So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「文次郎」で飲み [飲食]

K先輩と横浜昼飲みの散策を終え帰宅しようと、関内から桜木町に向かって歩いている途中、K先輩から〆に行こうと電話が入る。
桜木町まで歩いてきたのだが、再び関内に向け歩いて戻る。
向かったのはK先輩がたまたま見つけた「文次郎」。
この日は昼飲みの飲み歩きをしていて、この店で4軒目。
http://www.bunjiro.biz/

20161010 文次郎 01.jpg

店は関内駅から徒歩2分ほどの場所。
オーダーはK先輩におまかせする。

20161010 文次郎 02.jpg

キリンラガービール(金額不明)

20161010 文次郎 03.jpg

お通し(金額不明)
手前はたらこの煮物、奥は大根おろしとしらす。
たらこが滅茶苦茶しょっぱかった。

20161010 文次郎 04.jpg

おでん7種盛(金額不明)
既に少し食べた後の状態。
出汁はのどぐろ、鰹節、どんこ、利尻昆布、純米酒を使っているという。
確かに上品な感じの出汁であった。
ちなみにのどぐろの風味豊かな和風ラーメンもメニューにあるという。
それは是非いただいてみたい。

20161010 文次郎 05.jpg

茄子とトマトのサラダ (780円)
茹でた茄子にトマトや葉物、その上には鰹節がのる。
さっぱりしていておいしいサラダであった。
ちなみに野菜はこだわりの地元三浦産の物を使っているという。
とにかく瑞々しくて甘く、野菜というよりもむしろ果物のように甘い三浦野菜だという。
今度じっくりいただいてみたい。

20161010 文次郎 06.jpg

ちくわの磯辺揚げ(金額不明)
この店では最初はK先輩夫妻と3人で、途中からK夫妻の知人も加わり、4名で1時間半ほど話を楽しむ。
この日は11:00過ぎから飲みっぱなし、食べっぱなしだったので、ビール数本を空けたところでごちそうさま。
お会計は12,000円ほどだったと思う。
そして後で知ったのだが、この店は地元小田原の朝取り地魚を使った料理が自慢だという。
今回はまったく違う料理ばかりをオーダーしてしまったので、もったいないことをした。
ラーメン、三浦野菜含め、再訪していただいてみたいと思った。

【メモ】
訪問日:2016/10/10(月)
店名:文次郎
住所:神奈川県横浜市中区曙町3丁目43
電話:045-261-0968
営業時間:7:00~25:00
定休日:無休


人気ブログランキングへ

「中華料理一番 本店 」で飲み [飲食]

横浜散策の途中でK先輩オススメの「中華料理一番 本店」に行ってきた。
この日は昼飲みの飲み歩きをしていて、この店で3軒目。

20161010 中華料理一番 本店 01.jpg

場所は京浜急行黄金町駅から徒歩6分ほど。
よこはまばし商店街のすぐ近くにある。

20161010 中華料理一番 本店 02.jpg

店頭のメニュー。
実際はかなりの数のメニューがあるので、ここにあるのはその一部。
肉みそ炒め、ミニラーメン、ご飯、付け合わせ、漬物、デザートの付いた600円のAセットが気になる。
しかも時間によってはご飯の大盛やおかわりが自由とある。
素晴らしい。
開店朝7時閉店深夜1時とあるが、つい最近までは24時間営業だったらしい。
時刻13:50頃だったが、店内に入ると満席状態。
ほとんどすべての客が、昼間っから飲んでいる。
この日は3人で行ったのだが、4人テーブルで食事中の1人客を他の席に移動させ席を空けてくれた。
まーそんな雰囲気の店である。
ちなみに中国系のスタッフのようである。
オーダーはK先輩におまかせする。

20161010 中華料理一番 本店 03.jpg

サッポロビール(540円)
サッポロラガービールの大瓶とは渋い。
他にも瓶ビールはエビスとアサヒ、生ビールはザッポロとアサヒがあった。
ちなみに生ビールを見たのだが、中ジョッキ2杯分ほどはありそうな大きなジョッキであった。
あれで540円は格安だと思った。

20161010 中華料理一番 本店 04.jpg

焼キョーザ(324円)
皮はふにゃっとしたタイプの餃子が1皿に6個。
これを2皿オーダー。
手作り感は高いのだが、ややケミカル臭が高めかな。

20161010 中華料理一番 本店 05.jpg

カニ玉(540円)
フルサイズの物は918円だが、こちらはミニサイズ。
ミニといっても普通の店ではほぼ通常サイズといえるほどの大きさ。
たっぷりの餡がかけられ、マカロニサラダが添えられる。
玉子はややかために焼かれていて、カニはそれほど多くは入っていない。
脇役のマカロニサラダがなかなかよかった。

20161010 中華料理一番 本店 06.jpg

かうよ(540円)
フルサイズの物は918円だが、こちらもミニサイズ。
かうよとは豚バラ肉をやわらかく煮たもの。
両脇に青梗菜が添えられる。
大き目サイズのバラ肉がたっぷりと入っていて、これも間違えなく通常サイズと言える。
中国独特の香辛料を感じたが、それほど気にならないレベル。
この日はラーメン、日本酒をいただいてきた3軒目なので、飲食はそれほど進まない。
3人でゆっくり飲んで話して2時間ほど経過。
ビールを3本飲んだところでごちそうさま。
お会計は3,348円。
今度お腹を空かせてゆっくり飲みにきたいと思ったが、かなり煙草の煙がきついので、覚悟してこないといけないかな。

【メモ】
訪問日:2016/10/10(月)
店名:中華料理一番 本店
住所:神奈川県横浜市中区曙町3丁目43
電話:045-261-0968
営業時間:7:00~25:00
定休日:無休


人気ブログランキングへ

「とらきち家」でラーメン [飲食]

横浜散策の途中でK先輩オススムの「とらきち家」に行ってきた。
http://www.oudouya.com/torakichiya.html
王道家という家系ラーメンのチェーン支店らしい。
家系ラーメンは好みではないのだが仕方がない。

20161010 とらきち家 01.jpg

店は東急東横線の東白楽駅から徒歩3分ほど。
黄色い看板が派手である。

20161010 とらきち家 02.jpg

メニューはラーメン、野菜ラーメンが中心らしい。

20161010 とらきち家 03.jpg

店内入ってすぐにある券売機。
この後飲みに行く予定なので、シンプルにラーメンにした。

20161010 とらきち家 04.jpg

席に着こうと奥に進むと脂の影響か、ものすごく床が滑る。
ちなみに店内にとんこつ臭はない。
時刻は11:20頃、店内の入りは半分くらい。
店内の掲示物を見ると麺のかたさ、味の濃さ、脂の量が調整可能とある。
また日替わりでサービス価格になっているいくつかのトッピング類の掲示もある。
客の多くはテーブルでトッピング類を追加していた。
私はトッピング追加などせず、麺かためでオーダーした。

20161010 とらきち家 05.jpg

テーブルにはトッピング類が多数置かれる。
左から粗挽きトウガラシ、唐辛子、拉麺胡椒、ラーメン酢、マヨネーズ、豆板醤、刻みしょうが。

20161010 とらきち家 06.jpg

にんにく類も多数ある。
こちらはライス用にんにく、無口臭生にんにく、にんにく、おろし生しょうが、にんにくチップ。
さて4分ほど待ち出来上がる。

20161010 とらきち家 07.jpg

ラーメン(650円)
粘度の高い脂の浮いたスープに、チャーシュー、ホウレンソウ、海苔、ネギが乗る。
それぞれたっぷり入っていてなかなかいい。

20161010 とらきち家 08.jpg

スープからいただく。
一般的なラーメン店の数倍の量のガラを使用しているという濃厚な味。
K先輩はおいしいといっているが、家系ラーメンが好みでない私にはやはりそうは感じない。
やはり私に家系ラーメンは合わないようである。

20161010 とらきち家 09.jpg

味、太さ、歯触り、のどごしに至るまで濃厚スープとの最良の相性を突き詰めて開発しという麺。
ややウエーブ掛かった平打ち中太麺は沖縄そばのようなルックス。
小麦の香りはほとんどしないが、太さと食感からガッツリ系な印象がした。
後半も食感が変わらなかったのは好印象であった。

20161010 とらきち家 10.jpg

大型のチャーシューは1枚。
脂身は少なくおそらくロースと思われる。
いただいてみると、スモークされた香ばしさを感じる。
柔らかい食感でなかなかいいのだが、個人的にスモークされたチャーシューは好みではない。

20161010 とらきち家 11.jpg

後半は海苔でホウレンソウ、麺を巻いていただく。
ホウレンソウはシャキシャとした食感でなかなかいい。
海苔も大型の物が3枚あり食べ応えがある。
さていつもスープも全部飲んでしまうのだが、ほとんど残す。
やはり家系らーめんは私に合わないと感じた。

【メモ】
訪問日:2016/10/10(月)
店名:とらきち家
住所:神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3-1-1
電話:045-491-5953
営業時間:11:00~22:00
定休日:月曜日


人気ブログランキングへ

「徳樹庵」で飲み [飲食]

弟、息子とボウリング後の飲み。

20161001 徳樹庵 01.jpg

駅前のビルに向かう。

20161001 徳樹庵 02.jpg

ビル2Fの「徳樹庵」を目指す。

20161001 徳樹庵 03.jpg

店頭にはソフトドリンク飲み放題ののぼり。
残念ながらビールの飲み放題はやっていなかった。

20161001 徳樹庵 04.jpg

和風な店内。
ちなみに全席個室となる。

20161001 徳樹庵 05.jpg

私は生ビール(562円)弟と息子はソフトドリンク飲み放題(313円)で乾杯する。

20161001 徳樹庵 06.jpg

本鮪のお造り(1,069円)
本鮪らしくねっとりとした食感。
この日の中で一番おいしかった。

20161001 徳樹庵 07.jpg

シーザーサラダ(529円)
葉物、トマト、ベーコンなどのサラダ。
さっぱりとしていておいしい。

20161001 徳樹庵 08.jpg

豚ロース生姜焼き定食(1,177円×2)
弟と息子がオーダー。
豚ロース生姜焼き、ご飯、漬物にそばがうどんがつく。
少しいただいたのだが、ケミカルの不自然な味もきつかった。

20161001 徳樹庵 09.jpg

鶏もも唐揚げ(529円)
レモンとマヨネーズが添えられる。
いたって普通の唐揚げでビールがススム。

20161001 徳樹庵 10.jpg

ここで妹夫妻も合流する。

20161001 徳樹庵 11.jpg

5人揃ったところで再び乾杯。

20161001 徳樹庵 12.jpg

皮付きポテトフライ(313円)
国産の小芋を皮付きで揚げたものでケチャップとマヨネーズが添えられる。
ビールがススム。
鉄板揚げたこ焼き(529円)
外はカリッと中はトロッと揚げられていて食感はいいのだが、これもケミカル臭がきつかった。
さてこんな感じで楽しく飲み続けたのだが、息子がいるので早めに切り上げることにする。
お会計は8,000円ほど。
駅前の便利な立地で値段もそれほど高くはない。
機会があればまた利用してみよう。

【メモ】
訪問日:2016/10/01(土)
店名:徳樹庵 西武所沢駅前店
住所:埼玉県所沢市くすのき台1-13-1 ウインズ時遊館2F
電話:04-2991-7385
営業時間:11:00~24:00
定休日:無休


人気ブログランキングへ

「金雨」で鶏肉とナス炒め定食 [飲食]

この日のランチは「金雨」へ。

20160412 金雨 01.jpg

店舗到着は11:35頃。
先日新しくなったメニューから、鶏肉とナス炒め定食をご飯大盛でオーダー。
テレビを見ながら待っていると、5分ほどで運ばれてきた。

20160927 金雨 01.jpg

鶏肉とナス炒め定食(800円)

20160927 金雨 02.jpg

鶏肉とナス炒めのテリが素晴らしい。
量的にもたっぷりと盛られている。

20160927 金雨 03.jpg

野菜類はナスの他に玉ねぎ、ピーマン、にんじんが炒められている。

20160927 金雨 04.jpg

いただいてみるとやや濃い目の味付けでご飯がススム。
もう少し薄味の方が好みである。
野菜がたっぷり入っているので、どんどん食べ進める。
ちなみにナスの皮がむかれているが、付いたままの方が好みである。

20160927 金雨 05.jpg

さて1/3ほどいただいたところで、ご飯がなくなりおかわりする。

20160927 金雨 06.jpg

おかわりご飯は普通盛りでオーダー。
後半は味の濃さがかなり気になる。
それと油がきつく感じてきた。
次回はもう少しさっぱりめのメニューをいただきたい。

【メモ】
訪問日:2016/09/26(月)
店名:金雨
住所:東京都品川区東五反田1-19-4
電話:03-3441-3233
営業時間:10:00~15:00 17:00~29:00
定休日:無


人気ブログランキングへ

「荷車屋道の駅店」で豚みそ丼とざるそばセット [飲食]

この日は弟と妹で秩父方面に向かう。
秩父と言えば豚みそ丼という事で「野さか」に向かう。
http://www.butamisodon.jp
時刻は11:30頃であったが、20台あるという駐車場には車が数台と、オートバイが恐らく100台程度停まっていて満車状態。
店頭には行列も出来ていて、一目見てかなり並ぶ必要ありと分かる。
やむなくあきらめ同じ通りになるはずの、弟オススメのわらじカツの店「安田屋」を探すが見つからず。
わらじカツもあきらめ、以前行った事のある焼肉店に向かおうと思ったのだが、弟が「道の駅」に豚みそ丼があるという。
まったく気が進まなかったのだが向かう事にした。

20160925 荷車屋道の駅店 01.jpg

「道の駅」ちちぶに駐車し、「秩父食堂」とある建物に入る。
後で調べたところ、正式店名は「荷車屋 道の駅店」というらしい。
http://www.nigurumaya.co.jp/michinoeki

20160925 荷車屋道の駅店 02.jpg

秩父名物の豚みそ丼、わらじカツ丼、そばがいただけるらしい。
私と弟は豚みそ丼とざるそばセット、妹はわらじょカツ丼とざるそばセットを選択し、店頭でチケットを購入。
私は大盛券を探すがなし。
窓口にチケットを出して大盛可能か聞こうかと思ったが、そんなことを受け付ける雰囲気ではなかったのであきらめた。
妹は単品がよかったらしいのだがセットしか無かったので、セットのそばは私がいただくことにした。

20160925 荷車屋道の駅店 04.jpg

社食のようなテーブルに座って番号を呼ばれるのを待つ。
弟妹と話をしながら待っていると7~8分で番号が呼ばれる。

20160925 荷車屋道の駅店 05.jpg

豚みそ丼とざるそばセット(1,100円)

20160925 荷車屋道の駅店 06.jpg

丼ぶりのふたを取る。
ところでこの丼ぶり、かなりプラスチッキー。
器もかなり社食っぽい感じする。

20160925 荷車屋道の駅店 07.jpg

豚みそ丼は想像とはかなり違っている。
「野さか」のはもっと焼きが入っていてテカテカで一部焦げがあって見た目でおいしそう。
ここのは焼きというよりもボイルした印象。
それとご飯はべちゃっとしていておいしくなさそう。
そしてご飯の盛りも雑できたない。
やっぱり社食の感じ。

20160925 荷車屋道の駅店 08.jpg

いただいてみる。
豚肉自体は柔らかいのだが、焼きが感じられずベチャっとしている。
それとみその風味も少なくてかなり残念な印象。
やっぱり最初に気が進まなかったのは正しかったようである。

20160925 荷車屋道の駅店 09.jpg

続いてそば。
これがかなり少ない。
3口程度で食べきってしまう量。

20160925 荷車屋道の駅店 10.jpg

いただいてみるが、まったくそばの香りがしない。
食感も悪くこちらもかなりがっかりな印象。
そばが名物と聞いていたのだが・・・何かの間違えだろう。

20160925 荷車屋道の駅店 11.jpg

めんつゆにつけるがこれもよろしくない。
市販のめんつゆ以下の味である。

20160925 荷車屋道の駅店 12.jpg

わらじょカツ丼とざるそばセット(1,100円)
こちらは妹のオーダー分。
わらじカツの見た目はフニャットしている感じ。
味の方はいただいていないので不明である。
いや~、久しぶりに残念なランチとなった。

【メモ】
訪問日:2016/09/25(日)
店名:荷車屋 道の駅店
住所:埼玉県秩父市大字大宮4625
電話:0494-22-8055
営業時間:11:00~19:00
定休日:無


人気ブログランキングへ

「笊蕎麦処 粋貫庵 彰利」でキス天&野菜天そば [飲食]

この日のランチはガーデンシティー品川御殿山の「笊蕎麦処 粋貫庵 彰利」へ。

20150925 彰利 01.jpg

店舗には11:35頃に到着。

20160916 彰利 01.jpg

週替りはキス天&野菜天そば。
これを温かいそばでオーダー。
レジで番号札を受け取り、5分ほど待っていると運ばれてくる。

20160916 彰利 02.jpg

キス天&野菜天そば(750円)

20160916 彰利 03.jpg

そばはいつもと同じ、たぬきそば。

20160916 彰利 04.jpg

いただいてみるとやや柔らかめ。
温かいそばはいつも柔らかめになっている。

20160916 彰利 05.jpg

天ぷらはキス、ししとう、かぼちゃの3種類。

20160916 彰利 06.jpg

キス天
サクサクでやや泥臭い感じもするが、なかなかおいしい。

20160916 彰利 07.jpg

ししとう天
想定通りの天ぷら。

20160916 彰利 08.jpg

かぼちゃ天
ややパサパサしているが、甘みのあるかぼちゃ。
さてつゆも全て飲みごちそうさま。
そしてこの日思ったのは、やはりそばは冷たい方が好みかも。

【店メモ】
訪問日:2016/09/16(金)
店名:笊蕎麦処 粋貫庵 彰利
住所:東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティー品川御殿山 1F
電話:03-5418-6754
営業時間:11:00~15:00 18:00~22:00
定休日:土日祝


人気ブログランキングへ

「新宿うな鐵」で飲み [飲食]

この日は友人M氏との飲み。
M氏のアレンジで「新宿うな鐵」に行ってきた。
http://www.shinjyukuunatetsu.com

20160923 うな鐵 01.jpg

場所は新宿駅東口から徒歩7分ほど。
2Fに座敷に案内される。

20160923 うな鐵 02.jpg

オーダーはM氏におまかせして、串焼きを何本か注文する。
ビールはキリンとアサヒがあるが、M氏の好みでアサヒにした。
それにしてもうな重が1,900円からとかなり格安である。

20160923 うな鐵 03.jpg

早速M氏と乾杯する。
M氏は仕事で知り合った20年以上の友人。
20年前に初めての海外出張でLas Vegasに一緒に行った仲間である。

20160923 うな鐵 04.jpg

アサヒスーパードライ(600円) お通し(400円)
お通しはおひたしと大根サラダ。
おひたしは小松菜だろうか。
新鮮な感じでおいしかった。

20160923 うな鐵 05.jpg

肝焼(220円×2)
新鮮な肝がたれで香ばしく焼かれている。
これはおいしい。
人気店と聞いていたのだが、なるほどと思った。

20160923 うな鐵 06.jpg

くりから(300円×2) 白ばら(280円×2)
手前のくりからは背中の部位。
皮はパリッと中はフワプリッとしている。
わさび醤油でいただく。
初めての部位だがクリーミーな感じでおいしい。
白ばらは一番太い骨の周囲の白身の部位。
レモンでいただくとさっぱりとしていておいしい。

20160923 うな鐵 07.jpg

短尺(320円×2)
蒲焼を一口サイズに切った物。
蒸していない関西風。
たれでいただくが、かなりおいしい。
これ1本でご飯を一杯いただけそう。
そう考えるとかなり格安な印象。

20160923 うな鐵 08.jpg

ばら(220円×2) ひれ(220円×2)
手前のばらはあばら骨周りの赤身の部位。
たれでいただく。
それにしても鰻にこんなにたくさんの部位があったとは。
ひれは背びれとニラを巻いたもの。
たれでいただく。
脂っこく珍味な印象。

20160923 うな鐵 09.jpg

骨から揚げ(500円)
これはそれほどでもないかな。

20160923 うな鐵 10.jpg

くりから(300円) かぶと(220円)
M氏の分だけオーダー。
かぶとは首の部位。
たれでいただく。
ほんのり生姜とニンニクの香りがするらしい。
この他にレバーをオーダーするが品切れ。
M氏によると最近いつも品切れらしい。
レバーはいただいてみたかったのだが残念である。
さてビールは10本いただきごちそうさま。
お会計は税込み11,810円。
なかなかおいしい店である。
生ビールがあると最高なのだが。

【店メモ】
訪問日:2016/09/23(金)
店名:新宿うな鐵
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-11-2
電話:03-3200-5381/03-3209-3339
営業時間:11:00~23:30
定休日:12/31~1/2


人気ブログランキングへ

「Hungry Tiger」でオリジナルハンバーグステーキ レギュラーセット [飲食]

この日は妹夫婦が遊びに来てくれたので、「Hungry Tiger」にランチに行ってきた。
http://hungrytiger.co.jp/

20160307 hungry tiger 01.jpg

この日は大雨の天気。

20160922 hungry tiger 01.jpg

時刻は13:20頃であったが、店内満席でタッチパネルで受付をすると、54分待ちと表示されていた。
なかなかの人気店である。
45分ほど待ってやっと席に着く。
この日は祝日なので、ランチメニューはなし。
レギュラーメニューの中からオリジナルハンバーグステーキ レギュラーセットをライス大盛でオーダー。
ちなみにレギュラーセットはライスかパンとソフトドリンクがセットになっているので、ドリンクはアイスティをストレートでオーダーした。
妹夫婦と話しながら待っていると13分ほどで運ばれてくる。

20160922 hungry tiger 02.jpg

オリジナルハンバーグステーキ レギュラーセット ライス大盛(1,690円+120円)
付け合わせはベイクドポテト、いんげん、ミックスベジタブル、ソテーオニオンとなかなか豪華。

20160922 hungry tiger 03.jpg

テーブルでスタッフがラグビーボール型のハンバーグの最終工程を行う。

20160922 hungry tiger 04.jpg

半分にカットして切れ目を下に向ける。

20160922 hungry tiger 05.jpg

そしてやや赤身の残る内側を鉄板に押しつける。

20160922 hungry tiger 06.jpg

内側の赤身の部分がジュージュー焼けて食欲をそそる。

20160922 hungry tiger 07.jpg

最後にハンバーグソースをかける。

20160922 hungry tiger 08.jpg

この状態で1分待つとあるのだが、レアが好きな私はすぐにハンバーグを野菜の上に避難させる。

20160922 hungry tiger 09.jpg

鉄板が落ち着いた頃にハンバーグを戻して完成。
いただいてみると、つなぎの入らない粗挽牛肉100%のハンバーグだけに、肉肉しい食感でかなりおいしい。
比較的薄味なのも私好み。
ソテーオニオンにはあまり味付けがされていないので、ハンバーグと一緒にいただくといい。
ベイクドポテトやいんげんなども、素材の旨みが残され調理されている。
ミックスベジタブルは透明に近いタレのようなものがかけられ、これまたおいしい。
ハンバーグも付け合わせ類もおいしくいただきごちそうさま。
妹夫婦もおいしいと言ってくれたので、よかったと思う。

【店メモ】
訪問日:2016/09/22(木)
店名:Hungry Tiger 保土ヶ谷本店
住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区星川3-23-13
電話:045-333-7023
営業時間:11:00~22:00 土曜日11:00~23:00
定休日:元旦


人気ブログランキングへ

「Ryu ASTE'R」でハンバーグ [飲食]

この日のランチは「Ryu ASTE'R」へ。
職場の仲間と向かった。

20150907 ryu aste'r 01.jpg

店舗には少し遅めの12:40頃到着。

20160915 ryu aste'r 01.jpg

この日のBはシーフードクリームコロッケ。
ここのコロッケ系はおいしいのだが、残念ながら既に完売。
やはり出だしが遅かったようである。
Cのベーコンとトマトソースのピリ辛パスタも完売なので、Aのハンバーグをライス大盛でオーダー。
話をしながら待っていると、7~8分で運ばれてきた。

20160915 ryu aste'r 02.jpg

ハンバーグ(790円+100円)
プレートにはハンバーグ、キャベツの千切り、スパゲッティ、漬物がのる。

20160915 ryu aste'r 03.jpg

ハンバーグは長さ12~13cmほどの縦長で、上に目玉焼きがのる。
目玉焼きの半熟具合がいい。

20160915 ryu aste'r 04.jpg

箸で切っていただくと、手作り感が高いハンバーグ。
特別においしいということは無いが、家庭的な味でなかなかいい。
デミグラ系のソースともよくあっていておいしい。
途中から半熟玉子の黄身を割って、ハンバーグと一緒にいただき完食。
付け合わせと交互にいただき、最後まで飽きる事がなかった。

【店メモ】
訪問日:2016/09/15(木)
店名:Ryu ASTE'R
住所:東京都品川区東五反田1-25-13
電話:03-3442-5345
営業時間:11:30~14:00 17:00~24:00
定休日:日曜祝日


人気ブログランキングへ

「金雨」で豚肉と野菜炒め定食 [飲食]

この日のランチは「金雨」へ。

20160412 金雨 01.jpg

店舗到着は11:35頃。

20160914 金雨 01.jpg

あれ、またメニューが新しくなってるぞ。
この日はニラレバ定食気分だったのだが、メニューからなくなっていて残念。
野菜類がいただきたかったので、豚肉と野菜炒め定食をご飯大盛でオーダー。
テレビのニュースを見ながら待っていると、5分ほどで運ばれてきた。

20160914 金雨 02.jpg

豚肉と野菜炒め定食(800円)

20160914 金雨 03.jpg

野菜類はきゃべつ、もやし、にんじん、ニラ、きくらげなど。
この店のお約束赤唐辛子と細切りの豚肉が入っている。
いただいてみるとちょうどいい味付け。
野菜類はシャキシャキに炒められていて、なかなかおいしい。

20160914 金雨 04.jpg

さて1/3ほどいただいたところで、ご飯がなくなりおかわりする。

20160914 金雨 05.jpg

おかわりご飯は普通盛りでオーダー。
後半はご飯が足りなくなってしまったが、セーブしていただきごちそうさま。
ここの野菜炒め系はなかなかおいしくてGoodである。

【メモ】
訪問日:2016/09/14(水)
店名:金雨
住所:東京都品川区東五反田1-19-4
電話:03-3441-3233
営業時間:10:00~15:00 17:00~29:00
定休日:無


人気ブログランキングへ

「THE COWBOY HOUSE」でCOWBOY STEAK [飲食]

弟と2人で群馬方面ドライブ。

20160910 the cowboy house 01.jpg

ちょっと足を延ばして軽井沢の「THE COWBOY HOUSE」へ向かう。

20160910 the cowboy house 02.jpg

到着時刻は10:30を過ぎたところ。

20160910 the cowboy house 03.jpg

11:00のオープンまでしばし待つ。
その間、隣接する星野エリアで買物をして戻ってくる。

20160910 the cowboy house 04.jpg

11:00になりオープン。

20160910 the cowboy house 05.jpg

順番に名前を呼ばれる。

20160910 the cowboy house 06.jpg

我々は2番目に呼ばれ席に着く。

20160910 the cowboy house 07.jpg

こちらはランチメニュー。
1,000円とリーズナブル。

20160910 the cowboy house 08.jpg

オーダーは決まっているのだが、一応ステーキメニューを見る。
前回同様この店の最重量COWBOY STEAKの500gをライス大盛オーダー。
弟は500gに自信がないと言っていたが、体重120kgの巨漢で大食いメニューにチャレンジする実力があるのだから全く問題無しと500gを勧める。
焼き加減はオススメのミデアムレアにした。

20160910 the cowboy house 09.jpg

しばらくするとタレとステーキ用のタバスコが運ばれてくる。
タレは手前が醤油味で奥がオススメの味噌味。
さて10分ほど待ち運ばれてくる。

20160910 the cowboy house 10.jpg

COWBOY STEAK 500g ライス大盛(5,500円+100円)

20160910 the cowboy house 11.jpg

鉄板の上でジュージューと音を立てる巨大なステーキ。
いつもながら格子状の焼き目がうまそうである。

20160910 the cowboy house 12.jpg

分厚い肉の下にはポテト、コーン、もやしが隠れている。

20160910 the cowboy house 13.jpg

かなり大き目にカットしていただく。
小さく見えるがこれで50gほどはある。
焦げ目が香ばしく、肉を食べている感じ満載。
ややかための肉質もワイルドな感じでいい。

20160910 the cowboy house 14.jpg

巨漢な弟もおいしいおいしいと呪文ように唱え、食べ進める。

20160910 the cowboy house 15.jpg

ポテトはホクホク。

20160910 the cowboy house 16.jpg

コーンは特筆すべき点はなし。

20160910 the cowboy house 17.jpg

もやしは肉の下に敷かれている。
焦げ付き防止だろうか。
さて前回は500gぺろりといただけだが、今回は前夜に飲み過ぎた影響か胃が疲れていたようで、後半やや苦しくなるが問題なく完食。
ちなみに弟はもう1枚行けそうと言っていた。
だから最初に500gにしろと言ったのだ。
弟はアイスコーヒーもいただき、お会計は11,550円。
弟もかなり満足したようで連れて来てよかった。

【店メモ】
訪問日:2016/09/10(土)
店名:THE COWBOY HOUSE
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2144
電話:0267-46-3984
営業時間:11:00~14:00(LO) 
       17:00~21:00(LO)GW~9/30まで
       17:00~20:30(LO)10/1~GW前まで
定休日:火曜日


人気ブログランキングへ

「Ryu ASTE'R」で鶏肉のゆずこしょう焼 [飲食]

この日のランチは「Ryu ASTE'R」へ。
初めて職場の仲間と向かった。

20150907 ryu aste'r 01.jpg

店舗には11:40頃到着。

20160908 ryu aste'r 01.jpg

この日のBは鶏肉のゆずこしょう焼。
以前いただいておいしかった記憶があるので、これをライス大盛でオーダー。
職場の仲間と話をしながら待っていると、7~8分で運ばれてきた。

20160908 ryu aste'r 02.jpg

鶏肉のゆずこしょう焼(790円+100円)
プレートには鶏肉のゆずこしょう焼が5切れ、キャベツの千切り、スパゲッティ、漬物がのる。

20160908 ryu aste'r 03.jpg

鶏肉のゆずこしょう焼はきれいに焼かれている。
前回はもう少し焦げ目があり、それはそれで香ばしくておいしかった。

20160908 ryu aste'r 04.jpg

まずは一口いただいてみると、とても柔らかく焼かれた鶏肉。
これだけ分厚い鶏肉を、中の方までちょうどよく焼くのは難しいだろう。
こしょうの香りは少し抑えられているが、ゆずの香りを感じられさっぱりしている。
ただし前回の焦げた感じの香ばしさの方が、どちかというとが好みである。
それでもこれはかなりおいしく、ご飯が無限にいただけそう。
途中でご飯が足りなくなりそうになったが、後半は調整していただきごちそうさま。
かなりおいしい鶏肉料理で大満足であった。

【店メモ】
訪問日:2016/09/08(木)
店名:Ryu ASTE'R
住所:東京都品川区東五反田1-25-13
電話:03-3442-5345
営業時間:11:30~14:00 17:00~24:00
定休日:日曜祝日


人気ブログランキングへ

「サンチェヤ」で豚のコロコロ焼き定食 [飲食]

この日のランチは韓国料理の「サンチェヤ」へ。

20160420 サンチェヤ 01.jpg

店舗には12:40頃に到着。
この日は豚のコロコロ焼き定食をご飯大盛でオーダー。
店内の様子を見ながら待っていると、5分ほどで運ばれてくる。

20160906 サンチェヤ 01.jpg

豚のコロコロ焼き定食(1,000円)
豚のコロコロ焼き、ご飯、カクテキとナムルが並ぶ。
ご飯は綺麗に盛られている。

20160906 サンチェヤ 02.jpg

鉄板には豚肉と青梗菜、玉ねぎ、長ねぎ、にんじん、コーン、キムチなどの野菜類が添えられている。

20160906 サンチェヤ 03.jpg

まずは一口いただいてみる。
甘辛いタレで焼かれた豚肉が、鉄板の上でやや焦げていて香ばしい。
これはご飯がススム。
そして野菜類も種類が多いので飽きる事がなくていい。
ただしいつも思うのだが、キムチだけは温めない方が好きである。

20160906 サンチェヤ 04.jpg

すぐにご飯がなくなったので、大盛でおかわりする。

20160906 サンチェヤ 05.jpg

おかわりご飯も綺麗に盛られている。
ところでこの韓国風の茶碗だが、ご飯を盛るとどこを持っても熱くなってしまうので、そのまま持ってきたスタッフは熱そうだった。
さておかわりご飯もすぐになくなりごちそうさま。
もりもりいただけて、なかなかいいランチであった。

【メモ】
訪問日:2016/09/06(火)
店名:サンチェヤ
住所:東京都品川区東五反田1-25-19
電話:03-6277-1918
営業時間:11:00~24:00
定休日:無


人気ブログランキングへ

「金雨」で生姜焼定食 [飲食]

この日のランチは「金雨」へ。

20160412 金雨 01.jpg

店舗到着は11:40頃。

20160831 金雨 01.jpg

先日変わったメニューから生姜焼定食をご飯大盛でオーダー。
テレビを見ながら待っていると、5分ほどで運ばれてきた。

20160905 金雨 01.jpg

生姜焼定食(800円)
生姜焼、春巻、ご飯、スープ、豆腐、杏仁豆腐が並ぶ。

20160905 金雨 02.jpg

生姜焼は豚バラ肉とたっぷりの玉ねぎ、添えられたサラダにはマヨネーズが大量にかけられている。

20160905 金雨 03.jpg

いただいてみると、生姜の香りはまったくしない。
甘いタレで炒められておりご飯がススム味。

20160905 金雨 04.jpg

生姜焼を1/3ほどいただいたところで、ご飯がなくなりおかわりする。

20160905 金雨 05.jpg

おかわりは普通盛りでオーダーするがちょっと少ない。

20160905 金雨 06.jpg

2分ほどでご飯が無くなってしまい、再びおかわりする。

20160905 金雨 07.jpg

3杯目も3分ほどでいただきごちそうさま。
ちなみに大量のマヨネーズはよけていただいた。

【メモ】
訪問日:2016/09/05(月)
店名:金雨
住所:東京都品川区東五反田1-19-4
電話:03-3441-3233
営業時間:10:00~15:00 17:00~29:00
定休日:無


人気ブログランキングへ

「狭山そば」で天ぷら玉子 [飲食]

この日は所用で埼玉県の所沢に向かう。
西武鉄道の所沢駅は2013年に改良工事が完成し、かなり立派になっていた。

20160904 狭山そば 01.jpg

用事が済み横浜に戻ろうとしたのだが、1番線に「狭山そば」を発見。
随分立派な店構えになっているが、以前から1番ホームにあった記憶がよみがえる。
調べてみると2011年に一度閉店したのだが、再開を望むファンの声があり2013年に再開店したらしい。
これは寄っていかないと。

20160904 狭山そば 02.jpg

こちらが入口。
以前はホーム横で扉など無く、出汁の香りにつられてよく食べたものである。

20160904 狭山そば 03.jpg

券売機を見ると、かけが290円から。
直前まで昼飲みしてやや酔い気味状態。
飲み屋のレシートを見ると、ほとんどつまみ無しで生ビール8杯飲んだらしい。
なぜ選んだのか記憶にないのだが、天ぷら玉子を選択。
カウンターに食券を渡すと、1分も待たずに出来上がる。

20160904 狭山そば 04.jpg

天ぷら玉子(460円)
かき揚げ天ぷら、玉子、わかめ、ねぎがのる。

20160904 狭山そば 05.jpg

そばはやや太めのふにゃふにゃ麺。
そばの香りは少ししたと思う。
つゆは濃い目で昔と変わらない。
そうそう、このつゆ。
これがまたいいんだよな~。

20160904 狭山そば 06.jpg

かき揚げ天ぷらは駅そばそのもの。
ただしJR系の店と違い、手作り感がありいい。
さてこの他はほとんど記憶にないのだが、なつかしい味がいただけて大満足。
でも以前はそばではなく、うどんをよくいただいていた事に後から気がついた。
またの機会があればうどんをいただいてみよう。

【メモ】
訪問日:2016/09/04(日)
店名:狭山そば 所沢店
住所:埼玉県所沢市日吉町1-11 西武新宿線下り1番線ホーム
電話:不明
営業時間:6:30~23:00(土曜22:30、日祝22:00まで)
定休日:無休


人気ブログランキングへ

「夢庵」でランチ海老天特もりそば [飲食]

O氏とのツーリング途中。
まさかの「夢庵」でランチとなる。

20160903 夢庵 01.jpg

店舗には11:25頃に到着。

20160903 夢庵 02.jpg

ランチメニューは599円から。
日祝以外はオープンから17:00までランチメニューがある。
「夢庵」とは初めて来たのだが、すかいらーく系列の和食的な店らしい。

20160903 夢庵 03.jpg

ファミレスの和食はおそらく私の口には合わないので、ここはネタ狙い的にランチ海老天特もりそばにした。
特盛は2玉3玉4玉でも同じ価格!! とあったのでもちろん4玉でオーダー。
水はセルフらしいので、自分で取りに行く。
O氏と話をしながら待っていると、15分ほどで運ばれてくる。

20160903 夢庵 04.jpg

海老天特もりそば(999円)税抜
そば、天ぷら、天つゆ、めんつゆ、薬味が並んでいる。

20160903 夢庵 05.jpg

あれ!? そばの盛りはそれほど多くは無い。
メニューに4玉800gとあったので期待していたのだが。

20160903 夢庵 06.jpg

そばはやや太めの茶色いタイプ。
黒いつぶつびがかすかに見える。

20160903 夢庵 07.jpg

まずはそのままいただいてみる。
粉っぽいぼそぼそとした食感のそば。
そばの香りはまったくしない。
まー、駅そばよりもましなレベル。

20160903 夢庵 08.jpg

続いてめんつゆにつけていただく。
このめんつゆ、スーパーで売っているのと似た味がする。

20160903 夢庵 09.jpg

さて5分ほどで半分いただく。
量的には全然問題ない。

20160903 夢庵 10.jpg

天ぷらは4品。
衣が妙に黄色っぽい。

20160903 夢庵 11.jpg

海老天
衣がかたくてガリガリだったが、海老自体はなかなかおいしい。
海老天が2本あるのがいいね。

20160903 夢庵 12.jpg

イカ天
これは衣の味しかしなかった。

20160903 夢庵 13.jpg

かぼちゃ天
これも衣の味がメイン。

20160903 夢庵 14.jpg

おくら天
ししとうかと思ったのだが、おくらであった。
おくらの香りはしなかったが、ねばねば感は感じられた。

20160903 夢庵 15.jpg

さて10分ほどで完食。
量的には物足りないなと思っていたら、O氏が下にもあるよと言う。
よく見ると確かにそばが盛られた器が2段重ねになっている。

20160903 夢庵 16.jpg

下の器にもそばがあった。
ただし上の器より量は少なく、上2.5人前、下1.5人前程だろうか。

20160903 夢庵 17.jpg

さて下の段は3分ほどで完食。
量的にはあと2人前程あるといいかな。
料理自体はファミレスそのものであったが、ネタで食べてみるのもいいだろう。

【店メモ】
訪問日:2016/09/03(土)
店名:夢庵 厚木小野店
住所:神奈川県厚木市小野2166-1
電話:046-248-4581
営業時間:10:00~24:00
定休日:無休


人気ブログランキングへ

「小諸そば」で満腹カレー丼セット [飲食]

この日は出勤途中に「小諸そば」に行ってきた。

20151210 小諸そば 01.jpg

店舗には8:40頃に到着。
この日はまだいただいたことのないカレーのセットにしようと思う。
メニューを見ると、カレー丼のサイズの大小2種類あったが、大きい方の満腹カレー丼セットにした。
なおセットのそばが2倍になる超大盛りのチケットも合わせて購入。
スタッフに食券を渡し、1分ほどで出来上がる。

20160902 小諸そば 01.jpg

満腹カレー丼セットそば超大盛り(610円+60円)
カレー丼の丼ぶりは普通サイズ。
単品で提供しているものと同じサイズと思われる。

20160902 小諸そば 02.jpg

そばはいつもの通り2枚盛りだが、この日はいつもより多い気がする。

20160722 小諸そば 02.jpg

ちなみにこちらが先月いただいた時の2枚盛り。
これと比較すると、この日のはやはり盛りがいいと思う。

20160902 小諸そば 03.jpg

まずはそばをそのままいただいてみる。
そばの香りはほとんどしないが、そこそこコシのあるそばである。

20160902 小諸そば 04.jpg

続いてめんつゆをつけていただく。
テーブルに取り放題のネギがあるのがいい。

20160902 小諸そば 05.jpg

カレー丼は普通のそばの丼ぶりと同じくらいのサイズ。
ご飯には1cmほどカレーがかけられている。

20160902 小諸そば 06.jpg

いただいてみると、そば屋らしく出汁の効いたカレーである。
具などは溶けてしまっているのだろう、ルーの中にはほとんど見えないが、かすかに肉片のようなものがある。
それと店内探すが福神漬けが見当たらない。
福神漬けがあるといいのだが。
さてご飯の量に対してカレールーが少ないと感じたが、ご飯好きなので問題なし。
カレー丼にもう少し工夫あるといいのだがと感じた。

【店メモ】
訪問日:2016/09/02(金)
店名:小諸そば 東五反田店
住所:東京都品川区東五反田1-21-14 大川ビル1F
電話:03-5475-1630
営業時間:6:00~23:00(土日21:00まで)
定休日:無休


人気ブログランキングへ

「板前バル」で煮あなご重 [飲食]

この日のランチはパークシティ大崎レストラン街の「板前バル」へ。

20160106 板前バル 01.jpg

店舗到着は11:40頃。

20160901 板前バル 01.jpg

本日のお魚定食は赤魚の粕焼き、煮魚定食はタイのカブト煮、日替わり定食は煮あなご重とある。
煮あなご重とは初めてだったので、日替わり定食をご飯大盛でオーダー。
テレビを見ながら待っていると、5分ほどで運ばれてくる。

20160901 板前バル 02.jpg

煮あなご重(950円)
煮あなご重、こんにゃくの小鉢、サラダ、漬物、ご飯、汁椀が並ぶ。

20160901 板前バル 03.jpg

重にはご飯、とろろ、あなご、刻み海苔、わさびがのる。
あなごは10cmサイズの物が4~5枚で、タレがかかっている。

20160901 板前バル 04.jpg

わさびの香りがなかなかいい。

20160901 板前バル 05.jpg

いただいてみると、ふわっと柔らかいあなご。
肉厚は薄目で、あなごの香りはあまりしない。
もう少ししっかりとした食感の方が好み。
脇役のとろろはなかなかおいしくいい味出している。
そして香りの強いわさびがあなごの味を引き立てるのにかなり貢献している。
主役より脇役の方がヒーロー的な感じ。

20160901 板前バル 06.jpg

煮あなご重を半分ほどいただいたところで、汁椀、サラダ、小鉢がなくなってしまったので全種類おかわりする。

20160901 板前バル 07.jpg

いつもはご飯もおかわりするのだが、この日はなしにした。
最後にサラダと小鉢をもう1度おかわりして完食。
ご飯はおかわりしなかったが、そこそこお腹いっぱいになった。

【メモ】
訪問日:2016/09/01(木)
店名:板前バル 大崎店
住所:東京都品川区北品川5-6-1 大崎ブライトタワー 1F
電話:03-6450-3837
営業時間:11:00~14:30 17:00~23:00(日祝16:00~21:30)
定休日:日曜


人気ブログランキングへ

「金雨」で鶏肉とカシューナッツ定食 [飲食]

この日のランチは「金雨」へ。

20160412 金雨 01.jpg

店舗到着は11:55頃。

20160831 金雨 01.jpg

ランチメニューを見ると、またまたメニューが変わっている。
680円のサービスメニューが鶏肉の唐揚げがから麻婆豆腐に、その他の800円のメニューも結構変更になっている。
さてこの日は以前から気になっていた、鶏肉とカシューナッツ定食をご飯大盛でオーダー。
テレビを見ながら待っていると、5分ほどで運ばれてきた。

20160831 金雨 02.jpg

鶏肉とカシューナッツ定食(800円)
鶏肉とカシューナッツ、春巻、ご飯、スープ、豆腐、杏仁豆腐が並ぶ。

20160831 金雨 03.jpg

たっぷりの鶏肉、ピーマン、玉ねぎ、にんじん、長ねぎの炒め物に、カシューナッツが散りばめられている。
そしてこの店ではお馴染みの赤唐辛子も結構入っている。

20160831 金雨 04.jpg

いただいてみると、とろみのついた鶏肉は柔らかくておいしい。
3種の野菜、ピーマン、玉ねぎ、にんじんと一緒にいただくと、それぞれ味が変わっていい感じ。

20160831 金雨 05.jpg

1/3ほどいただいたところで、ご飯がなくなりおかわりする。

20160831 金雨 06.jpg

おかわりは普通盛りでオーダー。
食べても食べても鶏肉が出てくるので、ご飯が足りなくなってしまうが、3杯目はおかわりせず食べ進める。
ご飯が無いとやや味が濃い感じがするが仕方がないところ。
さて予想していた通りなかなかおいしいメニューであった。
次回は生姜焼定食をいただいてみたい。

【メモ】
訪問日:2016/08/31(水)
店名:金雨
住所:東京都品川区東五反田1-19-4
電話:03-3441-3233
営業時間:10:00~15:00 17:00~29:00
定休日:無


人気ブログランキングへ

「旨い鶏と旬の魚 南部どり」でチキン南蛮定食 [飲食]

この日のランチは大崎ブライトタワーの「旨い鶏と旬の魚 南部どり」へ。

20151030 南部どり 01.jpg

店舗には12:10頃到着。
前に5名程並んでいたので、4~5分待ち入店。

20160829 南部どり 01.jpg

本日の日替り御膳はチキンカツ、日替り定食はチキン南蛮定食とある。
チキン南蛮定食は久しぶりなので、これを玄米大盛でオーダー。
お茶を飲みながら待っていると、5分ほどで運ばれてきた。

20160829 南部どり 02.jpg

チキン南蛮定食(900円)
チキン南蛮、もやしとくらげの小鉢、ご飯、みそ汁、漬物が並ぶ。
この日のみそ汁には揚げ玉が入っていた。
みそ汁に揚げ玉とは、初めての経験。

20160829 南部どり 03.jpg

チキン南蛮は6個、いつもよりサイズが小さいと思われる。

20160829 南部どり 04.jpg

タルタルソースをつけていただく。
タルタルソースもいつもより少なめな感じ。
甘辛のタレにタルタルソースのコラボはご飯がススム。

20160829 南部どり 05.jpg

チキン南蛮を2個いただいたところでご飯がなくなってしまったので、白米を普通盛りでおかわりする。

20160829 南部どり 06.jpg

おかわりしたご飯は違う茶碗で来た。
ん!? かなり量が少ないぞ。
最初の丼ぶりの半分ほどの茶碗に、半分ほどしか入っていない。

20160829 南部どり 07.jpg

あっという間にご飯が無くなってしまった。
少し物足りないので、白米を半分でおかわりする。

20160829 南部どり 08.jpg

すると今度は普通盛りの量で来た。
なかなか希望の量が来ないが、量的に問題ないのですぐに完食。
お腹いっぱいで満足なランチであった。

【店メモ】
訪問日:2016/08/29(月)
店名:旨い鶏と旬の魚 南部どり 大崎店
住所:東京都品川区北品川5-6-1 大崎ブライトタワー2F
電話:03-5422-9501
営業時間:11:00~14:00 17:00~23:00
定休日:日祝


人気ブログランキングへ

「回転寿しトリトン」で寿司 [飲食]

所用で妹と池袋へ行く。
東武百貨店で待ち合わせしようとフロアマップを見ていると、「回転寿しトリトン」があるではないか。
「回転寿しトリトン」と言えば北海道の有名店。
http://toriton-kita1.jp/
都内では東京スカイツリーに続いて2店目の出店とある。

20160828 トリトン 01.jpg

さて店舗には11:25頃到着。
11:00オープンであるが、既に20名程の行列。
スタッフからは40分待ちと聞かされたのでロング缶を1本飲みながら待っていると、15分ほで入店できた。
店内はコンベアがぐるりと回り、中心に寿司職人のスタッフが5~6名。
寿司職人と言っても機械から出てくるシャリにネタを乗せているだけなのだが・・・

20160828 トリトン 02.jpg

席に着くと職人スタッフから担当の「○○」ですと挨拶が入る。
メニューはこちら。
価格は130円~630円まで。
紙に書いてオーダーするシステム。
その紙には3品まで記入できる。
最初はマグロを中心に、そして生ビールも合わせてオーダー。

20160828 トリトン 03.jpg

生ビール(530円)
銘柄はキリン一番搾り。

20160828 トリトン 04.jpg

上まぐろ赤身(340円)
まぐろの旨味は少し感じるが、ちょっと水っぽい。
普通のまぐろとの違いはまぐろの種類らしいが、340円はちょっと高い気がする。
まぐろ(190円×2)
こちらは旨味はほとんどなく、やはり水っぽい。
鉄火巻(190円)
ビールのつまみにいい。
まぐろ系のネタは結構大きいが、ネタの質としては今イチ。
やはり北海道の店舗と同じと言う訳にはいかないのだろう。
それとシャリがおいしくない。
なんというか、スーパーのパック寿司のシャリのような感じがした。
ちなみに巻物系をオーダーすると職人スタッフがマイクで、巻物さ~んと奥の厨房にオーダーを入れる。

20160828 トリトン 05.jpg

いくら(290円)
こちらはみずみずしくて綺麗ないくら。
メニューにはオホーツク産とある。
このいくらをつまみに生ビールを2杯おかわりする。
さてビールを飲んだせいか普段の半分ほどしかいただいていないが、これでお腹いっぱいになる。
ちなみに妹はまぐろ(190円)、サーモン(190円)、蒸しえび(190円)の三皿いただく。
お会計は3,628円(税込)。
生ビール3杯を抜くと8.皿で2,000円ほどだが、このクオリティでは少し高い気がした。
それと最初に担当と挨拶したスタッフが、遠くで接客を始めてしまっていてオーダーできない。
それなら最初から担当などと言わない方がいい。

20160828 トリトン 06.jpg

食後は付近の店でお茶を飲み話をする。
仲良し兄妹なのである。

【店メモ】
訪問日:2016/08/28(日)
店名:回転寿しトリトン 池袋東武店
住所:東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店11F
電話:03-5927-1077
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休(東武百貨店池袋店に準ずる)


人気ブログランキングへ

「笊蕎麦処 粋貫庵 彰利」でサービス天ざる [飲食]

この日のランチはガーデンシティー品川御殿山の「笊蕎麦処 粋貫庵 彰利」へ。

20150925 彰利 01.jpg

店舗には11:40頃に到着。
前回もそうだったが週替りメニューが無くなってしまったようなので、定番のサービス天そばをオーダー。
お茶を飲みながら待っていると、5分ほどで運ばれてくる。

20160826 彰利 01.jpg

サービス天ざる(750円)

20160826 彰利 02.jpg

そばはいつもと同じ盛り具合。

20160826 彰利 03.jpg

まずはそばだけでいただく。
冷たく〆られてなかなかいいいい食感。

20160826 彰利 04.jpg

めんつゆはちょうどいい濃さ。
わさびはめんつゆに入れず、別々にいただく主義。

20160826 彰利 05.jpg

天ぷらは3品。

20160826 彰利 06.jpg

サクサクなちくわ天。
カラッと揚げられていておいしい。

20160826 彰利 07.jpg

肉天はおよそ10cmサイズ。
ご飯に合いそうな感じ。

20160826 彰利 08.jpg

3品の中で一番好物のなす天。
なすの旨みが効いている。
この時期はやはり冷たいそばがいいなと感じた。

【店メモ】
訪問日:2016/08/26(金)
店名:笊蕎麦処 粋貫庵 彰利
住所:東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティー品川御殿山 1F
電話:03-5418-6754
営業時間:11:00~14:00
定休日:土曜日曜祝日


人気ブログランキングへ

「Denny's」で和風ハンバーグ [飲食]

O氏と2人で車検の帰り。
軽く食事でもしようと「Denny's」にやってきた。

20160108 denny's 01.jpg

店舗には10:00頃に到着。
モーニングの時間だが、一部レギュラーメニューもオーダーできる。
この後仕事に向かうのだが、お昼をいただかないつもりなので、レギュラーメニューから和風ハンバーグとライス大盛をオーダー。
O氏と話をしながら待っていると、10分ほどで運ばれてくる。

20160825 denny's 01.jpg

和風ハンバーグ(699円) ライス(184円)
ちなみにライス大盛は無料であった。

20160825 denny's 02.jpg

ハンバーグには長ねぎがのり和風のソースがかけられる。
ポテト、にんじん、ホウレンソウが添えられている。

20160825 denny's 03.jpg

ハンバーグをナイフでカットする。
切り口を見るとハンバーグと言うよりか、練り物のような見た目でかなり質が悪そう。
いただいてみるとやはり肉という感じはせず、練り物をいただいている感じ。
チルド品を湯煎して調理? しただけではないのかと疑ってしまう。
タレはやや甘めで確かに和風を感じる。
長ねぎはシャッキリしていておいしかった。
いや~、久々に質の悪いハンバーグをいただいた。
ちなみにご飯もおかゆかと思うほどベチャベチャだった。

【店メモ】
訪問日:2016/08/25(木)
店名:Denny's 片倉町店
住所:神奈川県横浜市神奈川区片倉1-23-37
電話:045-491-2855
営業時間:24時間
定休日:無休


人気ブログランキングへ

「Ryu ASTE'R」でかぼちゃコロッケ [飲食]

この日のランチは「Ryu ASTE'R」へ。

20150907 ryu aste'r 01.jpg

店舗には11:40頃到着。

20160824 ryu aste'r 01.jpg

この日のBはかぼちゃコロッケ。
ここのコロッケ類は美味しいのでこれをライス大盛オーダー。
コロッケを揚げる音を聞きながら待っていると、5分ほどで運ばれてきた。

20160824 ryu aste'r 02.jpg

かぼちゃコロッケ大盛(790円+100円)
プレートにはかぼちゃコロッケス3つ、キャベツの千切り、きんぴら、漬物がのる。

20160824 ryu aste'r 03.jpg

かぼちゃコロッケは3つ。
いかにも手作りといった感じでおいしそうである。

20160824 ryu aste'r 04.jpg

かぼちゃコロッケは7~8cmサイズでそこそこ大きい。
下にソースがあるが、かける用に別のソースも用意される。
いだいてみると揚げたてサクサクの衣。
そして中のかぼちゃはフワフワ。
皮の部分も少し入っていて、食感もいい。
甘いものが苦手な私だが、程よい甘みのかぼちゃでなかなかいい。
途中でご飯が足りなくなってしまうが、大きめのかぼちゃコロッケ3つありそこそこお腹がいっぱいになった。
いや~、おいしかった。

【店メモ】
訪問日:2016/08/24(水)
店名:Ryu ASTE'R
住所:東京都品川区東五反田1-25-13
電話:03-3442-5345
営業時間:11:30~14:00 17:00~24:00
定休日:日曜祝日


人気ブログランキングへ

「板前バル」で本日の煮魚定食 [飲食]

この日のランチはパークシティ大崎レストラン街の「板前バル」へ。

20160106 板前バル 01.jpg

店舗到着は11:35頃。
本日のお魚定食はホッケの塩焼き、日替わり定食は海鮮とアボガドのピリ辛丼、煮魚定食はカラスガレイ煮とある。
ここで煮魚定食をいただいたことがなかったので、煮魚定食をご飯大盛でオーダー。
テレビを見ながら待っていると、7~8分で運ばれてくる。

20160823 板前バル 01.jpg

煮魚定食(1,000円)
カラスガレイ煮、こんにゃくの小鉢、サラダ、漬物、ご飯、汁椀が並ぶ。

20160823 板前バル 02.jpg

カラスガレイ煮は5cm角のものが4枚。
唐辛子のかかった長ねぎが添えられる。

20160823 板前バル 03.jpg

いただいてみると脂を感じるがさっぱりとした印象。
あまりクセは感じない。
煮汁は私好みの薄味でなかなかいい。
さっぱりとしたカラスガレイにもよく合っていて、添えられた長ねぎもさっぱりとしていてなかなか。

20160823 板前バル 04.jpg

煮魚を半分ほどいただいたところで、ご飯、汁椀、サラダ、小鉢がなくなってしまったので全種類おかわりする。

20160823 板前バル 05.jpg

おかわりご飯は普通盛りにしてもらった。
カラスガレイは骨もなく非常に食べやすい。
最後にサラダをもう1度おかわりして完食。
この日も結構お腹いっぱいになって満足。

【メモ】
訪問日:2016/08/23(火)
店名:板前バル 大崎店
住所:東京都品川区北品川5-6-1 大崎ブライトタワー 1F
電話:03-6450-3837
営業時間:11:00~14:30 17:00~23:00(日祝16:00~21:30)
定休日:日曜


人気ブログランキングへ

「THE COWBOY HOUSE」でCOWBOY STEAK [飲食]

妹と2人で軽井沢方面ドライブ。

20160821 the cowboy house 01.jpg

その途中に、R146沿いにある「THE COWBOY HOUSE」へ向かう。
ここは2年前にツーリングで立ち寄った店。
ステーキソースがおいしかった印象がある。

20160821 the cowboy house 03.jpg

時刻は10:00を過ぎたところ。

20160821 the cowboy house 04.jpg

11:00のオープンまでまだ時間があるので、まだCLOSE状態。

20160821 the cowboy house 05.jpg

ここで待っていてもつまらないので、隣接する星野エリアを散策して待つ。
http://www.hoshino-area.jp/

20160821 the cowboy house 06.jpg

10:45頃戻ってきたら、入口が空いていて順番待ちになっていた。
我々も名前を記入して待つ。
そして11:00オープンとなり、順番に席に案内される。
この段階で店内満席。
かなりの人気店である。

20160821 the cowboy house 07.jpg

店内にある案内。
COWBOY STEAK(リブロース)は米国産、TEXAS STEAK(フィレ)は国内産、米は長野県産コシヒカリ五郎兵衛米を使用とある。

20160821 the cowboy house 08.jpg

こちらは本日のサイドメニューなど。

20160821 the cowboy house 09.jpg

さてサイドメニューに興味は無いので、ステーキメニューを見る。
2年前と比較してCOWBOY STEAKは100円~500円値上がりしている。
一方、TEXAS STEAKは価格据え置き。
前回200gをいただきまったく足りなかったので、この日はこの店の最重量COWBOY STEAKの500gをライス大盛オーダー。
焼き加減はオススメのミデアムレアにした。

20160821 the cowboy house 10.jpg

すぐにタレとステーキ用のタバスコが運ばれてくる。
タレは手前がオススメの味噌味で奥が醤油味。
どちらもガーリックが効いている。
さて12~13分ほど待ち運ばれてくる。

20160821 the cowboy house 11.jpg

COWBOY STEAK 500g ライス大盛(5,500円+100円)
鉄板いっぱいに広がる大きなステーキ。
格子状の焼き目がうまそうである。
熱々の鉄板にはポテト、コーン、もやし、クレソンが添えられる。

20141106 the cowboy house 13.jpg

ちなみにこちらが前回いただいたCOWBOY STEAK 200g。
サイズが違うし厚さが全く違う。

20160821 the cowboy house 12.jpg

今回の派厚みも2~3cmと十分。

20160821 the cowboy house 13.jpg

まずは醤油味のタレをかける。
ジュワッとおいしそうな音と、焦げて香ばしい香りが食欲をそそる。

20160821 the cowboy house 14.jpg

かなり大き目にカットしていただく。
うん、ややかためで、焦げ目が少し香ばしいが、それがかえって肉肉しい感じ。
そして焼き加減はしっかりミデアムレア。
ジューシーでなかなかいい。
肉喰ってるぞー! といった印象。
途中で味噌味もトライするがちらもおいしい。
ただし2年前に来た時の方が肉もタレも、もっとおいしかった印象がある。
ステーキは500gあるので、食べても食べてもまだ残りがあるので、食いしん坊にはたまらない。

20160821 the cowboy house 15.jpg

スタッフがライスをタレと絡めるとおいしいと言っていたのでやってみる。

20160821 the cowboy house 16.jpg

ところがこれは私にはしょっぱく感じた。
やはり普通にいただくのがいい。
ちなみにライスは大盛にしたがかなり少なめ。
ステーキが多いので、ライスを大盛でおかわりしたいところだががまんする。
さてステーキとライスをガツガツいただき、15分ほどで完食してごちそうさま。
量的にはちょうどいい感じであった。

20160821 the cowboy house 17.jpg

ちなみにこちらが妹のオーダーしたTEXAS STEAK 180g(3,900円)。
こちらも少しいただくが、やはり国産牛のフィレらしく柔らかい食感で旨みも十分。
ただしこの店はCOWBOY STEAKをガツガいただくのがあっているように思えた。
さてお会計は9,500円。
かなり贅沢をしてしまったが、ステーキをお腹いっぱいいただけて大満足。
たまにはこんなのもいいかな。

【店メモ】
訪問日:2016/08/11(日)
店名:THE COWBOY HOUSE
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2144
電話:0267-46-3984
営業時間:11:00~14:00(LO) 
       17:00~21:00(LO)GW~9/30まで
       17:00~20:30(LO)10/1~GW前まで
定休日:火曜日


人気ブログランキングへ

「Ryu ASTE'R」で鶏肉のゆずこしょう焼 [飲食]

この日のランチは「Ryu ASTE'R」へ。

20150907 ryu aste'r 01.jpg

店舗には11:40頃到着。

20160819 ryu aste'r 01.jpg

この日のBは鶏肉のゆずこしょう焼。
さっぱりしていてよさそうだったので、これをライス大盛でオーダー。
店内空いていたためか、3分ほどで運ばれてきた。

20160819 ryu aste'r 02.jpg

鶏肉のゆずこしょう焼(790円+100円)
プレートには鶏肉のゆずこしょう焼が3切れ、キャベツの千切り、スパゲッティ、漬物がのる。

20160819 ryu aste'r 03.jpg

鶏肉のゆずこしょう焼は想像していた物よりかなり大きくそして厚い。
おそらく250gほどはあるだろう。
これだけの厚みの鶏肉を焼いたためだろうか、皮の部分が焦げている・・・

20160819 ryu aste'r 04.jpg

厚さ3~4cmはある鶏肉のゆずこしょう焼をいただく。
ん!? 焦げている部分は香ばしくてパリッとしていておいしい。
そして中の方は柔らかい鶏肉でこちらもおいしい。
ここで分かったのは、この料理は焦げ目がポイントで、この焦げはわざとつけたという事。
最初は焦げていてどうかなと思ったが、これも調理の一部とは恐れ入った。
かなりのテクニックと感じた。
さて、ゆずの香りはかすかに感じさっぱりしている。
一方、こしょうについてはあまり感じず脇役のイメージ。
添えられるスパゲッティはソフトな感じ。
いつももっとかためなのだが、こちらの方が好み。
鶏肉が結構多くてご飯が足りなくなりそうになったが、調整していただきごちそうさま。
いや~、かなりおいしかった。
またいただいてみたい。

【店メモ】
訪問日:2016/08/19(金)
店名:Ryu ASTE'R
住所:東京都品川区東五反田1-25-13
電話:03-3442-5345
営業時間:11:30~14:00 17:00~24:00
定休日:日曜祝日


人気ブログランキングへ

「金雨」でキクラゲと玉子定食 [飲食]

この日のランチは「金雨」へ。

20160412 金雨 01.jpg

店舗到着は11:40頃。

20160726 金雨 01.jpg

先日変わったメニューからキクラゲと玉子定食をご飯大盛でオーダー。
テレビを見ながら待っていると、10分ほどで運ばれてきた。

20160818 金雨 01.jpg

キクラゲと玉子定食(800円)
キクラゲと玉子、春巻、ご飯、スープ、豆腐、杏仁豆腐が並ぶ。
出来たてでモウモウと湯気があがっている。

20160818 金雨 02.jpg

キクラゲ、玉子、豚肉、きゃべつ、にんじん、ねぎ、青梗菜などが炒められている。
キクラゲと玉子という割には、キクラゲがかなり少なめ。

20160818 金雨 03.jpg

いただいてみると、程よい塩加減でおいしい。
キクラゲは少なめだが玉子や豚肉はたっぷり入っているので、おかず力は十分。
野菜類もちょうどいい炒め具合でいい。
ご飯好きの私としてはかなりご飯がススム。

20160818 金雨 04.jpg

1/3ほどいただいたところで、ご飯がなくなりおかわりする。

20160818 金雨 05.jpg

おかわりは普通盛りでオーダーしたが、最初の大盛とあまり変わらない気がする。
後半は春巻きや豆腐などもいただく。
その後もペースが落ちず、ご飯が足りなくなってしまいそうになるが調整しながらいただく。
ご飯が少ないとやや味が濃い感じがするが問題の無い範囲。
結構お腹がいっぱいになった。

【メモ】
訪問日:2016/08/18(木)
店名:金雨
住所:東京都品川区東五反田1-19-4
電話:03-3441-3233
営業時間:10:00~15:00 17:00~29:00
定休日:無


人気ブログランキングへ

「ゆで太郎」でカレー丼 [飲食]

この日はランチを取る時間がなさそうなので、出勤途中に食事を済ませていくことにした。

20151015 ゆで太郎 01.jpg

向かったのは五反田にある「ゆで太郎」。
この日は朝食メニューからカレー丼を選択。
合わせて大盛の食券を購入。
店内に入り冷たいそばでオーダーして待つ。
オーダーしてから茹でるのだろうか、5分ほど待ち番号を呼ばれる。

20160817 ゆで太郎 01.jpg

カレー丼そば大盛(360円+100円)

20160817 ゆで太郎 02.jpg

そばは大盛にしたが私にとってはかなり少な目。
ここではぶっかけか温かいそばしかいただいたことがなかったので、ざるは初めて。

20160817 ゆで太郎 03.jpg

細麺ででやや白めなそば。

20160817 ゆで太郎 04.jpg

いただいてみると、かためでコシがあり好みの茹で加減。
そばの香りも少しする。

20160817 ゆで太郎 05.jpg

途中からつゆをつけていただく。
ざるは初めてだがなかなかおいしい。

20160817 ゆで太郎 06.jpg

続いて無料の揚げ玉を入れていただく。
味がまろやかになるが、さっぱりとそばとつゆだけでいただくのがいいかも。

20160817 ゆで太郎 07.jpg

カレー丼には肉、ニンジン、玉ねぎなどが見える。
トッピングコーナーにある福神漬けを入れる。
この福神漬け、毒々しい赤色でないのがいい。

20160817 ゆで太郎 08.jpg

カレーは辛さをあまり感じない万人受けするタイプ。
それなりにおいしくいただけるのだが、量が少ないと思う。
そばもカレーもそれぞれ2倍ほどの量があるといいと思った。

【店メモ】
訪問日:2016/08/17(水)
店名:ゆで太郎 東五反田店
住所:東京都品川区東五反田1-11-8
電話:03-3473-4722
営業時間:7:00~21:00 祭日は15:00まで
定休日:日曜日


人気ブログランキングへ