車高調節可能なエアサスペンションも用意される。
ブレーキも強化され、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)がオプションで選択可能となる。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Superlative der Geschwindigkeit [車]

20181211 porsche top5 01.jpg

Porscheの歴代モデルの最速モデルTop5は何か?

20181211 porsche top5 02.jpg

約8kmのストレートと高速バンクを持つ、21kmメートルのテストコースで計測した。

20181211 porsche top5 03.jpg

Top5
911 Turbo S
3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力580ps/6750rpm、最大トルク76.5kgm/2250-4000rpmを発生。
330km/h

20181211 porsche top5 04.jpg

Top4
Carrera GT
5.7リッターV型10気筒エンジンを搭載。
最高出力612ps/8000rpm、最大トルク60.2kgm/5750rpmを発生。
334km/h

20181211 porsche top5 05.jpg

Top3
959 S
2.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力515ps/6500rpm、最大トルク57.2kgm/6450rpmを発生。
339km/h

20181211 porsche top5 06.jpg

Top2
911 GT2 RS
3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力700ps/7000rpm、最大トルク76.5kgm/2500-4500rmpを発生。
340km/h

20181211 porsche top5 07.jpg

Top1
918 Spyder
4.6リッターV型8気筒エンジンを搭載。
最高出力612ps/8700rpm、最大トルク55.1kgm/6700rpmを発生。
モーターは最高出力286ps(フロント130ps、リア156ps)、最大トルク59..7kgmを発生。
システム合計で最高出力887ps/8500rpm、最大トルク130.5kgm以上/750-1300rpmを発生。
345km/h


*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Mercedes-Benz Sprinter 4x4 [車]

20181206 sprinter 4x4 01.jpg

Mercedes-Benzは、Sprinter 4x4を発表した。

20181206 sprinter 4x4 02.jpg

こちらは2018年2月に発表した二輪駆動のSprinter。

20181206 sprinter 4x4 03.jpg

二輪駆動のSprinterと比較して、車体はフロント15mm、リア135mm引き上げられ、ローモードがオプションで設定可能。
アプローチアングル26度、デパーチャーアングル25度、ランプブレークオーバーアングル23度と悪路走破性を強化、登坂能力は二輪駆動のSprinterと比較して20%向上、車重は140kg増加しているという。

20181206 sprinter 4x4 04.jpg

アダプティブエレクトリックスタビリティプログラム(Adaptive ESP)には、最適な運転特性とハンドリング特性に大きく貢献するエレクトリックトラクションコントロールシステムの4ETS、アンチロックブレーキシステム(ABS)、アクセルスキッドコントロール(ASR)、エレクトリックブレーキ力配分(EBV)、ブレーキアシスト(BAS)、スタートアシストシステム(AAS)が含まれる。
4ETSは、車輪が滑りやすい路面で短時間で車輪の回転を自動制動し良好な牽引力で車輪への駆動トルクを増加させ、ディファレンシャルロック、リアアクスルロック、フロントアクスルロックの3種類の自動制動が可能。

20181206 sprinter 4x4 05.jpg

アクセルスキッドコントロール(ASR)は、走行状況に応じてステアリングホイールのメニューボタンで一時的に無効にすることにより牽引力を改善することができ、40〜60km/hの速度に達した時、スリップが過度に増加した時、ASRオフモードで10秒以上経過した時は、自動的に再起動される。
速度が上がるにつれディファレンシャルロックを低減させ、車体のヨーイングを防止、悪路走行中にブレーキ温度が危険な状態まで上昇すると、ブレーキが冷却されるまで自動的にロック効果を低減、ドライバーにインジケータランプで知らせる。
ラゲッジスペースの荷重や重心によりAdaptive ESPが制御特性を変更したり、オプションでダウンヒルでの速度を一定に保つことも可能だという。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Audi TT [車]

20181204 audi tt 01.jpg

AUDIはTTシリーズのマイナーチェンジを発表した。

20181204 audi tt 02.jpg

エクステリアはシングルフレームグリルは立体的な造形となり、両サイドに設置されたエアインテークが、路面に低く構えた印象を生み出し、リアの水平なラインがこのコンパクトスポーツカーの幅広さを強調。
LEDヘッドライトまたはダイナミックターンシグナルを備えたマトリクスLEDヘッドライトがオプションで選択可能で、ボディカラーは、コスモスブルー、パルスオレンジ、ターボブルー(S line)の3色が追加された。

20181204 audi tt 03.jpg

オプションのS lineエクステリアパッケージを選択すると、フロント、サイドシル、リアに、専用コンポーネントが装着され、さらにS lineスポーツパッケージを選択すると、Sスポーツシートが装備され、車高は10mmローダウンされる。

20181204 audi tt 04.jpg

インテリアはエアベントのインナーリングに、サテンオレンジ及びターボブルーの新色が用意された。
アウディドライブセレクトを装備し、ドライバーはマルチファンクションステアリングホイールを使用して、すべてのインフォテインメント及びボイスコントロール機能が操作可能。
ディスプレイは2種類の異なるビューを選択可能なアウディバーチャルコックピットに表示される。
さらにスマートフォンをはじめとするモバイル機器を、照明付きUSBポートおよびBluetooth経由で接続することが可能。

20181204 audi tt 05.jpg

今回のマイナーチェンジに合わせ、発売20周年を記念した限定モデル、TT 20 YearsをCoupeとRoadster合計999台限定で発表した。

20181204 audi tt 06.jpg

エクステリアは光沢メタルグレイの19インチアルミホイール、マトリクスOLEDリヤランプ、専用デザインのエグゾースト、サイドシルに設置された艶消しフォーリングスなどを採用。

20181204 audi tt 07.jpg

インテリアはシート、ドアパネル、センターコンソールに、モカシンブラウンのファインナッパレザーを採用し、レザーの装飾ストリップやパヌーカコントラストステッチは、1995年の東京モーターショーで初公開された、TTS Roadster concept studyのインテリアを現代的に解釈したもの.
シリアルナンバーが刻印されたバッジに加え、ステアリングホイールとシフトレバーノブにはTT 20 yearsエンブレムが装着される。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】New star in the movie capital – the Audi e-tron GT concept
 [車]

20181128 audi e-tron gt concept 01.jpg

AUDIはロサンゼルスモーターショー2018において、e-tron GT conceptを発表した。

20181128 audi e-tron gt concept 02.jpg

e-tronとしては、既に生産が開始されているe-tron SUV、2019年に登場する予定のe-tron Sportbackに続く3番目のモデル。

20181128 audi e-tron gt concept 03.jpg

ボディサイズは全長4.96m×全幅1.96m×全高1.38m。
軽量な4ドアクーペボディはマルチマテリアル構造を使用し、カーボン製のルーフ、数多くのアルミニウム製コンポーネント、そして高強度鋼から製造されたサポートエレメントから構成されている。

20181128 audi e-tron gt concept 04.jpg

エクステリアはシングルフレームグリルをフロントセクションの中央に設置、グリルの上部はボディカラーで塗装されたカバーを装着し、その表面構造はAudi RSモデルのグリルに採用されているハニカムパターンを想起させ、このクルマがAudi Sport GmbHの未来のモデルであることを示している。
フロントセクションの矢印の形状は、レーザーハイビームを備えたマトリクスLEDヘッドライトの存在を示し、既にVision系のモデルで示されているように、ライトにはアニメーション機能が組み込まれ、水平方向に広がる波をイメージした短いシーケンスによってドライバーを出迎える。

20181128 audi e-tron gt concept 05.jpg

リアライトは車幅全体を横切って延びていて、このライトストリップは外側に向かうにつれ、ウェッジシェイプのLEDセグメントを配したリヤライトユニットへと融合されていく。
このアーキテクチャーはe-tron GTと量産モデルのe-tron SUVを視覚的にリンクし、このクルマがAUDIのEV車であることを一目で認識することができる。

20181128 audi e-tron gt concept 06.jpg

インテリアはセンターコンソール、トップセクションの大型タッチスクリーン、ドアレール及びコックピットのラインがドライバーを取り囲むように設置され、各種機能やインフォテインメントをはじめとする操作系は人間工学的に最適化、センターコンソールとインストルメントクラスターは宙に浮かんでいるような印象を与え、インストルメントパネル上部には明るい色を採用、フロアに向かうに従って徐々に暗くなっていき、幅広い印象が生み出されている。

20181128 audi e-tron gt concept 07.jpg

インストルメントパネル中央のディスプレイとセンターコンソール上部のタッチスクリーンは、ドライバーの好みに応じてバーチャルアナログ表示にしたり、航続距離と共にナビゲーションのマップを拡大したり、インフォテインメント機能のメニューを表示させたり、様々なレイアウトに変化させることが可能で、触覚フィードバックを備えたタッチスクリーンで操作する。

20181128 audi e-tron gt concept 08.jpg

フロント、リア共にモータースポーツからフィードバックされたスポーツシートを採用し、高速コーナーでも理想的なラテラルサポートを提供、ラゲッジスペースはボンネット下に100L、リアに最大450Lの容量を確保。

20181128 audi e-tron gt concept 09.jpg

前後のアクスルには個別の永久磁石式同期電動機(PMモーター)電気モーターを搭載、システム合計590psで、発駆動方式は四輪駆動のquattroを採用。
モーターが発生したトルクは4つのホイールを介して路面へと伝達、電動式のquattroは前後のアクスル間に機械的なリンクがないため、極めて精密に作動する。
電子制御システムは前後のアクスル間だけでなく、左右のホイール間の駆動力も調整し、最適なトラクションが得られる。
0ー100km/h加速約3.5秒、0-200km/h加速約12秒を見込んでおり、最高速度は航続距離を最大化するために240km/hに制限されている。
通常のEV車が熱の問題によって出力が制限されるような状況でも、e-tron GT conceptは冷却システムによって、モーターとバッテリーのポテンシャルをフルに発揮させることが可能で、連続してフル加速を繰り返すことができるポテンシャルを秘めている。

20181128 audi e-tron gt concept 10.jpg

フラットデザインのリチウムイオンバッテリーは90kWh以上の容量を備え、航続距離は新しいWLTPモードで400km以上、フロント及びリヤアクスル間のフロア下全体に設置され、重心はR8に匹敵するほど低く、ハンドリングの面において大きなメリットをもたらし、4輪操舵システムを組み合わせることによって、非常に優れたコーナリング性能とともに、スポーツカーを彷彿とさせる俊敏性と精度を実現している。

20181128 audi e-tron gt concept 11.jpg

回生システムによって最大で30%航続距離を伸ばすことが可能で、2基の電気モーターを使用し電気油圧的に統合されたブレーキコントロールシステムを活用している。
シフトパドルのマニュアル操作によって起動するコースティング回生、予測効率アシスト経由で自動的に起動するコースティング回生、そして電気と油圧による減速をスムーズに移行するブレーキ回生と、3種類の異なる回生モードを組み合わせて使用している。
0.3G以下の減速ではエネルギー回生は電気モーターだけが担当し、従来型のブレーキは使用しないことにより、実質的に通常のブレーキ操作においては常にエネルギーがバッテリーに戻されることになる。
通常のホイールブレーキは、ドライバーがブレーキペダルを踏んで、0.3Gを超える減速が発生したときにのみ使用。
ブレーキ性能が低下することなしにハードブレーキングを繰り返すことが可能な、高性能セラミックディスクを装備している。

20181128 audi e-tron gt concept 12.jpg

バッテリーはアウディワイヤレスチャージングによる非接触充電が可能で、充電出力が11kWの場合は一晩でフル充電可能、有線による800Vの高速充電にも対応し、80%充電する時間は約20分で、320km以上の距離を走行することができるという。

20181128 audi e-tron gt concept 13.jpg

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Extensive engine range for new Audi Q3 [車]

20181128 audi q3 01.jpg

AUDIは新型Q3のエンジンラインアップ拡大を発表した。

20181128 audi q3 02.jpg

Q3 45 TFSIには2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力230ps/5000-6700rpm、最大トルク35.7kgm/1500-4400rpmを発生。
トランスミッションは7速Sトロニック、駆動方式は四輪駆動のquattroを採用。
0-100km/h加速6.3秒、最高速度233km/h、燃費13.2km/L。

20181128 audi q3 03.jpg

Q3 40 TFSIには2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力190ps/4200-6700rpm、最大トルク32.6kgm/1500-4200rpmを発生。
トランスミッションは7速Sトロニック、駆動方式は四輪駆動のquattroを採用。
0-100km/h加速7.4秒、最高速度220km/h、燃費13.9km/L。

20181128 audi q3 04.jpg

Q3 35 TFSIには1.5リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力150ps/5000-6000rpm、最大トルク25.5kgm/1500-3500rpmを発生。
トランスミッションは6速MT/7速Sトロニック、駆動方式はFFを採用。
0-100km/h加速9.5秒/9.2秒、最高速度211km/h/207km/h、燃費16.7km/L/17.5km/L。

20181128 audi q3 05.jpg

40 TDIには2.0リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。
最高出力190ps/3500-4000rpm、最大トルク40.8kgm/1750-3250rpmを発生。
トランスミッションは7速Sトロニック、駆動方式は四輪駆動のquattroを採用。
0-100km/h加速8.0秒、最高速度221km/h、燃費18.2km/L。

20181128 audi q3 06.jpg

35 TFSIには2.0リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。
最高出力150ps/3500-4500rpm、最大トルク34.7kgm/1750-3000rpmを発生。
トランスミッションは6速MT/7速Sトロニック、駆動方式は四輪駆動のquattro/FFを採用。
0-100km/h加速9.3秒/9.2秒、最高速度211km/h/207km/h、燃費18.2km/L/21.3km/L。

20181128 audi q3 07.jpg

価格は33,700ユーロからとなる。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Mercedes-AMG GT and AMG GT R PRO [車]

20181128 mercedes-amg gt 01.jpg

Mercedes-Benzはロサンゼルスモーターショー2018において、AMG GTシリーズのマイナーチェンジとAMG GT R PROの追加を発表した。

20181128 mercedes-amg gt 02.jpg

AMG GT R PROはAMG GT Rをベースに、レーシングカーのGT3とGT4のノウハウを導入、エンジンパワーアップ、新型サスペンション採用、各部の軽量化、エアロダイナミクス向上などを図ったモデル。

20181128 mercedes-amg gt 03.jpg

AMGサスペンションは、走行するコースに応じてスプリングやダンパーのセッティングを細かく調整することが可能。
フロントアクスルには、軽量カーボンファイバー製の可変式トーションバーが取り付けられ、リアのトーションバーも可変式で軽量化のため中空設計としている。

20181128 mercedes-amg gt 04.jpg

球面ベアリングをリアアクスルのウィッシュボーン上下に装着。
従来のウィッシュボーンベアリングよりも耐摩耗性が高く遊びがないため、トーインとキャンバーは高負荷状態でも変化しないので、より正確に駆動することが可能。
リアアンダーボディのカーボンファイバー製パネルも、高いハンドリング性能に貢献。
この軽量高剛性のパーツがリア構造を補強し、ボディシェル剛性を高めている。
電子制御のダイナミックエンジンマウントとトランスミッションマウントはレスポンスを高め、高精度なフィードバックを得るために再チューニングされた。

20181128 mercedes-amg gt 05.jpg

北米と中国を除きトラックパッケージを採用。
ロールオーバー保護システム、前席の4点式ハーネス、消火器を装備する。
ロールオーバー保護システムのボルト付きスチール製ロールケージは、メインロールバー、ハーネスを取り付けるためのブレース、2つの後方ブレース、後方の対角線のXブレースで構成。
北米と中国では、トラックパッケージの代わりにマットカーボンファイバートリムエレメントとトランクブレースが装備される。

20181128 mercedes-amg gt 06.jpg

各部にカーボンファイバー製パーツを採用して軽量化。
ブラック塗装のキャリパーが付くセラミックコンパウンドブレーキシステムを装備。
クリアコーティングされたカーボンファイバー製のAMGバケットシート、北米と中国ではAMGパフォーマンスシートを装備。
軽量構造のAMGパフォーマンス5ダブルスポーク鍛造ホイールは、チタングレーで塗装され、リム部分は光沢の仕上げとなる。

20181128 mercedes-amg gt 07.jpg

エアロダイナミクス向上は、フロントに新設計のリップスポイラー付きフロントエプロンを装備し。
フロントフェンダーのルーバーはフロントアクスルリフトの低減に貢献。
アンダーボディについては、フロントエプロン下のアクティブエアロシステムのAIRPANELが下回りの空気の流れを最適化する。
リアのスポイラーはリアアクスルのダウンフォースを強化する。

20181128 mercedes-amg gt 08.jpg

パワーユニットは直噴4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力585ps/6250rpm、最大トルク71.4gm/1900-5500rpmを発生。
トランスミッションは7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトDCT 7を採用。
0-100km/h加速3.6秒、最高速318km/h、燃費は8.1km/Lとなる。

20181128 mercedes-amg gt 09.jpg

その他のAMG GTシリーズはパワーユニットに変更はないが、フル液晶メーターパネル、センターコンソールLEDターンシグナル/ポジションライト//デイタイムランニングライトを兼用する新デザインのヘッドライトユニットなどが採用された。

20181128 mercedes-amg gt 10.jpg

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Porsche 911 GT2 RS Clubsport geht mit 700 PS an den Start [車]

20181128 porsche gt2 rs clubsport  01.jpg

Porscheはロサンゼルスモーターショー2018において、911 GT2 RS Clubsportを200台限定で発表した。

20181128 porsche gt2 rs clubsport  02.jpg

GT2 RS Clubsport開催の計画や、レース運営会社SROとの話し合いを進めているという。

20181128 porsche gt2 rs clubsport  03.jpg

パワーユニットは911 GT2 RSと同様の700psを発生する3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンで、7速PDKを介して310mmのリアタイヤを駆動する。

20181128 porsche gt2 rs clubsport  04.jpg

エクステリアはフロントに6ポットアルミモノブロックレーシングキャリパーと390mmローター、リアに4ポットキャリパーと380mmローターを装備。

20181128 porsche gt2 rs clubsport  05.jpg

車重は1390kgに抑えられ、トラクションコントロール、ABS、ポルシェスタビリティマネジメント(PSM)を装備し、センターコンソールに配置されたスイッチンにより運転状況に応じて調整や、機能をオフにすることが可能。

20181128 porsche gt2 rs clubsport  06.jpg

インテリアはカーボン製ステアリング、メーターパネル、ロールケージに固定された6点式シートベルト、レース用フルバケットシートなどを装備、一部装備はFIA-GT3マシンの2019年型の911 GT3 Rと同じものとなる。
上記の通りサーキット走行に必要な機能を装備しながら、快適性向上のためのエアコンも装備しているという。

20181128 porsche gt2 rs clubsport  07.jpg

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Der Typ 991: Der Elfer überschreitet die Millionen-Grenze [車]

20181127 porsche911 01.jpg

Porscheによる歴代911レビューの7回目。

20181127 porsche911 02.jpg

第7世代の991型は2011年デビュー。

20181127 porsche911 03.jpg

ボディは軽量化されホイールベースを100mm延長。
インテリアはCarrera GTのアーキテクチャを採用し、モダンなデザインとクラシックな911の要素を組み合わせ、ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)を装備している。

20181127 porsche911 04.jpg

911 Carreraには3.4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力350ps/7400rpm、最大トルク39.7kgm/5600rpmを発生。

20181127 porsche911 05.jpg

911 Carrera Sには3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力400ps/7400rpm、最大トルク44.9kgm/5600rpmを発生。

20181127 porsche911 06.jpg

911 Carrera GTSには3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力430ps/7500rpm、最大トルク44.9kgm/5750rpmを発生。

20181127 porsche911 07.jpg

2015年のマイナーチェンジで、Carreraシリーズはツインターボエンジンに変更し、ダウンサイジングによる燃費向上と、パフォーマンスアップを図る。

20181127 porsche911 08.jpg

911 Carreraには3.0リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力370ps/6500rpm、最大トルク45.9kgm/1700-5000rpmを発生。

20181127 porsche911 09.jpg

911 Carrera Sには3.0リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力420ps/6500rpm、最大トルク51.0kgm/1700-5000rpmを発生。

20181127 porsche911 10.jpg

911 Carrera GTSには3.0リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力450ps/65500rpm、最大トルク56.1kgm/2150-5000rpmを発生。

20181011 911 targa 07.jpg

また911 TargaはBピラーの代わりにワイドブラケットを使用して、伝統的なコンセプトと、洗練されたルーフ構造を実現した。

20170630 911 gt2 rs 33.jpg

2017年にデビューしたトップモデルの911 GT2 RSには3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力700ps/7000rpm、最大トルク76.5kgm/2500-4500rmpを発生。
0–100km/h加速2.8秒、100–200km/h加速5.5秒、0-200km/h加速8.3秒、0-300km/h加速22.1秒、最高速度340km/hと歴代最速。

20180221 911 gtr rs 08.jpg

2018年にデビューした911 GT3 RSには4.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力520ps/8250rpm、最大トルク47.9kgm/6000rmpを発生。

20181127 porsche911 11.jpg

軽量化された911 Carrera T

20160301 porsche 911r 10.jpg

991台限定の最軽量1370kgの911 R

20130604 porsche 911 01.jpg

50周年記念の50 Jahre 911

20170630 911 gt2 rs 07.jpg

2011年から2018年10月までの間、ポルシェ991は合計217,930台が生産された。
1963年の初代デビューからの累計は1,049,330台が生産されたことになる。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Der Typ 997: Technik-Offensive, neues Design und große Vielfalt beim Elfer [車]

20181126 porsche 911 01.jpg

Porscheによる歴代911レビューの6回目。

20181126 porsche 911 02.jpg

第6世代の997型は2004年デビュー。

20181126 porsche 911 03.jpg

多彩なモデル展開がされており、パワーユニットは自然吸気とターボエンジン、駆動方式はRRと全輪駆動、ホディは標準ボディとワイドボディ、ボディタイプはCoupe、Targa、Cabriolet、Speedster、バリエーションはGT2、GT2 RS、GT3、GT3 RSなどで、24種類のモデルバリエーションと、さまざまなカスタマイズオプションが用意されていた。

20181126 porsche 911 04.jpg

標準ボディのCarreraでもリアデザインはダイナミックでパワフルに進化。

20181126 porsche 911 05.jpg

Carrera S、GT、Turboはさらに44mmワイド化。
円形のヘッドライトは2008年7月のモデル改訂以降、バイキセノンヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトを採用。

20181126 porsche 911 06.jpg

パワーユニットは2008年のフェイスリフトで直噴エンジンに変更され、排気量もわずかに変更される。

20181126 porsche 911 07.jpg

911 Carreraには3.6リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
前期型は最高出力325ps/6800rpm、最大トルク37.7kgm/4250rpmを発生。
後期型は最高出力345ps/6500rpm、最大トルク39.7kgm/4400rpmを発生。

20181126 porsche 911 08.jpg

911 Carrera Sには3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
前期型は最高出力355ps/6600rpm、最大トルク40.8kgm/4600rpmを発生。
後期型は最高出力385ps/6500rpm、最大トルク42.8kgm/4400rpmを発生。

20181126 porsche 911 09.jpg

911 Carrera GTSには3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力408ps/7300rpm、最大トルク42.8kgm/4200-5500rpmを発生。

20181126 porsche 911 10.jpg

911 Carrera GT3には3.6リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
前期型は最高出力415ps/7600rpm、最大トルク41.3kgm/5500rpmを発生。
後期型は最高出力435ps/7600rpm、最大トルク43.8kgm/5500rpmを発生。

20181126 porsche 911 11.jpg

911 Carrera GT3RS 3.8には3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力450ps/8500rpm、最大トルク43.8kgm/6750rpmを発生。
911 Carrera GT3RS 4.0には3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力500ps/8250rpm、最大トルク46.9kgm/5750rpmを発生。

20181126 porsche 911 12.jpg

911 Carrera GT2には3.6リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力530ps/6500rpm、最大トルク69.4kgm/2200-4500rpmを発生。

20181126 porsche 911 13.jpg

911 Carrera GT2RSには3.6リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力620ps/6500rpm、最大トルク71.4kgm/2250-5500rpmを発生。

20181126 porsche 911 14.jpg

911 Turboには3.6リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
前期型は最高出力480ps/6000rpm、最大トルク63.2kgm/1950-5000rpmを発生。
後期型は最高出力500ps/6000rpm、最大トルク66.3kgm/1950-5000rpmを発生。
911 Turbo Sには3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力530ps/6250rpm、最大トルク71.4kgm/2100-4250rpmを発生。

20181126 porsche 911 15.jpg

250台限定の911 Sport Classic

20181126 porsche 911 16.jpg

356台限定の911 Speedster

20181126 porsche 911 17.jpg

918台限定の 911 Turbo S Edition 918 Spyder (918 Spyderオーナーのみがオーダー可能)

20181126 porsche 911 18.jpg

2004年から2012年の間、ポルシェ997は合計213,004台が生産された。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Der Typ 996: der erste Elfer mit wassergekühltem Boxer-Triebwerk [車]

20181125 porsche 911 01.jpg

Porscheによる歴代911レビューの5回目。

20181125 porsche 911 02.jpg

第5世代の996型は1997年デビュー。

20181125 porsche 911 03.jpg

エンジンは水冷化し、ボディは大型化した。
Boxsterなどとの部品の共有化によるコスト削減を実施。

20181125 porsche 911 04.jpg

パワーユニットは3.4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力300ps/6800rpm、35.7kgm/4600rpmを発生。
2002年には排気量を3.6リッターに拡大。
最高出力320ps/6800rpm、37.6kgm/4250rpmを発生。
2003年には40 Jahre Porsche 911を1963台限定発売。
最高出力345ps/6800rpm、37.6kgm/4800rpmを発生。

20181125 porsche 911 05.jpg

911 Turboも水冷化。
パワーユニットは3.6リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力420ps/6000 rpm、最大トルク57.1kgm/2700-4600rpmを発生。
最高速度は300km/hオーバーとなる。

20181125 porsche 911 06.jpg

911 GT2は911 Turboをベースにエンジンを強化。
最高出力483ps/6500rpm、最大トルク65.3 kgm/3500-4500rpmを発生。
911 GT3はポルシェカップ向けに限定生産。
パワーユニットは3.6リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力360ps/7,200rpm、最大トルク37.6kgm/5000rpmを発生。
911 GT3はその後標準モデルとなりエンジンを強化。
最高出力381ps/7400rpm、最大トルク39.3kgm/5000rpmを発生。
2003年には911 GT3より20kg軽量化された、911 GT3 RSがでデビューした。

20181125 porsche 911 07.jpg

1997年から2005年の間、ポルシェ996は合計175,262台が生産された。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Der Typ 993: Höhepunkt der luftgekühlten Ära und der Letzte seiner Art [車]

20181124 porsche 911 01.jpg

Porscheによる歴代911レビューの4回目。

20181124 porsche 911 02.jpg

第4世代の993型は1993年デビュー。

20181124 porsche 911 03.jpg

当初はCoupeとCabrioletのみだったが、1995年にTargaを追加。
Targaは取り外し可能なルーフに代わりガラスルーフを採用し、電動で収納可能となった。

20181124 porsche 911 04.jpg

パワーユニットは3.6リッター空冷水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力272ps/6100rpm、33.6kgm/5000rpmを発生。

20181124 porsche 911 05.jpg

1996年には可変吸気機構を採用して、より高出力と好燃費を実現。
最高出力285ps/6100rpm、最大トルク34.7kgm/5250rpmを発生。

20181124 porsche 911 06.jpg

1995年には排気量を3.8リッターに拡大させたCarrera RSがデビュー。
最高出力300ps/6500rpm、最大トルク35.5kgm/5400rpmを発生。

20181124 porsche 911 07.jpg

1995年に911 Turboが追加され、量産911初のTurboと四輪駆動の組み合わせとなった。
パワーユニットは3.6リッター空冷水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力408ps/5750rpm、最大トルク54.0kgm/5400rpmを発生。

20181124 porsche 911 08.jpg

1998年の911 GT2ではさらにエンジンを強化。
最高出力450ps/6000rpm、最大トルク59.8kgm/3500rpmを発生。

20181124 porsche 911 09.jpg

トランスミッションは6速マニュアルトランスミッションに強化され、ティプトロニックにはパドルシフトが追加された。

20181124 porsche 911 10.jpg

第4世代993型は1993年から1998年に合計68,881台が生産された。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Die sieben Generationen des Porsche 911: Teil 3 [車]

20181123 porsche 911 01.jpg

Porscheによる歴代911レビューの3回目。

20181123 porsche 911 02.jpg

第3世代の964型は1988年デビュー。
第2世代のデザインを踏襲しつつ、各部を新設計。

20181123 porsche 911 03.jpg

空冷水平対向6気筒エンジンは3.6リッターに拡大しツインプラグ化される。
最高出力250ps/6100rpm、最大トルク31.6kgm/4800rpmを発生。

20181123 porsche 911 04.jpg

最初に四輪駆動のCarrera 4がデビュー。
この四輪駆動は、先に発売されたスーパースポーツの959の技術をフィードバック。

20181123 porsche 911 05.jpg

1989年にはRRのCarrera 2がデビューし、ティプトロニックが設定された。
同時にCoupe、Cabriolet、Targaがデビューしている。
1993年には30 Jahre 911を911台限定発売。
911の30周年限定モデルとして、Carrera 4をベースに911 Turboの17インチシャーシを組み合わせた。
同じく1993年には911 Speedsterを930台限定発売、合わせてTurbolookのワイドボディ採用モデルを15台限定発売。
Carrera 2をベースに低く傾斜したフロントウィンドウ、フロントシート後方にはダブルバブル型のソフトトップ収納カバーを装備。

20181123 porsche 911 06.jpg

930型のまま継続されていた911 Turboは、1991年に964型チェンジ。
パワーユニットは3.3リッター空冷水平対向6気筒ターボエンジンを搭載。
最高出力320ps/5750rpm、最大トルク45.9kgm/4500rpmを発生。
1992年には911 Turbo Sを追加設定。
最高出力381ps/6000rpm、最大トルク50.0kgm/4800rpmを発生。

20181123 porsche 911 07.jpg

1993年に911 Turboは排気量を3.6リッターに拡大。
最高出力360ps/5550rpm、最大トルク53kgm/4200rpmを発生。

20181123 porsche 911 08.jpg

第3世代964型は1988年から1994年に合計63,762台が生産された。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)